FC2ブログ
08 | 2018/09 | 10
-
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

irinosha

Author:irinosha
下北沢にある詩歌・文芸出版社
いりの舎のブログへようこそ。
下北沢駅南口から徒歩3分ぐらいの場所にあります。
電話:03-6413-8426
FAX:03-6413-8526
ホームページ:http://irinosha.com/
E-mail:chumon☆irinosha.com
にて注文を受け付けております。
実際にメールを送る際には、☆を@に変更してお送りください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

平山公一第二歌集『鋼』が出来上がりました!

2018.09.19 18:30|刊行情報
本日2冊目の新刊歌集の紹介です。
平山公一さんの第二歌集『鋼(こう)』が出来上がりました! 
平山公一歌集『鋼』

「潮音」選者・編集委員などを務める著者の約10年間の作品471首を収載した
第二歌集。


タイトルはすごく迷ったが、長く製鉄会社に勤務したこともあって「鋼(かう)」とした。私の歌は身辺詠が多く
<はがね>という勁い読みのニュアンスには抵抗があった。(あとがきより)


●歌集より5首
熔鉱炉百八メートルの頂に製鉄所三百万坪を瞰る
東京・千葉・横浜か社宅決まらねば長女の受験の願書が出せぬ
つひに電話通じぬままに一日過ぐ妻と黙しゐる一月十七日
有明海を雲仙を見むと裏山の木苺の道黙々と行く
五十二歳の退職届自らの意志のごとくに書かされてゐる

四六判上製カバー装・212頁
装幀:南 一夫
定価:2,500円+税
送料:164円

佐竹澄子第二歌集『燭の火』が出来上がりました!

2018.09.19 18:23|刊行情報
少しずつ秋の空気になってきましたが、いかがおすごしでしょうか。
佐竹澄子さんの第二歌集『燭の火』が出来上がりました! 

佐竹澄子歌集『燭の日』

信仰に結ばれた伴侶と共に老い、そして失った、その日々を詠んだ作品等を収め、
著者の卒寿を記念した第二歌集。


朝のひかり窓より射して食卓に夫と聖書よむ代はるがはるに
若きときより信仰に結ばれた伴侶と共に老い、そして失う。その日々が『燭の火』に一首一首灯されるように綴られている。
――花山多佳子(帯より)


●歌集より5首
記憶なき父のごとくに思はるる古き扇風機今日は動かず
喫茶店にふたつ紅茶の色澄みて君若く語りき唯心論を
拙かる歩みを共に五十年淡かりし恋の延長にして
職退きてメルクリンに遊びゐし夫よ銀河鉄道に乗りて行きしか
朽ちし兵舎二十五棟に子ら飢ゑつつ引揚者母子二百五十世帯住む

四六判上製カバー装・220頁
解説:花山多佳子
装幀:花山周子
定価:2,500円+税
送料:164円

月刊「うた新聞」2018年9月号が出来上がりました!

2018.09.03 16:26|月刊「うた新聞」
<特集>この一首で起こったこと/歌集を出して起こったこと

巻頭作品は
藤岡武雄さん「魚とゆらめく」、浜名理香さん「雨水溝清掃一ヶ月」
巻頭評論は
久我田鶴子さん「香川進からの遺産―口語自由律から出発して」

2面
一ノ関忠人さんによる連載最終回!<短歌想望>戦中派の子どもたち
藤島秀憲さんによる連載!<物語るうた>30「本を読む(詠む)人」
<遠近画法>森 義真さん「盛岡は昔から「文学市」」
<友の歌>は廣野翔一さん

3面
<今月のうたびと>川口慈子さん「管弦楽」
<ライムライト>田口綾子さん「諦めたくないこと」
<私の暮らすまち>紺野万里さん「あおっさ」
<忘れないために>檜垣美保子さん「水のちから」
<作品時評>斉藤 梢さん「言葉の鮮度」

4面
小黒世茂さんによる新連載!<西行のこころ>4「修験する心」
大井 学さんによる連載!<さかなうたい>6「甘いかしょっぱいか?」
<玉城徹の歌>第9回 吉野裕之さん「「空」を抱えながら」

