fc2ブログ
06 | 2022/07 | 08
-
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

irinosha

Author:irinosha
下北沢にある詩歌・文芸出版社
いりの舎のブログへようこそ。
下北沢駅南西口から徒歩3分ぐらいの場所にあります。
電話:03-6413-8426
FAX:03-6413-8526
ホームページ:http://irinosha.com/
E-mail:chumon☆irinosha.com
にて注文を受け付けております。
実際にメールを送る際には、☆を@に変更してお送りください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

藤田貴佐代・第5歌集『雪消水』が出来上がりました!

2022.06.23 17:04|刊行情報
みなさん、こんにちは。本日2冊目の新刊紹介です。

新日本歌人常任幹事会・副代表を務め、
同人誌「炎」「丹青」会員の藤田貴佐代さんの第五歌集『雪消水』

が出来上がりました!

藤田貴佐代歌集『雪消水』

新日本歌人叢書第647篇

1965年、23歳で新日本歌人協会に入会し、間もなく常任幹事に就いた著者。
今年、没後50年を迎える渡辺順三の精神を受け継ぎ、反戦と世界平和をめざして短歌を詠み続ける藤田貴佐代の、『花の渇き』以後、7年間の作品を収めた第5歌集。(「帯」より)

 
●歌集より5首
敗戦とともに滅びし「満州」の傀儡国家の悲哀史をゆく
民主主義をつらぬく歌誌の高齢化 担い手不足にコロナ追い打ち
尖閣諸島を飛ぶ中国の無人機も偵察するとグローバルホーク
働き手学ぶ大学この日々のありてこそ喜寿 子らを頼らず
主張とはかくも美し雨の中 気高き色を誇りて薔薇は

四六判上製カバー装192頁
装幀:南 一夫
定価:2,750円(本体2500円+税10%)

テーマ:短歌
ジャンル:小説・文学

tag:短歌

脇 直人歌集『有悠無憂』が出来上がりました!

2022.06.23 16:46|刊行情報
みなさん、こんにちは。今日は沖縄慰霊の日ですね。
日々考え続けようと思います。

脇 直人さんの遺歌集『有悠無憂』ができあがりました!

脇直人歌集『有悠無有』

遺されたノートの数千・万に及ぶ短歌に目を通しているうちに、これらの歌は父の人生そのもの、彼の気持ちそのものなんだと、何となくこのまま捨て置くわけにもいかないなと言う気持ちになりました。(脇 英太郎「編集後記」より)
 
●歌集より5首
ま向かひのビル屋上に少女ゐて海にむきつつ手をふりにけり
丹念に母が賜ひし便りなればよみかへしつつひと日机上に
ひとひとりいまし放ると鐘たたく夏の夜ふけをわれはみたりし
しとしとと雨降るゆゑにけふの日は汝を想はむ兵士なれども
百歳は今し過ぎゆくくる年も行方も知らぬ小舟を漕ぐか

A5判上製カバー装208頁
定価:2,750円(本体2500円+税10%)

テーマ:短歌
ジャンル:小説・文学

tag:短歌

月刊「うた新聞」2022年6月号(123号)が出来上がりました!

2022.06.07 12:16|月刊「うた新聞」
みなさん、こんにちは。
月刊「うた新聞」6月号ができあがりました!

月刊「うた新聞」2022年6月号の特集は
特集①<梅雨>をうたう 3首+ミニエッセイ
特集②佐藤祐禎歌集『再び還らず』を読む
の二本立てです。

1面
巻頭作品は紺野万里さん「はるかな友へ」、間瀬 敬さん「西美濃」
巻頭評論は小石雅夫さん「渡辺順三没後五十年を機にして思う」

2面
内藤 明さんによる<短歌想望>「結社について」
大辻隆弘さんによる連載!<≪てにをは≫を読む>第27回いまいましさの「など」
<遠近画法>白石 草さん「さなぎから蝶へ」
<友の歌>谷口純子さん

3面
<今月のうたびと>奥村知世さん「電気ウナギ」
<ライムライト>飯田彩乃さん「短歌と共白髪」
<私の暮らすまち>三ツ木稚子さん「自然豊かな昭島―東京都昭島市」
<忘れないために>狩野一男さん「ウツについて」
<作品時評>三枝むつみさん「『復帰つ子』は知命」

4面
野地安伯さんによる連載!<吉井勇―その艶生涯の歌>第15回「消息歌(二)」
短歌トラベラー>第15回 川田 茂さん<白耳義(ベルギー)>
玉城徹の歌・第52回 富田睦子さん「おびただしき帽子」

