FC2ブログ
03 | 2019/04 | 05
-
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール

irinosha

Author:irinosha
下北沢にある詩歌・文芸出版社
いりの舎のブログへようこそ。
下北沢駅南口から徒歩3分ぐらいの場所にあります。
電話:03-6413-8426
FAX:03-6413-8526
ホームページ:http://irinosha.com/
E-mail:chumon☆irinosha.com
にて注文を受け付けております。
実際にメールを送る際には、☆を@に変更してお送りください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

月刊「うた新聞」2019年4月号が出来上がりました!

2019.04.09 15:46|月刊「うた新聞」
みなさん、こんにちは。
東京は少しずつ葉桜になってきました。
月刊「うた新聞」は4月号で7周年を迎えました。
応援してくださっている皆様に心より御礼を申し上げます。
今後ともよろしくお願いいたします。

さて、「うた新聞」4月号の特集は
おさらい・近現代歌人の歌論と実作⑤
です。

巻頭作品
馬場あき子さん「アスパラの芽立する日」、小池 光さん「私生活」
巻頭評論は糸川雅子さん「自分を潜りぬけた歌―武川忠一・生誕百年」

2面
新担当!島田修三さんによる<短歌想望>①平成短歌史のこと
古谷 円さんによる連載!<時代を映すうた>第1回「ランプに戻る恋ごころ」
<遠近画法>藤井克之さん「一粒の麦」
<友の歌>は稲垣紘一さん

3面
<今月のうたびと>高山由樹子さん「あるいは世界中のあなたへ」
<ライムライト>山川 築さん「双子」
<私の暮らすまち>三島麻亜子さん「夜通し踊らんかな」
<忘れないために>塚本 諄さん「迷いなく詠むこと」
新担当!<作品時評>君山宇多子さん「希望の在り処」

4面
秋葉四郎さんによる新連載!<渉猟 茂吉の歌>第1回「『蔵王文学のみち』より」
春日いづみさんによる新連載!<食卓のある風景>第1回「大テーブル」
<玉城徹の歌>第16回 水島英己さん「粟散辺土民の一人」

5面
卯月作品集
安東久子さん「春めく」、川口城司さん「沖縄よ」
島田和子さん「白き花」、疋田和男さん「ひとり祭」
百瀬享子さん「犬棒カルタ」、星田郁代さん「空色の空」
室谷八重乃さん「雪の里」、巻 桔梗さん「紅花墨」
金子貞雄さん「ぼんぐぼんぷ」、小久保みよ子さん「思慕」
中野昭子さん「片脚立ち」、林田恒浩さん「迷路となりて」
横山季由さん「在さぬ人を」、香川哲三さん「災禍積日」
山中もとひさん「どんぶらこ」、北久保まりこさん「ドナルド・キーン先生へ」
大西久美子さん「春のコロッケ」、和嶋勝利さん「終末時計」
白石瑞紀さん「春の連番」

6面・7面
<特集>おさらい・近現代歌人の歌論と実作⑤
奥田亡羊さんによる石榑千亦「天地と共に広く大きく」
雁部貞夫さんによる岡 麗「江戸の雅びを伝える」
古谷智子さんによる片山廣子「脱皮する歌」
小笠原信之さんによる吉植庄亮「農民歌人」
秋山佐和子さんによる三ヶ島葭子「真摯で自在な魅力」
足立敏彦さんによる小田歡螢「北方的生命感的抒情」
藤原勇次さんによる中村健吉「その写生論の魅力」
三枝浩樹さんによる植松壽樹「心持の伝え方」

8面
小林さやか歌集『ここからの水平線』を読む
今井千草さんによる「自在なイメージ」
玉井綾子さんによる「まっすぐ生きる」
作品10首 小林さやかさん「森林へ」

<書評>
馬場あき子歌集『あさげゆふげ』小島なおさん
川﨑勝信歌集『天人』長澤ちづさん
井上美地歌集『残照』森山晴美さん
ほか歌集紹介、番組告知を掲載。

9面
<書評>
田村 元著『歌人の行きつけ』大松達知さん
小林幸子歌集『六本辻』横山未来子さん
吉村睦人歌集『蠟梅の花』三井 修さん
北神照美歌集『ひかる水』恩田英明さん
ほか歌集紹介を掲載。

10面
ニュース欄
・第13回与謝野寛・晶子を偲ぶ会
・現代短歌新人賞表彰式―田口綾子氏が受賞
・齋藤茂吉短歌文学賞
・詩歌文学館賞
・迢空賞
・小野市詩歌文学賞
・日本歌人クラブ北関東ブロック優良歌集
・日本歌人クラブ南関東ブロック優良歌集
・埼玉県歌人会新人賞
・小見山輝氏を偲ぶ会
ほか集会案内を掲載。

11面
うたとの出会い84 鈴掛典子さん
・読者自選一首
・日本歌人クラブ『現代万葉集』×いりの舎コラボ企画 第13回

12面
・各地リポート
・作品募集
・企画展
・編集部より

月刊「うた新聞」2019年3月号が出来上がりました!