5面
長月作品集
曾根耕一さん「額紫陽花」、香山静子さん「遣る方なし」
近藤千恵さん「青き風」、井谷まさみちさん「わが夏」
松井多絵子さん「残暑見舞」、鈴木得能さん「学童疎開」
田村広志さん「映画・ゲッベルスと私」、中山洋子さん「青き帽子」
加藤 要さん「密度の高き影」、米田靖子さん「耳」
糸川雅子さん「日傘」、永島民男さん「四十一度」
山中律雄さん「ランチ」、花笠海月さん「整体」
藤森あゆ美さん「フリーウエイ」、永田 淳さん「アカヤマドリ」
後藤由紀恵さん「素裸」、鯨井可菜子さん「平和園の短歌ノート」
吉田隼人さん「青の時代」

6面
<特集>この一首で起こったこと
●エッセイ 秋山佐和子さん「緑の彗星」
●ミニエッセイ
横山三樹さん「日本の漢字」、影山美智子さん「カウンセリングマインド」
鹿井いつ子さん「人生の岐路」、風間博夫さん「卒哭忌」
岩尾淳子さん「放課後の少女」、虫武一俊さん「期待を捨てる」

7面
<特集>歌集を出して起こったこと
●エッセイ 松村正直さん「新たな自分との出会い」
●ミニエッセイ
横井ラクヨさん「生の転機」、杉本信道さん「お叱りのお蔭で」
小谷博泰さん「展開と飛躍」、五百川紘子さん「桜色の糸」
東野登美子さん「新たなスタート」、宇田川寛之さん「批評会前後」

8面
君山宇多子歌集『方位を指す』を読む
永井正子さんによる「付託に応える」
大辻隆弘さんによる「技術的成熟ということ」
作品10首 君山宇多子さん「少女」

<書評>
水沢遙子歌集『光の莢』井辻朱美さん
歌林の会編著『馬場あき子新百歌』栗木京子さん
丹波真人歌集『朝涼』久保田 登さん
大森静佳歌集『カミーユ』伊舎堂 仁さん
ほか歌誌特集号を掲載。

9面
増田淑子歌集『分水嶺』を読む
竹村紀年子さんによる「愛あまねく」
高貝次郎さんによる「法師蟬鳴く」
作品10首 増田淑子さん「桔梗」

<書評>
木畑紀子著『戦後の歌集を読む』梶原さい子さん
栗原 寛歌集『Terrarium』本多真弓さん
吉田久枝歌集『迷ひ人』小林幸子さん
ほか集会案内、歌集紹介を掲載。

10面
ニュース欄
・8・15を語る歌人のつどい―浜矩子氏らが講演
・「心の花」創刊百二十年記念大会
・現代歌人集会春季大会in奈良
・実朝祭短歌大会
・横浜歌人会研究会
・全日本短歌大会
・角川短歌賞
・現代短歌評論賞
・詩歌句評論大賞―本阿弥秀雄氏が受賞

11面
追悼・益永典子さん
安田純生さんによる「なりても若し」
・うたとの出会い77 脇中範生さん
・読者自選一首
・日本歌人クラブ『現代万葉集』×いりの舎コラボ企画 第6回

12面
・各地リポート
・読者の森
・編集部より

佐保田芳訓著『佐藤佐太郎の作歌手帳』が出来上がりました!

2018.08.27 14:34|刊行情報
猛烈な暑さが続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか。
本日は新刊のご案内です。

佐保田芳訓著『佐藤佐太郎の作歌手帳』が出来上がりました!

佐保田芳訓著 佐藤佐太郎の作歌手帳

歩道叢書
<いりの舎文庫8>


佐藤佐太郎歌集『冬木』のもととなった海外旅行時の作歌手帳を
著者が譲り受け、「歩道」誌に発表。
佐太郎の直筆と作歌の秘密をあきらかにした好著。


斎藤茂吉をして天才と言わしめた佐藤佐太郎の作歌手帳を若き日に譲り受けた著者が
佐太郎没後三十年に「歩道」誌に発表したものである。(帯より)


●目次
Ⅰ痕跡 Ⅱフィレンツェの歌 Ⅲローマ途上の歌 Ⅳローマ処々の歌 Ⅴナポリ途上の歌
Ⅵナポリの歌 Ⅶ手帳Ⅲのこと Ⅷ佐太郎の視点 Ⅸ作歌の手帳 Ⅹ原文
あとがき

文庫判並製カバー装・232頁
定価:1,200円+税
送料:164円

月刊「うた新聞」2018年8月号が出来上がりました!

2018.08.06 17:46|月刊「うた新聞」
暑すぎる毎日ですが、いかがお過ごしでしょうか。
台風も近づいておりますので、くれぐれもご自愛ください。

そんななか、「うた新聞」8月号が出来上がりました!