5面
水無月作品集
平井軍治さん「泣きどころ」、山下雅子さん「春ふたたび」
神谷由里さん「小豆煮て」、岡本瑤子さん「悠久」
木村よし子さん「継ぎゆくもの」、鈴木隆夫さん「フリーランス」
比留間澄子さん「多摩川」、桜井美保子さん「パレード」
丹羽智子さん「タペタム」、冨野光太郎さん「愚行と箴言」
松本達雄さん「茂吉の孤独」、豊岡裕一郎さん「無季」
稲葉範子さん「雀」、山田吉郎さん「単線車輛」
大甘さん「朝 19,221st」、吉野裕之さん「さみしかったな」
関 聡美さん「薄荷と昼顔」、飯島章友さん「みづ」
上澄 眠さん「アリス」

6面
特集①<梅雨>をうたう 3首+ミニエッセイ
歌川 功さん「あじさい」、石井松夫さん「雨上がりゆく」
君山宇多子さん「梅雨に入る」、多賀陽美さん「梅雨寒」
風間博夫さん「梅雨のゆふぐれ」、山本枝里子さん「黄梅の雨」
麻生由美さん「水のあめつち」、佐山加寿子さん「雨蛙ひとつ」
宇田川寛之さん「雨のうた」

7面
特集②佐藤祐禎歌集『再び還らず』を読む
中筋 純さんによる「大地の人」
遠藤たか子さんによる「ひるまずにいふ」
藤原龍一郎さんによる「魂のドキュメント」
小林真代さんによる「本当の歌」

8面
笛木智恵美歌集『風のかたち』を読む
服部えい子さんによる「風を追う」
生沼義朗さんによる「叙情と想像力」
著者近詠作品10首 笛木智恵美さん「小さき魚」

<書評>
永田和宏歌集『置行堀』梅内美華子さん
遠藤由季歌集『北緯43度』鯨井可菜子さん
田中 綾著『書棚から歌を 二〇一五-二〇二〇』武藤雅治さん
ほか歌集紹介を掲載。

9面
渡辺君子歌集『鹿の来る庭』を読む
恒成美代子さんによる「家族への讃歌」
松尾祥子さんによる「心を澄ませて」
著者近詠作品10首 渡辺君子さん「藤色マスク」

<書評>
坂井修一著『世界を読み、歌を詠む』大森静佳さん
竹中優子歌集『輪をつくる』濱松哲朗さん
大塚洋子歌集『冬のつばさ』室井忠雄さん
鮫島 満著『近現代短歌語詩』川﨑勝信さん
ほか歌集紹介を掲載。

10面
日本歌人クラブ各賞贈呈式―三枝昻之氏らが受賞
埼玉県歌人会春季短歌大会―歌人会賞・新人賞授賞式
小山常光歌集『出会い』批評会
杜澤光一郎氏逝去―『宮柊二・人と作品』で日本歌人クラブ評論賞
ほか作品募集、集会案内を掲載。

11面
<うたとの出会い>122 丸山洋子さん
連載!第3回原発事故被災地のいま―大字誌から考える「復興」 西村慎太郎さん
読者自選一首
新しい本4月~5月

12面
各地リポート
読者の森
編集部より

定期購読は随時受け付けております。
今後ともご愛読のほど、どうぞよろしくお願いいたします。

テーマ:短歌
ジャンル:小説・文学

tag:短歌

月刊「うた新聞」2022年5月号(122号)が出来上がりました!

2022.05.15 12:51|月刊「うた新聞」
みなさん、こんにちは。
月刊「うた新聞」5月号ができあがりました!
本日は沖縄の本土復帰から50年です。

月刊「うた新聞」2022年5月号の特集は
沖縄本土復帰50周年・<いまの思い>を詠う
です。

1面
巻頭作品は福井和子さん「ブラシの木」、大松達知さん「合掌」
巻頭評論は遠藤由季さん「『花の原型』―生身の歌―中城ふみ子・生誕百年」

2面
内藤 明さんによる<短歌想望>「うたの現在」
大辻隆弘さんによる連載!<≪てにをは≫を読む>第26回動きを作る「り」
<遠近画法>藤城 光さん「黴」
<友の歌>会川淳子さん

3面
<今月のうたびと>生田亜々子さん「すばらしい世界」
<ライムライト>嶋 稟太郎さん「全員がライバル」
<私の暮らすまち>扇田淳子さん「寿限無の仏さんやで―奈良県奈良市」
<忘れないために>高尾文子さん「ノートルダム大聖堂の炎上」
<作品時評>三枝むつみさん「侵攻を詠み留める歌」

