fc2ブログ
03 | 2024/04 | 05
-
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール

irinosha

Author:irinosha
下北沢にある詩歌・文芸出版社
いりの舎のブログへようこそ。
下北沢駅南西口から徒歩3分ぐらいの場所にあります。
電話:03-6413-8426
FAX:03-6413-8526
ホームページ:http://irinosha.com/
E-mail:chumon☆irinosha.com
にて注文を受け付けております。
実際にメールを送る際には、☆を@に変更してお送りください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

黑田英雄第一歌集『安輝素日記』が出来上がりました!

2024.04.18 15:09|刊行情報
みなさん、こんにちは。
今日は新刊のお知らせです。

「塔」「短歌人」に所属する黑田英雄さんの
第一歌集『安輝素(あんぎらす)日記』

ができあがりました!

9784910885216.jpg

安輝素(アンギラス)!
虚構の中で息づく魂、
隠れるようにして棲む新宿で
放たれるストレート短歌のドグマ炸裂!
五章、591首の歌魂(「帯」より)

 
歌集より5首
四十七われは短歌を作り初(そ)め寺山修司は逝きにけるかも
手術終へ真夜の辛苦に何故か顕つ大村崑のとんま天狗よ
何処へと出かけてゆかうが戻り来る新宿いつも終点の街
歌舞伎町この病院で鴉舞ふ酢色の朝に逝くもよきかも
斑雪(はだれゆき)ぼんやり裸眼で見てゐたら不意に涙のあふれて止まず

四六判並製カバー装210頁
解説:藤原龍一郎
装幀:君嶋真理子
定価:2,750円(10%税込)

テーマ:短歌
ジャンル:小説・文学

tag:短歌歌集いりの舎

月刊「うた新聞」2024年4月号(145号)ができあがりました!

2024.04.15 14:55|月刊「うた新聞」
みなさん、こんにちは。
今日の東京は夏日になりそうですね。
気温差がはげしいので、くれぐれもご自愛ください。

4月号の特集は
<特集>春の競詠~私にとっての<春>という季節
です。

1面
巻頭作品
三枝昻之さん「樹を植えている」、小島ゆかりさん「紐」
巻頭評論
前田 宏さん「わが父 前田透」-生誕110年・没後40年

2面
短歌想望 田中拓也さん「土地が繋ぐもの」
遠近画法 海渡雄一さん「「なゐふる」と「火の山」のくに」
〈てにをは〉を読む 大辻隆弘さん「宙吊りの時制②」
友の歌 新沼せつ子さん

3面
今月のうたびと 早月くらさん「無声」
ライムライト145 上篠 翔さん「賑やかな礼拝堂」
私の暮らすまち145 石原豊子さん「たまげたのお!」―広島城郭の一郭
作品時評 川本千栄さん「共に悼む」
忘れないために145 生田亜々子さん「命か、心か」

4面
短歌(ほぼ)100年前 第13回 松澤俊二さん「(続)選歌の場」 
短歌トラベラー!第37回<ドイツ>いずみ 司さん
玉城徹の歌 第74回―根源のもの/かなし 大井 学さん

5面
卯月作品集
温井松代さん「回顧」、綾部光芳さん「災害」
駒田善治朗さん「夢」、山田 訓さん「党と共に」
御供平佶さん「スマホにつなぐ」、三友さよ子さん「かんざし」
玉城洋子さん「母の口癖」、五十嵐順子さん「ホーム」
前川斎子さん「春の雪」、木村雅子さん「春」
狩野一男さん「其」、本木 巧さん「雛人形」
前川登代子さん「春の淡雪」、久我田鶴子さん「沈丁花」
大崎瀬都さん「いちにち」、尾﨑弘子さん「東大寺修二会」
生沼義朗さん「アイドル」、染野太朗「犬」

