FC2ブログ
02 | 2021/03 | 04
-
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

irinosha

Author:irinosha
下北沢にある詩歌・文芸出版社
いりの舎のブログへようこそ。
下北沢駅南西口から徒歩3分ぐらいの場所にあります。
電話:03-6413-8426
FAX:03-6413-8526
ホームページ:http://irinosha.com/
E-mail:chumon☆irinosha.com
にて注文を受け付けております。
実際にメールを送る際には、☆を@に変更してお送りください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

横尾邦光・第一歌集『分去れ』が出来上がりました!

2020.10.14 19:06|いりの舎の
みなさん、こんばんは。
今日は新刊のお知らせです。

「歩道」に所属し、令和元年「歩道マルタの会年度賞」を受賞した
横尾邦光さんの第一歌集『分去れ』(わかされ)

ができあがりました!

横尾邦光歌集『分去れ』

歩道叢書
四十年来の友人、横尾邦光氏がこの程歌集『分去れ』を刊行し、縁に従って私は深くかかわったが、私が漠然と思っていたよりはるかに歌人として力をつけていた。事件的な真実を超越し、一見些細に見える身辺・境涯の輝き、響きを意味ある現実として詠嘆している。遠くに素材を求めないのもいい。
ひぐらしの声聞く夕べ合鴨は今年の任を終へて群れをり
風花の飛ぶ夕つ方長岡に住む子の電話に吹雪の音す

具眼の士の一見を希う次第である。(秋葉四郎「帯文」より)


●歌集より5首
常になく早く帰りて我が家の扉を引けば溢る菊の香
帰省する暇(いとま)なしとふ子の部屋のガラス戸磨く歳晩の午後
隣り家のピアノ弾く子の顔知らず巧みとなりてこの頃楽し
分去(わかさ)れを幾つ越え来て今あるとみづから思ふ七十二となる
わが街になじまぬ景色と思ひしがハロウィンパレード賑はひてをり

四六判上製カバー装・244頁
帯文:秋葉四郎
装幀:南 一夫
定価:2,500円+税
送料:200円

野村喜義第2歌集『一隅』が出来上がりました!

2018.07.11 13:51|いりの舎の
今日も暑い日が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか。
今日は新刊のご案内です。
茨城県在住の歌人、野村喜義さんの第二歌集、『一隅』 が出来上がりました!

野村喜義歌集『一隅』 (2)

ぷりずむ叢書14
第36回氷原賞を受賞し、現在歌誌「ぷりずむ」で活躍する著者の第二歌集。

一巻には様々な素材が詠われながらも、通奏低音として響いてくるものは生まれ育ち種々の哀歓を育んだ「一隅」、すなわち茨城県南東部の霞ヶ浦と北浦の二つの湖に挟まれた水郷地帯への篤い思いである。
(長澤ちづ「跋」より)


●歌集より5首
対岸の温かそうな町あかり今宵は霧に繭のごと見ゆ
あとを継ぐものなき家を指折ればわが集落のくらき灯火(ともしび)
明るむとは何かが燃え出す感じかと筑波の夜明けに盲目の友は
セシウムが基準値超えたるタケノコの不発弾あまた藪に並べり
フクシマの町のし歩くイノシシの映像の後 無言の夕餉

四六判上製カバー装・176頁
跋文:長澤ちづ
装画:中村啓次郎
装幀:南 一夫
定価:2,000円+税
送料:164円