11 | 2016/12 | 01
-
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

irinosha

Author:irinosha
下北沢にある詩歌・文芸出版社
いりの舎のブログへようこそ。
下北沢駅南口から徒歩3分ぐらいの場所にあります。
電話:03-6413-8426
FAX:03-6413-8526
ホームページ:http://irinosha.com/
E-mail:chumon☆irinosha.com
にて注文を受け付けております。
実際にメールを送る際には、☆を@に変更してお送りください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

森合節子・第1歌集『風向計』が出来上がりました!

2016.11.28 11:30|いりの舎の本づくり
いりの舎より新刊のご案内です。
福島市在住の歌人、森合節子さんの第一歌集『風向計』 が出来上がりました!

森合節子歌集『風向計』 (436x640)

歌と観照叢書第289篇
平成15年に岡山巌賞を受賞した著者の約20年の作品の中から514首をまとめた第一歌集。

強靭なのだが、決して媚が無い。それがさわやかな知性を思わせて一種、独特の作者像が立ち上がる。詩的把握はまことに魅力的でもあるのだ。
――朝倉富士子(帯文より)


●歌集より5首
・恋初めし十九(じゅうく)あの日の朝の光(ひ)を思い出しつつ老夫(つま)の髪梳く
・巨(おお)杉の断面よりぞほろほろと崩れくるあり五百年の鬱か
・広やかな胸ぐらを見せ招きくる磐梯山へゆかな真っ直ぐ
・除染とて伐られゆく樹々如何にせん森が泣くのか嵐の夜は
・共々にたずさえゆかな潔く風向計は吹かれていたり

跋文:朝倉富士子
四六判上製カバー装・232頁
装画:森合 崇
定価:2,500円+税
送料:164円

月刊「うた新聞」2016年11月号が出来上がりました!

2016.11.11 11:36|月刊「うた新聞」
今年もあと一ヶ月ちょっと。寒くなってまいりましたね。
月刊「うた新聞」11月号の特集は<いたずきのうた>です。

巻頭作品は
恒成美代子さん「真葛原」、三枝浩樹さん「栖雲寺(せいうんじ)」
巻頭評論は菊池東太郎さん「渡辺順三の短歌―新日本歌人協会創立七十周年」
です。

2面
藤島秀憲さんによる連載!<物語るうた>8「父と別れる」
<友の歌>は、大友道夫さんです。
作品時評は、五十嵐順子さん「『さびしさ』と秋」
<遠近画法>は、東松寛文さん「世界遺産には興味がない。」

3面
吉川宏志さんによる新連載!<いま>を読む 第7回
―死が生を充実させるのではない
<今月のうたびと>は石川美南さん「月と顔」
<ライムライト>は萩原慎一郎さん「上の世代と下の世代」
<私の暮らすまち>は五百川紘子さん「いいんでないかい」
<忘れないために>は佐伯裕子さんによる「極東国際軍事裁判」

4面
<親子でシンクロ>第8回は春日いづみさんによる「変容を願って」
久々湊盈子さんによる新連載!<旅と酒と歌>⑧黒龍
島田幸典さんによる連載!
<文語定型―むかし・いま>32 「重く沈む「も」の」
を掲載。

5面
霜月作品集
湯沢千代さん「祝宴」、高貝次郎さん「榴岡(つつじがおか)公園を訪ねて」
高橋協子さん「秋冷」、井谷みさをさん「老舗の看板」
祝部弘子さん「恐怖の記憶」、三浦 武さん「眼底出血」
鮫島 満さん「蝉ごゑ」、玉城寛子さん「高江の天地」
小林芳枝さん「黄蝶過ぎゆく」、伊藤和好さん「偶感」
松本達雄さん「満洲里」、君山宇多子さん「流体の都会」
今井千草さん「湯豆腐」、千田節生さん「熱中飴」
竹村公作さん「神無月」青沼ひろ子さん「感じたい秋」
川田 茂さん「眼光」、中山洋祐さん「松ノ木」
立花 開さん「甘き骨」
です。

6面・7面
<特集>いたずきのうた
●随筆
中川佐和子さん「多様な病む歌」、永田 紅さん「病気と食べ物」

●作品3首+ミニエッセイ
小谷 稔さん「声を惜しむ」、神山信子さん「生きる」
波汐朝子さん「磐梯の秋」、田野 陽さん「疾禍」
俵谷晴子さん「赤い錠剤」、飛髙 敬さん「吐息」
冨尾捷二さん「嘆きつつ」、丸山郁夫さん「三日」
徳山高明さん「まだまだ死ねぬ」、金子貞雄さん「伴侶」
佐田 毅さん「気管切開をして」、藤田貴佐代さん「癌を超えて」
相沢光恵さん「おんなじ方へ」、御供平佶さん「無呼吸症候群」
上田実千江さん「また振り出しへ」、浅見美和子さん「あの時の」
森川多佳子さん「生きるほうへ」、一ノ関忠人さん「秋のひかりに」
川本千栄さん「造影剤」、伊津野重美さん「光遍く」