6面・7面
<特集>春の競詠~私にとっての<春>という季節
高橋協子さん「春を待つ」、伊勢方信さん「春きたれども」
城 俊行さん「はじめての春」、田中愛子さん「「主文・・・」」
山中律雄さん「涅槃図」、なみの亜子さん「雲を隠して」
鈴木加成太さん「神童」、道券はなさん「光なのだから」

8面
谷萩礼子歌集『雲海がつなぐ』を読む
佐田公子さん「堅実な写実と叙情」
柴田典昭さん「自らに向き合う」
著者近詠作品10首 谷萩礼子さん「海原の陽炎」

<書評>
玉井清弘歌集『山水』萩岡良博さん
伊藤一彦著『牧水・啄木・喜志子』桜川冴子さん
後藤由紀恵歌集『遠く呼ぶ声』永田 淳さん
ほか歌集紹介を掲載。

9面
青木義脩歌集『栴檀』を読む
金治暁義さん「自然と歴史をうたう」
笛木智恵美さん「衒いなく」
著者近詠作品10首 青木義脩さん「冬の大三角」

<書評>
阿木津 英著『女のかたち・歌のかたち』髙良真実さん
睦月 都歌集『Dance with the invisibles』酒田 現さん
長野 晃歌集『今なら間にあう』藤原龍一郎さん
長澤一作遺歌集『春の残照』菊澤研一さん

10面
<歌壇ニュース>
現代短歌フェスティバルin奈良
現代短歌新人賞表彰式
篠弘追悼特別企画展島田修三氏記念講演会
永田典子を偲ぶ会
詩歌文学賞
齋藤茂吉短歌文学賞
日本歌人クラブ南関東ブロック優良歌集
ほか作品募集、企画展、訃報を掲載。

11面
うたとの出会い144 大塚 健さん
原発事故被災地のいま 第25回 西村慎太郎さん -街のまん中の空き地たち
読者自選一首
新しい本2月~3月

12面
各地リポート
読者の森
集会案内
編集部より

定期購読は随時受け付けております。
どうぞよろしくお願いいたします。

テーマ:短歌
ジャンル:小説・文学

tag:短歌いりの舎

月刊「うた新聞」2024年3月号(144号)ができあがりました!

2024.03.10 13:59|月刊「うた新聞」
みなさん、こんにちは。
だんだんと春の足音が聞こえてきましたね。
くれぐれもご自愛ください。

3月号の特集は
<特集>東日本大震災から13年いまの思いを詠う
です。

1面
巻頭作品
永井正子さん「能登生れ変はれ」、黒岩剛仁さん「今日のノルマ」
巻頭評論
小松 昶さん「写実にかけた思い」-細川謙三・生誕100年

2面
短歌想望 今井恵子さん「結社の意義」
遠近画法 小原浩靖さん「ガルの啓発」
〈てにをは〉を読む 大辻隆弘さん「宙吊りの時制①」
友の歌 田土才惠さん

3面
今月のうたびと 池田 玲さん「しづけさに慣れる」
ライムライト144 桑原憂太郎さん「歌人の性分」
私の暮らすまち144 浮田伸子さん「蠟梅が咲いとうね」―兵庫県神戸市
作品時評 山口明子さん「寒き図」
忘れないために144 古谷智子さん「内なるテロリスト」

4面
短歌(ほぼ)100年前 第12回 松澤俊二さん「選歌の場」 
短歌トラベラー!第36回<コロナ後の北欧>北久保まりこさん
玉城徹の歌 第73回―実感的鑑賞三首 東 洋さん

5面
弥生作品集
小林 功さん「悲しき宿命」、長 勝昭さん「中尾君」
矢沢靖江さん「冬の花火」、脇中範生さん「庭師」
恩田英明さん「雪だ雪だ」、相馬芳子さん「萌黄」
今井千草さん「倉沢あたり」、廣庭由利子さん「花見月」
清水美千代さん「大寒」、松本紀子さん「如月」
木下のりみさん「光の気配」、喜多弘樹さん「放擲」
江田浩二さん「佐竹彌生讃」、高山邦男さん「災害」
光野律子さん「冬の温室」、竹内 亮さん「海のある町」
栗原 寛さん「それぞれの鍵」、高橋千恵さん「降る雪を」