2019.03.14 16:46|月刊「うた新聞」
だんだんと暖かくなってきましたね。
「うた新聞」3月号が出来上がりました!ブログへのアップが遅くなってすみません。
3月号の特集は
東日本大震災から八年 いまの思いを詠う
です。

巻頭作品
田宮朋子さん「花活けボランティア」、萩岡良博さん「がんばれよ」
巻頭評論は五十嵐順子さん「新たなる『現代の血』」―岡山巌没後五十年」

2面
山田富士郎さんによる<短歌想望>⑥なぜ歌を作るのか
藤島秀憲さんによる連載!<物語るうた>最終回「ぴーん、だらり」
<遠近画法>中岡毅雄さん「俳句における遠近法」
<友の歌>は中山洋祐さん

3面
<今月のうたびと>小田鮎子さん「明治通り」
<ライムライト>浅野大輝さん「確認」
<私の暮らすまち>安藤チヨさん「おらだの暮らすまち」
<忘れないために>米田靖子さん「吐田米を作って」
<作品時評>桜井京子さん「希望の在り処」

4面
小黒世茂さんによる連載!<西行のこころ>最終回「かりそめの心」
大井 学さんによる連載!<さかなうたい>最終回「死後さばきにあう?」
<玉城徹の歌>第15回 西村美佐子さん「『道路』と『うぐいす餡ぱん』」

5面
弥生作品集
志野暁子さん「風船」、山下正義さん「槍烏賊」
柳澤美代子さん「菜の花」、山田 訓さん「麻疹(はしか)」
矢澤靖江さん「天窓」、永野喬平さん「昔、今」
山本雪子さん「夕影」、比嘉 清さん「学生の孫」
柚木まつ枝さん「息をひそめて」、多賀陽美さん「兄の三回忌」
かわすみさとるさん「雪の日」、安池菊夫さん「ベートーヴェンは凄い」
伊藤和好さん「ビックカメラの前にて」、森川多佳子さん「冬の香に」
さいかち真さん「柊の花」、髙畠憲子さん「薪・たきぎ」
清水亞彦さん「十便十宜図」、小林幹也さん「身の丈」
佐藤華保理さん「アリアドネ」

6面・7面
<特集>東日本大震災から八年 いまの思いを詠う
◎3首+ミニエッセイ
中村ときさん「団地夕暮」、熊谷淑子さん「季節は巡り」
山口明子さん「まぼろし」、八重嶋 勲さん「災害復興」
梶原さい子さん「壁」、斉藤 梢さん「轟く」
佐藤通雅さん「からすみ」、佐藤淑子さん「新成人」
山本秀子さん「故郷、伊藤誠二さん「顔をあげたのは」
吉田信雄さん「産土」、遠藤たか子さん「昼と夜」
佐藤輝子さん「#工場萌え」、藤田美智子さん「ガラスバッジ」
伊藤正幸さん「ゆりあげの浜」、小林真代さん「三月のうた」
大谷湖水さん「街は動く」、本田一弘さん「こんぱく」
中根 誠さん「復興」、片岡 明さん「答えは見えず」

8面
本阿弥秀雄歌集『梛の木なぎの実』を読む
久保田登さんによる「旅も日常」
佐波洋子さんによる「ドアと枯野」
作品10首 本阿弥秀雄さん「梅園」

<書評>
小島ゆかり歌集『六六魚』川野里子さん
米川千嘉子歌集『牡丹の伯母』富田睦子さん
俵 万智著『牧水の恋』大森静佳さん
萩岡良博著『やすらへ。花や。』渡 英子さん

9面
<書評>
玉井清弘歌集『谿泉』御供平佶さん
田中成彦歌集『瞑想曲』藤川弘子さん
永田 紅歌集『春の顕微鏡』駒田晶子さん
服部真里子歌集『遠くの敵や硝子を』
ほか歌集紹介を掲載。

10面
ニュース欄
・第23回若山牧水賞授賞式
・第30回歌壇賞授賞式
・茨城県歌人協会賞 野村喜義氏に決定
・現代短歌新人賞
ほか作品募集、集会案内、企画展、結社賞、訃報を掲載。

11面
うたとの出会い83 内野信子さん
・読者自選一首
・日本歌人クラブ『現代万葉集』×いりの舎コラボ企画 第12回

12面
・各地リポート
・読者の森
・編集部より

月刊「うた新聞」2019年2月号が出来上がりました!