8面
本田幸世歌集『地の星』を読む
紫 あかねさんによる「枕(ま)く国の歌人として」
前田えみ子さんによる「根っこのような」
<著者近詠 作品10首>本田幸世さん「むくげ」

<書評>
田村 元さんによる馬場あき子著『寂しさが歌の源だから』
本木 巧さんによる永島道夫歌集『石うづくまる』
長澤ちづさんによる恒成美代子歌集『秋光記』
林 和清さんによる櫟原 聡歌集『華厳集』
<結社賞>を掲載。

9面
<書評>
桑原正紀さんによる久我田鶴子歌集『菜種梅雨』
恩田英明さんによる安藤直彦歌集『佐夜の鄙歌』
光森裕樹さんによる大井 学歌集『サンクチュアリ』
大山敏夫さんによる小谷 稔歌集『黙坐』
沢口芙美さんによる大崎安代歌集『象を飼う家』
ほか<歌集紹介>を掲載。

10面
ニュース欄
・第45回全国短歌大会―現代歌人協会主催
・第30回方代忌
・千代國一生誕百年の会
・東北短歌大会
・「鮒」三十周年記念祝賀会
・多摩歌話会秋季短歌大会
・万葉九条の会―坂井修一氏らが講演
・憲法を考える歌人のつどい―渡辺幸一氏が講演
・岩手県芸術選奨―大越美代氏が受賞
ほか<企画展>を掲載。

11面
・うたとの出会い55 大谷和子さん
・内野光子さんによる「吉川宏志氏「<いま>を読む」に再び、応える」
・読者自選一首
・漢検×いりの舎コラボ企画 第8回
を掲載。

12面
・各地リポート
<ニュース2>
・文化功労賞に岡井隆氏
・現代短歌大賞 大島史洋氏に決定
・若山牧水賞 吉川宏志氏に決定
・現代歌人集会賞決定
・編集部より

おかげさまで今月も充実した内容となりました。
ご執筆いただいた皆様、読者の皆様に心より御礼を申し上げます。

桜井美保子・第3歌集『駅』が出来上がりました!

2016.11.01 18:58|刊行情報
今日から11月になりましたね。少しずつ冬の足音が聞こえてきそうです。

「冬雷」編集委員を務める桜井美保子さんの
平成17年から27年春までの作品をまとめた第三歌集『駅』が出来上がりました!


桜井美保子歌集『駅』 (439x640)
冬雷叢書第96篇
試行錯誤しつつ、感情に溺れない温かみのある写実力を養い、普通に見えて決して普通ではない独自の抒情性豊かな生活詠を切り開いた。――大山敏夫(帯文より)

●歌集より5首
・パソコンに向ひ言葉を搾り出すは運動してゐるやうな感覚
・改札口よりどつと出で来る人の波おほよそ終る頃に横切る
・古き葉の枯れて新芽の揃ひたるレモンバームに久々の雨
・傘差して川のほとりを行く吾に此処にゐるよとウツボグサの花
・ぐうちよきぱあ両足のゆび動かすを真似したくなるリハビリ見学

帯文:大山敏夫
四六判上製カバー装・272頁
装幀:大塚充朗
定価:2,500円+税
送料:164円

小谷博泰・第9歌集『うたがたり』が出来上がりました!

2016.10.28 18:57|刊行情報
みなさま、いかがお過ごしでしょうか。もうすっかり秋ですね。
今日は新刊のご案内です。

「白珠」選者を務め、「鱧と水仙」同人でもある
小谷博泰さんの一年ぶりの第九歌集が出来上がりました!


小谷博泰歌集『うたがたり』 (222x320)

私の目の前には、少数の方々を除き、ほとんど人が手を入れていない広大な沃野、作者からは自立した作品を生むべき沃野が残されているのである。まずは、自分でここを耕してみよう。――あとがきより

●歌集より5首
・鉄線の青い花咲く家があるなつかしくしてはじめての道
・きのう見た夢の扉に彫られていた男の顔のわれにはあらぬ
・いちめんに広がる海と思いしが眼鏡して見ればただのすりガラス
・縄とびの波のしだいに速くなりころがって出たわれは白髪
・震災のあとの神戸に咲いたケシここにもさらに美しく咲く

四六判上製カバー装・200頁
装幀:南 一夫
定価:2,000円+税
送料:164円

月刊「うた新聞」2016年10月号が出来上がりました!