6面・7面
<特集>東日本大震災から13年いまの思いを詠う
八重嶋 勲さん「春来る鬼」、山口明子さん「真実」
熊谷淑子さん「友の後ろ背」、大友圓吉さん「震禍十三年」
佐藤通雅さん「白サザンクワ」、斉藤 梢さん「記憶を疑ふ」
佐藤成晃さん「残がい」、佐野督郞さん「令和六年元旦曼荼羅」
佐藤淑子さん「アップデート」、梶原さい子さん「瓦」
吉田信雄さん「原発禍はまだ」、藤田美智子さん「ランドセル」
佐藤輝子さん「除染土」、伊藤正幸さん「慰霊墓誌」
小林真代さん「冬」、大谷湖水さん「ふくしまの心」
遠藤たか子さん「本青鸚哥」、本田一弘さん「すぐだまる」
中根 誠さん「濡れつ乾きつ」、片岡 明さん「あの日のまま」

8面
巽谷一夫歌集『コロナマスク』を読む
横山季由さん「「純粋短歌」の実践」
谷口純子さん「季節の輝き」
著者近詠作品10首 巽谷一夫さん「折に触れて」

<書評>
三枝昂之著『佐佐木信綱と短歌の百年』藤岡武雄さん
三枝むつみ歌集『ひかりの作法』小池 光さん
桜川冴子歌集『流』相田奈緖さん
ほか歌集紹介を掲載。

9面
野田雅子歌集『見上げて』を読む
風間博夫さん「偽りを暴く力」
藪内眞由美さん「こころの色」
著者近詠作品10首 野田雅子さん「正月」

<書評>
雁部貞夫歌集『鮎』青戸紫枝さん
柴田典昭歌集『野守の鏡』高尾文子さん
東 直子著『現代短歌版百人一首 花々は色あせるのね』堀田季何さん
ほか歌集紹介を掲載。

10面
<歌壇ニュース>
第28回若山牧水賞授賞式
第35回歌壇賞授賞式
埼玉文芸賞 下村すみよ氏が受賞
「震災を書く」展開催中
ほか集会案内、作品募集、結社賞を掲載。

11面
うたとの出会い143 桜井園子さん
原発事故被災地のいま 第24回 西村慎太郎さん -相双地域と和歌
読者自選一首
新しい本1月~2月
ほか結社賞を掲載。

12面
各地リポート
読者の森
歌誌特集号
ご購読料改定のお願い
編集部より

定期購読は随時受け付けております。
なお、本紙12面でも告知しましたように今年の4月号から新聞の価格を改定させていただきます。
年間定期購読は6,000円、1部につき500円となります。
価格の改定は2012年の創刊以来、初めてのこととなります。
読者の皆様にはご負担をおかけしますが、ご理解ご愛読のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。

テーマ:短歌
ジャンル:小説・文学

tag:短歌いりの舎

月刊「うた新聞」2024年2月号(143号)ができあがりました!

2024.02.11 17:59|月刊「うた新聞」
みなさん、こんばんは。
寒い日が続きますが、くれぐれもご自愛ください。

2月号の特集は
<特集>私のまちの冬をうたう~新作7首+エッセイ~
です。

1面
巻頭作品
今野寿美さん「「わからない」」、一ノ関忠人さん「この世」
巻頭評論
沖 ななもさん「大西民子の「死」とは」-生誕百年・没後三十年

2面
短歌想望 今井恵子さん「代詠について」
遠近画法 阿部尊美さん「ある元旦の風景」
〈てにをは〉を読む 大辻隆弘さん「自己志向的な「の」」
友の歌 吉澤とし子さん

3面
今月のうたびと 土井礼一郎さん「ぼくのりくぐん」
ライムライト143 久永草太さん「バターを買った話」
私の暮らすまち143 佐藤孝子さん「だいじ?」―栃木県那須郡那珂川町
作品時評 山口明子さん「柚子の香」
忘れないために143 佐波洋子さん「バスを止める戦車」