特集は、昭和ひとけたの作家・いま伝えたいことを詠うです。

巻頭作品は
神谷佳子さん「森青蛙」、奥村晃作さん「二題」
巻頭評論は
佐伯裕子さん「女手(おんなで)が作る文化―五島美代子の歌」

2面
一ノ関忠人さんによる連載!<短歌想望>戦中派の子どもたち
藤島秀憲さんによる連載!<物語るうた>29「作者の居場所」
<遠近画法>広瀬大志さん「麗しの境界」
<友の歌>は山下真知子さん

3面
<今月のうたびと>荻原 伸さん「熾火」
<ライムライト>竹中優子さん「福岡で、短歌を続けたい」
<私の暮らすまち>時田則雄さん「なまら旨い」
<忘れないために>久保知子さん「忘れない」
<作品時評>斉藤 梢さん「海に問う風に問う」

4面
小黒世茂さんによる新連載!<西行のこころ>3「月はわが心」
大井 学さんによる連載!<さかなうたい>5「花より?」
<玉城徹の歌>第8回 棚木恒寿さん「背後に貼り付く何か」

5面
葉月作品集
黒羽千尋さん「小雀一羽」、小山 敦さん「つゆの日」
大友道夫さん「霍公鳥」、冨尾捷二さん「ボトルキープ」
石井照子さん「影を曳く」、小堀髙秀さん「夾竹桃」
藤田貴佐代さん「平和のプロセス」、水沢遙子さん「翌日の街」
前川佐重郎さん「彼の想ひ出」、本田信道さん「ことば」
江副壬曳子さん「恋忘れ草」、冨岡悦子さん「渾身の力」
牛山ゆう子さん「歳月久し」、安部真理子さん「赤石」
近藤かすみさん「フィトンチッド」、永守恭子さん「凌霄花」
松尾祥子さん「水芙蓉咲く」、武富純一さん「地球としては」
薮内亮輔さん「花れる」

6面 7面
<特集>昭和ひとけたの作家・いま伝えたいことを詠う
松川洋子さん「国賊」、藤田和平さん「努力と感謝」
橋本喜典さん「出陣と動員と」、阿部京子さん「祖国敗れて」
温井松代さん「十六歳の春」、浦岡 薫さん「我が生涯」
吉村睦人さん「伝へ得ぬまま」、遠役らく子さん「米寿」
堀江厚一さん「少国民ボクラ」、田野 陽さん「思ひつくままに」
永平 綠さん「花は咲いて散るだけ」、奈良達雄さん「共闘の声」
宮 禮子さん「大事三様」、日野きくさん「東の空」
横山岩男さん「主流」、金子正男さん「気合を入れる」
四元 仰さん「偶感」、穴澤芳江さん「一瞬爆ず」
綾部光芳さん「侵略」、實藤恒子さん「不戦」

8面
國分道夫歌集『武骨なる手』を読む
藤原龍一郎さんによる「リアルを詠う人」
前田えみ子さんによる「言葉を恃んで」
作品10首 國分道夫さん「吉展ちやん事件」

<書評>
岡井 隆歌集『鉄の蜜蜂』大松達知さん
沢口芙美編『岡野弘彦百首』島田幸典さん
鷲尾三枝子歌集『褐色のライチ』木畑紀子さん
玉城寛子歌集『島からの祈り』内野光子さん

9面
今西節子歌集『鮫小紋』を読む
桜井京子さんによる「炎天をゆく蟻」
飛髙 敬さんによる「写生の向こうに」
作品10首 今西節子さん「龍の口」

<書評>
永田和宏歌集『午後の庭』鷲尾三枝子さん
倉沢寿子歌集『花がたみ』磯田ひさ子さん
髙橋みずほ歌集『白い田』東郷雄二さん
山川 藍歌集『いらっしゃい』石川美南さん
ほか<結社賞>、訃報を掲載。

10面
ニュース欄
・第62回現代歌人協会賞―佐藤モニカ氏が受賞
・第52回迢空賞贈呈式
・前川佐美雄賞・ながらみ書房出版賞授賞式
・短歌研究新人賞
・中城ふみ子賞
・左岸の会
ほか作品募集、集会案内を掲載。

11面
追悼・毛利文平さん
本木巧さんによる「言いたいことは言わない」
追悼・小見山 輝さん
久々湊盈子さんによる「時代の証言者」
・読者自選一首
・日本歌人クラブ『現代万葉集』×いりの舎コラボ企画 第5回

12面
・うたとの出会い76 飯島由利子さん
・各地リポート
・編集部より