2016.10.08 15:26|月刊「うた新聞」
三連休の初日ですが、いかがお過ごしでしょうか。
月刊「うた新聞」10月号が出来上がりました。
定期購読の皆さまのお手元に届いたころかと存じます。

10月号の特集は
<特集>天高く馬肥ゆる秋の競詠
   ~私にとっての<秋>という季節~

です。8名の歌人の方々にご執筆いただきました。

巻頭作品は
狩野一男さん「無杖の夢」、川野里子さん「栗とポケモン」
巻頭評論は中根誠さん「論争の歴史―「まひる野」と戦後、その七十年」
です。

2面
藤島秀憲さんによる新連載!<物語るうた>7「旅する心」
<友の歌>は、中村美代子さんです。
作品時評は、五十嵐順子さん「作歌の大機会小機会」
<遠近画法>は、西山隆行さん「夢中に成る」

3面
吉川宏志さんによる新連載!<いま>を読む 第6回
―内野光子氏に答える
<今月のうたびと>は屋良健一郎さん「二〇一一年三月、東京」
<ライムライト>は佐藤華保理さん「新人二周目」
<私の暮らすまち>は田中 要さん「佐渡の『ハマモン』」
<忘れないために>は紺野万里さんによる「ナトリウムの雪」

4面
新コーナー!<親子でシンクロ>第7回は佐佐木定綱さんによる「染みこんでいる」
久々湊盈子さんによる新連載!<旅と酒と歌>⑦谷川岳
島田幸典さんによる連載!
<文語定型―むかし・いま>31 「塔のように積みかさねる―「の」(2)」
を掲載。

5面
神無月作品集
水本 光さん「泥鱒」、檜葉奈穂さん「母のうつしゑ」
平井軍治さん「永六輔の八行詞」、井谷まさみちさん「不安な晩夏」
小林邦子さん「いのちの音」、矢澤靖江さん「夏服の女たち」
安藤チヨさん「盆の終りに」、秋葉静枝さん「日の彩を」
小川恵子さん「残りの時間のラブ(1)」、内藤三郎さん「マグナカルタ」
人見邦子さん「落日」、石原光久さん「海際に住む」
岡崎洋次郎さん「Rio 2016」、真鍋正男さん「朝比奈峠」
市野ヒロ子さん「自転車」、長岡千尋さん「虹の剝落」
小見山 泉さん「祇園白川」、畑 彩子さん「十七歳」
染野太朗さん「くだつた」
です。

6面・7面
<特集>天高く馬肥ゆる秋の競詠
   ~私にとっての<秋>という季節~

●作品7首+エッセイ
来嶋靖生さん「ポプラの葉擦れ」、菊澤研一さん「新涼」
三井ゆきさん「日輪」、玉井清弘さん「日輪」
秋山佐和子さん「紫苑」、喜多弘樹さん「饗宴」
前田康子さん「ひめむかしよもぎ」、山崎聡子さん「淋しくなる口」

8面
安東久子歌集『霧ふかき国』を読む
岩田晋次さんによる「描き出す世界に遊ぶ」
落合けい子さんによる「自然体の滋味」
<著者近詠 作品10首>安東久子さん「盆すぎて」

<書評>
古谷智子さんによる三井修歌集『汽水域』
中地俊夫さんによる北村薫著『うた合わせ』
久保田 登さんによる吉村睦人歌集『鉄鉛集』
大崎瀬都さんによる沖ななも歌集『日和』
を掲載。

9面
<書評>
横山季由さんによる藤川弘子歌集『夏の窓』
佐波洋子さんによる鶴岡美代子歌集『斜度』
谷岡亜紀さんによる時田則雄著『陽を翔るトラクター』
さいかち真さんによる武藤雅治歌集『あなまりあ』
小黒世茂さんによる難波一義著『ホレーシォの孤独 小野茂樹論』
桜井健司さんによる山中律雄歌集『仮象』
ほか<歌集紹介>を掲載。

10面
ニュース欄
・第37回全日本短歌大会―日本歌人クラブ主催
・短歌研究三賞授賞式
・大滝貞一氏を偲ぶ会
・さよなら原発9・22集会―歌人も参加
ほか<集会案内>、<作品募集>、訃報を掲載。

11面
・うたとの出会い54 豊田房太郎さん
・外塚 喬さんによる―追悼・大滝貞一さん―「記憶に残る思い出ふたつ」
・読者自選一首
漢検×いりの舎コラボ企画 第7回
を掲載。

12面
・各地リポート
・読者の森
・編集部より

今月もご執筆いただいたみなさま、ご購読いただいている皆さまのおかげで
充実した紙面となりました。
心より御礼を申し上げます。
涼しくなってまいりましたので、くれぐれもご自愛くださいませ。