4面
短歌(ほぼ)100年前 第11回 松澤俊二さん「歌の「推(お)し活」?矢沢孝子『湯気のかく絵』」 
短歌トラベラー!第35回<タスマニアの空>平田利栄さん
玉城徹の歌 第72回―霧のやまばと 髙橋みずほさん

5面
如月作品集
百瀬享子さん「太き秤」、有本保文さん「試練の場」
伊藤雅水さん「きさらぎの光」、鮫島 満さん「境内にて」
晋樹隆彦さん「花水仙」、曽野誠子さん「口角上げる」
宮下俊博さん「幻花(げんか)」、鷲尾三枝子さん「川の縁」
内藤和子さん「雪虫吹雪」、新宅道和さん「テレサ・テン」
増田淑子さん「陸軍士官学校慰霊碑」、松谷公汪さん「美吉野」
堤 純子さん「タイムライン」、森 純一さん「神の手」
斎藤知子さん「文鳥の墓」、森尻理恵さん「馬橋」
島田幸典さん「ビブスの数字」、柳澤美晴さん「金剛石霧氷」
小島なおさん「戸籍の雪」

6面・7面
<特集>私のまちの冬をうたう~新作7首+エッセイ~
小島美智子さん「雪明り」、菊池孝彦さん「こほり張るころ」
尾﨑朗子さん「冬の縁側」、柴田典昭さん「牡蠣小屋」
黒瀬珂瀾さん「舗装へ降る」、小林幹也さん「今日は受験日」
米安幸子さん「格子窓より」、阿木津 英さん「正月」

8面
下村すみよ歌集『空色の箋』を読む
金子貞雄さん「揺るぎない心柱」
服部えい子さん「いのちのバトン」
著者近詠作品10首 下村すみよさん「十年日記」

<書評>
秋山佐和子歌集『西方の樹』山下 翔さん
川野里子歌集『ウォーターリリー』土岐友浩さん
萩岡良博歌集『漆伝説』小松 昶さん
ほか歌集紹介を掲載。

9面
長田邦雄歌集『季つなぐ雨』を読む
本木 巧さん「日常の内なる声」
大西久美子さん「実直な魂が紡ぐ歌」
著者近詠作品10首 長田邦雄さん「良年希求」

<書評>
藤岡武雄歌集『天空の夢』平山公一さん
渡辺幸一歌集『プロパガンダ史』松本典子さん
中井スピカ歌集『ネクタリン』ユキノ 進さん
濱田美枝子著『女人短歌』後藤由紀恵さん
ほか歌誌特集号を掲載。

10面
<書評>
岡本瑤子歌集『雨の韻律』森川多佳子さん
佐藤直子歌集『大和幻想』鶴見輝子さん
谷岡亜紀著『歌人の肖像』和嶋勝利さん
ほか歌集紹介を掲載。

11面
うたとの出会い142 青山輝子さん
原発事故被災地のいま 第23回 西村慎太郎さん -被災地と「トマソン」
歌壇ニュース
読者自選一首
新しい本12月~1月

12面
各地リポート
読者の森
集会案内
企画展
作品募集
ご購読料改定のお願い
編集部より

定期購読は随時受け付けております。
なお、本紙12面でも告知しましたように今年の4月号から新聞の価格を改定させていただきます。
年間定期購読は6,000円、1部につき500円となります。
価格の改定は2012年の創刊以来、初めてのこととなります。
読者の皆様にはご負担をおかけしますが、ご理解ご愛読のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。

テーマ:短歌
ジャンル:小説・文学

tag:短歌いりの舎

月刊「うた新聞」2024年1月号(142号)ができあがりました!