4面
野地安伯さんによる連載!<吉井勇―その艶生涯の歌>第14回「消息歌(一)」
短歌トラベラー>第14回 小林幸子さん<フィンランド>
玉城徹の歌・第51回 桑原正紀さん「自己を後退させること」

5面
皐月作品集
中藤久子さん「木の芽のひかり」、川口城司さん「逝く春」
内田いく子さん「真珠腫」、百瀬享子さん「カリーの店に」
十鳥敏夫さん「つくし菩薩」、藤倉文子さん「さくら」
佐藤成晃さん「ヴ・ナロード」、黒沼春代さん「夜の桜」
橋本 忠さん「野に遊ぶ」、田土才惠さん「ならまち」
佐藤孝子さん「靴」、山本 豊さん「姫神山」
宮武千津子さん「闌」、後藤秀彦さん「青葉また見む」
松本紀子さん「秋海棠」、中村美代子さん「歌につぶやく」
小林信也さん「紙の本」、和嶋勝利さん「春の錯誤」
小田鮎子さん「勢いが欲し」

6面・7面
沖縄本土復帰50周年・<いまの思い>を詠う
屋部公子さん「緋花」、楚南弘子さん「戦の記憶」
平山良明さん「二度三度死ぬ思い」、永吉京子さん「知命の五月」 
謝花秀子さん「いつか標的に」、當間實光さん「『ひめゆり学徒』終焉の地」
玉城洋子さん「抑止はユクシ」、玉城寛子さん「ミサイルの棘立つ島」
伊志嶺節子さん「闇の向こうに……」、湧稲國 操さん「復帰五十年」
仲間節子さん「辺野古に」、比嘉道子さん「戦争難民」
伊波 瞳さん「PFASの泡」、渡名喜勝代さん「基地の偏り」
仲西正子さん「その訓練は」、名嘉真恵美子さん「さわがしい空」
屋良健一郎さん「唐揚げにレモン」

8面
長野 晃歌集『わが道を行け』を読む
田村広志さんによる「『行け』のポリシー」
小西美根子さんによる「力ある時事詠」
著者近詠作品10首 長野 晃さん「ゲルニカ(三月二十三日詠)」

<書評>
玉城洋子歌集『儒艮(ザン)』今井正和さん
松村正直著『踊り場からの眺め』山崎聡子さん
小谷博泰歌集『オルフェの亜空間』横尾湖衣さん
ほか歌集紹介を掲載。

9面
芝本啓子歌集『金木犀』を読む
藪内眞由美さんによる「言葉を超える言葉」
花 美月さんによる「残る、残される」
著者近詠作品10首 芝本啓子さん「祝いの席」

<書評>
時田則雄著『樹のように石のようにⅡ』大金義昭さん
秋元千惠子作品集『生かされて風花』長瀬和美さん
ほか歌集紹介を掲載。

10面
日本歌人クラブ各賞―三枝昻之氏、久保田登氏らに
前川佐美雄賞、ながらみ書房出版賞
現代歌人協会賞
短歌研究新人賞
小野市詩歌文学賞
現代短歌新人賞表彰式―山木礼子氏が受賞
日本歌人クラブ東北ブロック優良歌集
日本歌人クラブ東海ブロック岐阜大会
ほか結社賞、作品募集を掲載。

11面
<うたとの出会い>121 井上登志子さん
連載!原発事故被災地のいま―地元の歴史を遺すという意義 西村慎太郎さん
読者自選一首
新しい本3月~4月

12面
各地リポート
歌壇ニュース
読者の森
編集部より

定期購読は随時受け付けております。
今後ともご愛読のほど、どうぞよろしくお願いいたします。

テーマ:短歌
ジャンル:小説・文学

tag:短歌

月刊「うた新聞」2022年4月号(121号)が出来上がりました!