2019.02.07 19:12|月刊「うた新聞」
みなさん、こんばんは。
今日の昼間の東京はとても暖かい一日でしたが、夜になって冷え込んできました。
気温差にくれぐれもお気を付けください。

そして、月刊「うた新聞」2月号が出来上がりました!
(今月の発送は2月5日・6日にかけて発送いたしました。)
特集は、「私のまちの冬をうたう」 
沖縄から北海道まで~作品7首+エッセイ

です。

巻頭作品
東 直子さん「桐箱に髪」、松村正直さん「生しらす丼」
巻頭評論は光本恵子さん「口語自由律短歌の歴史と運動」――口語自由律と現代の口語短歌」

2面
山田富士郎さんによる<短歌想望>⑤見えないものを視る
藤島秀憲さんによる連載!<物語るうた>35「そこまで春が」
<遠近画法>小西君枝さん「台所の記憶」
<友の歌>は水門房子さん

3面
<今月のうたびと>佐藤理江さん「チャンネルはそのまま」
<ライムライト>上條素山さん「木を植えている男」
<私の暮らすまち>栗原悠次さん「八女はよかとこ!」
<忘れないために>永吉京子さん「新基地いらぬ」
<作品時評>桜井京子さん「富士の見ゆる日」

4面
小黒世茂さんによる連載!<西行のこころ>9「あてどなき心」
大井 学さんによる連載!<さかなうたい>11「なんの草?」
<玉城徹の歌>第14回 遠山景一さん「思想へ向かう歌」

5面
如月作品集
椎名恒治さん「空」、久保田壽子さん「朝のよろこび」
宮原 勉さん「無言の群れ」、橋元俊樹さん「宇和島闘牛」
渋谷みづほさん「冬桜散る」、湧稲國 操さん「輝きは まだ」
今野英山さん「池之端今昔」、福島久男さん「九段会館」
黒崎由起子さん「淡雪」、金子智佐代さん「そのまま帰る」
今井正和さん「理由なき怖れ」、斎藤 寛さん「ドブ板通り」
竹内彩子さん「少女」、山下 泉さん「海の微光」
佐山加寿子さん「どんどの餅」、中村哲也さん「大晦日」
若狭純子さん「銃は銃」、三澤達世さん「遠くて近い」
爲永憲司さん「遅野井の弓」

6面・7面
<特集>私のまちの冬をうたう 
沖縄から北海道まで~作品7首+エッセイ

玉城洋子さん「鬼餅寒さ(ムーチービーサ)」、伊藤一彦さん「宮崎市の冬」
竹安隆代さん「河口の街」、吉川宏志さん「雪と花粉」
永井正子さん「限界集落」、野地安伯さん「国府津の冬」
菅原恵子さん「老人の町」、山田 航さん「汚れなき歌」

8面
佐竹澄子歌集『燭の火』を読む
関谷啓子さんによる「慈愛と清らかさと」
村田弘子さんによる「不変の真理を求めて」
作品10首 佐竹澄子さん「闇夜の提灯」

<書評>
春日真木子歌集『何の扉か』笹 公人さん
佐伯裕子歌集『感傷生活』梶原さい子さん
大朝暁子歌集『辰砂の月』内田 弘さん

9面
松井純代歌集『明日香のそよ風』を読む
伊勢方信さんによる「心を和(なご)す」
桑田靖之さんによる「原郷・明日香への回帰」
作品10首 松井純代さん「遠き日」

<書評>
日置俊次歌集『地獄谷』中川佐和子さん
及川隆彦著『編集者の短歌史』恒成美代子さん
飯田彩乃歌集『リヴァーサイド』佐藤弓生さん
ほか歌集紹介を掲載。

10面
ニュース欄
・第64回角川短歌賞贈呈式
・左岸の会―歌集『枇杷の花』を読む
・歌会始の儀
・現代短歌新人賞
ほか作品募集、集会案内、歌誌特集号、訃報を掲載。