2024.01.17 12:57|月刊「うた新聞」
みなさん、新年の挨拶が遅くなりました。
本年もよろしくお願いいたします。
また、能登半島地震で被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。

1月号の特集は
辰年アンケート
新春企画・大好きな他ジャンルの本

の二本立てです。

1面
巻頭作品
大下一真さん「落ち葉の匂い」、春日いづみさん「声する方に」
巻頭評論
田村 元さん「AIはどぶに落ちない」-新春エッセイ

2面
短歌想望 今井恵子さん「<祈り>の形」
遠近画法 福本順次さん「茱萸の赤い実」
〈てにをは〉を読む 大辻隆弘さん「たゆたう「ずや」」
友の歌 柴田文子さん

3面
今月のうたびと 濱松哲朗さん「バタースコッチ」
ライムライト142 渋沢たまきさん「歌は心の「手がかり」」
私の暮らすまち142 梶田順子(みちこ)さん「まっこと えい」―高知県福井町
作品時評 山口明子さん「まして星にも」
忘れないために141 黒崎由起子さん「一・一七」

4面
短歌(ほぼ)100年前 第10回 松澤俊二さん「与謝野晶子先輩に学ぶ正月の過ごし方」 
短歌トラベラー!第34回<アメリカ>阪森郁代さん
玉城徹の歌 第71回―愉しみと歌を作りて 島田修三さん

5面
睦月作品集
森山晴美さん「音」、中村キネさん「岩木路」
岩倉幹郎さん「歳晩」、青木昭子さん「一切皆空」
関根榮子さん「冬桜」、橋元俊樹さん「熊日理髪室」
山本 司さん「春まだ遠き」、倉沢寿子さん「龍隠庵(りゆうげあん)」
星谷孝彦さん「谿深し」、大原清明さん「言の葉ひとつ」
石井松夫さん「冬芽」、小笠原小夜子さん「第五の季(とき)」
高崎淳子さん「ゴジラに逢ふ」、清水正人さん「雹」
棚木恒寿さん「小豆の色」、小林さやかさん「山手線」
竹中優子さん「ねずみ」、佐佐木定綱さん「十二月」
中森 舞さん「新年快楽(シンニィェンクァイラ)」

6面
<特集①>辰年アンケート
岡本育与さん、野地安伯さん、大朝暁子さん、松田愼也さん、今井正和さん
佐田公子さん、水門房子さん、森本 平さん、樋口智子さん、丸地卓也さん

7面
<特集②>新春企画・大好きな他ジャンルの本
古谷智子さん、上條雅通さん、江戸雪さん
奥田亡羊さん、内山晶太さん、川島結佳子さん

8面
大友圓吉歌集『柘榴』を読む
木下孝一さん「命をうたう」
佐藤淑子さん「老いの滋味」
著者近詠作品10首 大友圓吉さん「冬菜」

<書評>
三井ゆき歌集『水平線』佐藤弓生さん
松平盟子著『与謝野晶子の百首』秋山佐和子さん
永田 紅歌集『いま二センチ』鶴田伊津さん
ほか歌集紹介を掲載。

9面
安部歌子歌集『海の町』を読む
小林敦子さん「今を受容する心」
広坂早苗さん「風土と家族の歌」
著者近詠作品10首 安部歌子さん「この道は坂」

<書評>
坂井修一歌集『塗中騒騒』睦月 都さん
岡 貴子歌集『火の橋慕情』梓 志乃さん
塚田千束歌集『アスパラと潮騒』嶋 稟太郎さん
ほか歌集紹介を掲載。

10面
<歌壇ニュース>
現代短歌大賞特別賞授賞式
現代歌人集会秋季大会
現代短歌新人賞
笹井宏之賞
ほか結社賞、歌誌特集号、作品募集、集会案内、訃報を掲載。

11面
うたとの出会い141 重田美代子さん
原発事故被災地のいま 第22回 西村慎太郎さん -大野駅開業120周年
読者自選一首
新しい本11月~12月

12面
各地リポート
読者の森
編集部より

定期購読は随時受け付けております。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

テーマ:短歌
ジャンル:小説・文学

tag:短歌いりの舎