2022.04.09 14:06|月刊「うた新聞」
みなさん、こんにちは。
月刊「うた新聞」は今月の2022年4月号で10周年を迎えました。
読者の皆様に心より御礼を申し上げます。

月刊「うた新聞」2022年4月号の特集は
特集①春をうたう~3首+ミニエッセイ~
特集②うた新聞10周年を寿ぐ歌とメッセージ
の二本立てです。

1面
巻頭作品は馬場あき子さん「土手を歩く」、伊藤一彦さん「岩笛」
巻頭評論は島田修三さん「ネアンデルタール雑感―現代短歌とメディア」

2面
新担当!内藤 明さんによる<短歌想望>「二〇二二年三月」
大辻隆弘さんによる連載!<≪てにをは≫を読む>第25回憧れの「らむ」
<遠近画法>大場正人さん「漬物の味」
<友の歌>大朝暁子さん

3面
<今月のうたびと>鈴木加成太さん「光を貸せば」
<ライムライト>中井スピカさん「感熱紙だった夏」
<私の暮らすまち>伊勢方信さん「いかろうがい(よいでしょう)―大分県別所市」
<忘れないために>楠田立身さん「絶句……」
新担当!<作品時評>三枝むつみさん「リアルさは感覚を伝える」

4面
野地安伯さんによる連載!<吉井勇―その艶生涯の歌>第13回「固有名詞の魅力(三)」
短歌トラベラー>第13回 長澤ちづさん<ウイーンからプラハへ>
玉城徹の歌・第50回 今井恵子さん「言い分を聴くということ」
ほか結社賞を掲載。

5面
卯月作品集
小林サダ子さん「冬天の青」、島崎榮一さん「猫」
杜澤光一郎さん「五体投地」、狩集日出男さん「わが事なるに」
宮原 勉さん「瀬戸の早春」、河合真佐子さん「ひいばあちゃん」
千々和久幸さん「春日遅々」、山田 訓さん「ペット・ショップ」
渡辺恵子さん「地球はまるい」、梓 志乃さん「あした天気に」
倉沢寿子さん「飛翔」、光本恵子さん「明日はあるか」
大山敏夫さん「金柑」、木村雅子さん「春の夕ぐれ」
阿木津 英さん「春」、伊藤和好さん「言ふべくもなし」
後藤恵市さん「七十路」、中川佐和子さん「人道回廊」
畑谷隆子さん「相棒」

6面
特集①春をうたう~3首+ミニエッセイ~
温井松代さん「季のままに」、利根川 発さん「白梅」
永井正子さん「春雷」、内田 弘さん「歩道の雪山そして氷柱」 
山下真知子さん「春になれば」、山田富士郎さん「キリマンジャロ」
喜多弘樹さん「鬱々として花」、久我田鶴子さん「雲雀」
吉川宏志さん「探春」、本田一弘さん「制服にほふ」

7面
横山岩男歌集『うたの歳月』を読む
大下一真さんによる「至誠の歌」
糸川雅子さんによる「歳月の手応え」
著者近影作品10首 横山岩男さん「作歌七十年」

<書評>
三枝昻之著『跫音を聴く 近代短歌の水脈』香川ヒサさん
花實鳩山支部合同歌集第五集『百舌のこゑ』丹波真人さん
立花 開歌集『ひかりを渡る舟』平岡直子さん
ほか歌集紹介を掲載。

8面
磯田昭代歌集『知足』を読む
稲垣紘一さんによる「茶の心と歌の心と」
髙畠憲子さんによる「慎ましさと慈愛と」
著者近詠作品10首 磯田昭代さん「ふきのとう」

<書評>
日高堯子歌集『水衣集』前田康子さん
坂井修一著『蘇る短歌』藪内亮輔さん
山木礼子歌集『太陽の横』松村由利子さん
ほか歌集紹介を掲載。

9面
<うたとの出会い>120 金子貞雄さん
新連載!原発事故被災地のいま―歴史が失われた景観 西村慎太郎さん
<歌壇ニュース>
齋藤茂吉短歌文学賞
詩歌文学賞
埼玉県歌人会賞・新人賞
作品募集
集会案内
結社賞
新しい本2月~3月

10面・11面
特集②うた新聞10周年を寿ぐ歌とメッセージ
春日真木子さん・綾部光芳さん・實藤恒子さん・青木陽子さん・秋葉四郎さん
久保田 登さん・林田恒浩さん・久々湊盈子さん・阪森郁代さん・下村すみよさん
平山公一さん・本木 巧さん・藤原龍一郎さん・佐田公子さん・小島ゆかりさん
小塩卓哉さん・小黒世茂さん・桜川冴子さん・鈴木英子さん・千葉 聡さん・田村 元さん
読者自洗一首

12面
いりの舎主催『「大字誌浪江町権現堂」のススメ』出版記念シンポジウム
『「大字誌浪江町権現堂」のススメ』刊行記念トークイベント

各地リポート
歌誌特集号
編集部より

定期購読は随時受け付けております。
今後ともご愛読のほど、どうぞよろしくお願いいたします。

テーマ:短歌
ジャンル:小説・文学

tag:短歌