11面
追悼・佐田毅さん「佐田毅さんのこと」綾部光芳さん
うたとの出会い82 中村幸一さん
・読者自選一首
・日本歌人クラブ『現代万葉集』×いりの舎コラボ企画 第11回

12面
・各地リポート
・歌誌特集号
・結社賞
・編集部より

おかげさまで今月も充実した内容となりました。
心より御礼を申し上げます。
なお、定期購読は随時受け付けております。この機会にぜひご購読ください。
年間4800円(税・送料込み)です。どうぞよろしくお願いいたします。

月刊「うた新聞」2019年1月号が出来上がりました!

2019.01.07 15:00|月刊「うた新聞」
2019年1月号が出来上がりました!

特集は
亥年アンケート&思い出の歌人と酒
です!

巻頭作品
春日真木子さん「明日へのページ」、高野公彦さん「天使の滝」
巻頭評論は栗木京子さん「お菓子の「お」――新春評論」

2面
山田富士郎さんによる<短歌想望>④断絶はある
藤島秀憲さんによる連載!<物語るうた>34「波の具合」
<遠近画法>添田哲平さん「言語と音楽修行」
<友の歌>は桜川冴子さん

3面
<今月のうたびと>永田 紅さん「演劇部」
<ライムライト>鑓水青子さん「私が短歌名人!?」
<私の暮らすまち>筒井早苗さん「変りゆく街」
<忘れないために>松田基宏さん「憲法第九条の光」
<作品時評>桜井京子さん「原発と鈴」

4面
小黒世茂さんによる連載!<西行のこころ>8「すべなき心」
大井 学さんによる連載!<さかなうたい>10「「よろこぶ」の中心?」
<玉城徹の歌>第13回 小池純代さん「一首一連一冊」

5面
睦月作品集
石川恭子さん「秋の山」、木下春子さん「鰤起こし」
永島道夫さん「鰻を食べる」、荻本清子さん「歳晩」
中地俊夫さん「猪」、梓 志乃さん「明日は明日の」
中川 昭さん「オキザリス」、谷口純子さん「電気代」
木下のりみさん「きゅうと泣く」、山谷英雄さん「初雪」
木立 徹さん「フォルテピアノ」、江國 梓さん「烏鷺(うろ)の戦」
小林敦子さん「薔薇の香り」、三田村正彦さん「蟻」
山田未来穂さん「野良猫」、朋 千絵さん「柚子の実」
月岡道晴さん「飯のひと匙」、屋良健一郎さん「いい正月でーびる」
立花 開さん「野火の響き」

6面
<特集>亥年アンケート
竹村紀年子さん、山野吾郎さん、
松坂 弘さん、磯田ひさ子さん、
秋山佐和子さん、桜井美保子さん、
川野里子さん、棗 隆さん、
嵯峨直樹さん、楠 誓英さん

7面
<特集>思い出の歌人と酒
大下一真さん「方代と鎌倉飯店」、沢口芙美さん「口説いてる?」
阿木津 英さん「しゃこと文箱」、谷岡亜紀さん「遥か昔の事に思えるが」
松平盟子さん「日本酒の深き歓び」、内田 弘さん「生きる喜び」

8面
平山公一歌集『鋼』を読む
千々和久幸さんによる「愛しい日日を眠らす」
下村すみよさんによる「むつごらうの歌」
作品10首 平山公一さん「一周忌」

<書評>
橋本喜典歌集『聖木立』佐藤通雅さん
春日いづみ歌集『塩の行進』堀田季何さん
沢口芙美著『歌人たちの昭和―迢空・文明を中心に』花山多佳子さん
桜井京子歌集『超高層の憂鬱』美濃和哥さん

9面
<書評>
菱川善夫著『塚本邦雄の宇宙Ⅰ・Ⅱ』田中 綾さん
江田浩司歌集『孤影』河田育子さん
辻 聡之歌集『あしたの孵化』染野太朗さん
田中教子著『覚醒の暗指』雲嶋 聆さん
ほか歌集紹介を掲載。

10面
ニュース欄
・第41回現代短歌大賞―春日真木子氏が受賞
・日本歌人クラブ創立70周年記念シンポジウム&第22回全九州短歌大会
・歌会始の儀―入選者決まる
・現代歌人集会秋季大会
・第13回明星研究会
ほか結社賞を掲載。

11面
うたとの出会い81 佐藤東子さん
・読者自選一首
・読者の森
・日本歌人クラブ『現代万葉集』×いりの舎コラボ企画 第10回
ほか歌誌創刊を掲載。

12面
・各地リポート
・作品募集
・編集部より

月刊「うた新聞」2018年12月号が出来上がりました!

2018.12.10 19:46|月刊「うた新聞」
師走に入り、だんだんと冬らしくなってきましたね。
そんななか、月刊「うた新聞」12月号が出来上がりました!

今月の特集は
「2018年の短歌・今年の収穫」と「歌会はじめて物語」
の二本立てです。

巻頭作品
雁部貞夫さん「若狭へ行く」、大朝暁子さん「セカンドハウス」
巻頭評論は柳 宣宏さん「生を強める歌―2018年の歌壇」

2面
山田富士郎さんによる<短歌想望>③歌の原点
藤島秀憲さんによる連載!<物語るうた>33「十一時を告げる音」
<遠近画法>吉田正勝さん「啄木コンサート」
<友の歌>は冨樫榮太郎さん

3面
<今月のうたびと>古谷 円さん「小さなる人」
<ライムライト>椎名恵理さん「サイダーの泡のような」
<私の暮らすまち>倉益 敬さん「寄ってがっせ」
<忘れないために>松岡秀明さん「独裁者の孤独」
<作品時評>桜井京子さん「郷愁と現代風俗」

4面
小黒世茂さんによる連載!<西行のこころ>7「無常なる心」
大井 学さんによる連載!<さかなうたい>9「おにぎりの装置?」
<玉城徹の歌>第12回 寺島博子さん「言葉の深度」

5面
師走作品集
青木朝子さん「くらしの音」、朝井恭子さん「入院」
江川孝雄さん「鴫立沢晩秋」、佐藤宗雄さん「語部の頬」
野村二郎さん「どぶろく」、米安幸子さん「冬の花」
井口世津子さん「九十八歳」、井上菅子さん「秋の日短か」
市川義和さん「根岸子規庵」、吉沢あけみさん「えのころ草」
宮里信輝さん「臍」、武藤雅治さん「善人」
川田 茂さん「晩秋」、山本枝里子さん「イベント広場」
角倉羊子さん「蒼穹あふぎ」、森本 平さん「煮卵」
鶴田伊津さん「抵抗」、沼尻つた子さん「バリゾーゴン」
岩内敏行さん「半熟」

6面
<特集>2018年の短歌・今年の収穫
坂井修一さん「歳月と新人と」
木村雅子さん「未来へつなぐ」
田中愛子さん「話題の歌集から」
清水正人さん「<今>の両岸」

7面
<特集>歌会はじめて物語
林 和清さん「泣かずに耐えた」
今井恵子さん「場の引力」
大口玲子さん「どの歌を選ぶか」
久石ソナさん「多くの青春たちへ」

8面
十谷あとり歌集『風禽』を読む
萩岡良博さんによる「言葉で架ける虹」
加藤英彦さんによる「虹が顕つまで」
作品10首 十谷あとりさん「水色の旗」

<書評>
岩田 正歌集『柿生坂』中根 誠さん
伊藤一彦歌集『光の庭』笹 公人さん
古谷智子著『片山廣子』田宮朋子さん
ほか歌集紹介を掲載。

9面
<書評>
佐保田芳訓著『佐藤佐太郎の作歌手帳』大山敏夫さん
加茂信明著『古泉千樫のうた百首鑑賞』鶴岡美代子さん
石川美南歌集『架空線』奥田亡羊さん
福士りか歌集『サント・ネージュ』久々湊盈子さん
ほか歌集紹介を掲載。

10面
ニュース欄
・日本歌人クラブ創立七十周年記念シンポジウム・東京
・日本短歌雑誌連盟秋季定期大会
・斎藤茂吉を語る会
・歌壇賞
ほか集会案内、作品募集、結社賞、訃報を掲載。

11面
うたとの出会い80 林 宏匡さん
・読者自選一首
・日本歌人クラブ『現代万葉集』×いりの舎コラボ企画 第9回
ほか企画展を掲載。

12面
・各地リポート
・歌誌特集号
・編集部より

今年も「うた新聞」をご愛読いただき、誠にありがとうございます。
心より感謝申し上げます。
来年もどうぞよろしくお願いいたします。