fc2ブログ
06 | 2022/07 | 08
-
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

irinosha

Author:irinosha
下北沢にある詩歌・文芸出版社
いりの舎のブログへようこそ。
下北沢駅南西口から徒歩3分ぐらいの場所にあります。
電話:03-6413-8426
FAX:03-6413-8526
ホームページ:http://irinosha.com/
E-mail:chumon☆irinosha.com
にて注文を受け付けております。
実際にメールを送る際には、☆を@に変更してお送りください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

月刊「うた新聞」2022年6月号(123号)が出来上がりました!

2022.06.07 12:16|月刊「うた新聞」
みなさん、こんにちは。
月刊「うた新聞」6月号ができあがりました!

月刊「うた新聞」2022年6月号の特集は
特集①<梅雨>をうたう 3首+ミニエッセイ
特集②佐藤祐禎歌集『再び還らず』を読む
の二本立てです。

1面
巻頭作品は紺野万里さん「はるかな友へ」、間瀬 敬さん「西美濃」
巻頭評論は小石雅夫さん「渡辺順三没後五十年を機にして思う」

2面
内藤 明さんによる<短歌想望>「結社について」
大辻隆弘さんによる連載!<≪てにをは≫を読む>第27回いまいましさの「など」
<遠近画法>白石 草さん「さなぎから蝶へ」
<友の歌>谷口純子さん

3面
<今月のうたびと>奥村知世さん「電気ウナギ」
<ライムライト>飯田彩乃さん「短歌と共白髪」
<私の暮らすまち>三ツ木稚子さん「自然豊かな昭島―東京都昭島市」
<忘れないために>狩野一男さん「ウツについて」
<作品時評>三枝むつみさん「『復帰つ子』は知命」

4面
野地安伯さんによる連載!<吉井勇―その艶生涯の歌>第15回「消息歌(二)」
短歌トラベラー>第15回 川田 茂さん<白耳義(ベルギー)>
玉城徹の歌・第52回 富田睦子さん「おびただしき帽子」

5面
水無月作品集
平井軍治さん「泣きどころ」、山下雅子さん「春ふたたび」
神谷由里さん「小豆煮て」、岡本瑤子さん「悠久」
木村よし子さん「継ぎゆくもの」、鈴木隆夫さん「フリーランス」
比留間澄子さん「多摩川」、桜井美保子さん「パレード」
丹羽智子さん「タペタム」、冨野光太郎さん「愚行と箴言」
松本達雄さん「茂吉の孤独」、豊岡裕一郎さん「無季」
稲葉範子さん「雀」、山田吉郎さん「単線車輛」
大甘さん「朝 19,221st」、吉野裕之さん「さみしかったな」
関 聡美さん「薄荷と昼顔」、飯島章友さん「みづ」
上澄 眠さん「アリス」

6面
特集①<梅雨>をうたう 3首+ミニエッセイ
歌川 功さん「あじさい」、石井松夫さん「雨上がりゆく」
君山宇多子さん「梅雨に入る」、多賀陽美さん「梅雨寒」
風間博夫さん「梅雨のゆふぐれ」、山本枝里子さん「黄梅の雨」
麻生由美さん「水のあめつち」、佐山加寿子さん「雨蛙ひとつ」
宇田川寛之さん「雨のうた」

7面
特集②佐藤祐禎歌集『再び還らず』を読む
中筋 純さんによる「大地の人」
遠藤たか子さんによる「ひるまずにいふ」
藤原龍一郎さんによる「魂のドキュメント」
小林真代さんによる「本当の歌」

8面
笛木智恵美歌集『風のかたち』を読む
服部えい子さんによる「風を追う」
生沼義朗さんによる「叙情と想像力」
著者近詠作品10首 笛木智恵美さん「小さき魚」

<書評>
永田和宏歌集『置行堀』梅内美華子さん
遠藤由季歌集『北緯43度』鯨井可菜子さん
田中 綾著『書棚から歌を 二〇一五-二〇二〇』武藤雅治さん
ほか歌集紹介を掲載。

9面
渡辺君子歌集『鹿の来る庭』を読む
恒成美代子さんによる「家族への讃歌」
松尾祥子さんによる「心を澄ませて」
著者近詠作品10首 渡辺君子さん「藤色マスク」

<書評>
坂井修一著『世界を読み、歌を詠む』大森静佳さん
竹中優子歌集『輪をつくる』濱松哲朗さん
大塚洋子歌集『冬のつばさ』室井忠雄さん
鮫島 満著『近現代短歌語詩』川﨑勝信さん
ほか歌集紹介を掲載。

10面
日本歌人クラブ各賞贈呈式―三枝昻之氏らが受賞
埼玉県歌人会春季短歌大会―歌人会賞・新人賞授賞式
小山常光歌集『出会い』批評会
杜澤光一郎氏逝去―『宮柊二・人と作品』で日本歌人クラブ評論賞
ほか作品募集、集会案内を掲載。

11面
<うたとの出会い>122 丸山洋子さん
連載!第3回原発事故被災地のいま―大字誌から考える「復興」 西村慎太郎さん
読者自選一首
新しい本4月~5月

12面
各地リポート
読者の森
編集部より

定期購読は随時受け付けております。
今後ともご愛読のほど、どうぞよろしくお願いいたします。

テーマ:短歌
ジャンル:小説・文学

tag:短歌

月刊「うた新聞」2022年5月号(122号)が出来上がりました!

2022.05.15 12:51|月刊「うた新聞」
みなさん、こんにちは。
月刊「うた新聞」5月号ができあがりました!
本日は沖縄の本土復帰から50年です。

月刊「うた新聞」2022年5月号の特集は
沖縄本土復帰50周年・<いまの思い>を詠う
です。

1面
巻頭作品は福井和子さん「ブラシの木」、大松達知さん「合掌」
巻頭評論は遠藤由季さん「『花の原型』―生身の歌―中城ふみ子・生誕百年」

2面
内藤 明さんによる<短歌想望>「うたの現在」
大辻隆弘さんによる連載!<≪てにをは≫を読む>第26回動きを作る「り」
<遠近画法>藤城 光さん「黴」
<友の歌>会川淳子さん

3面
<今月のうたびと>生田亜々子さん「すばらしい世界」
<ライムライト>嶋 稟太郎さん「全員がライバル」
<私の暮らすまち>扇田淳子さん「寿限無の仏さんやで―奈良県奈良市」
<忘れないために>高尾文子さん「ノートルダム大聖堂の炎上」
<作品時評>三枝むつみさん「侵攻を詠み留める歌」

4面
野地安伯さんによる連載!<吉井勇―その艶生涯の歌>第14回「消息歌(一)」
短歌トラベラー>第14回 小林幸子さん<フィンランド>
玉城徹の歌・第51回 桑原正紀さん「自己を後退させること」

5面
皐月作品集
中藤久子さん「木の芽のひかり」、川口城司さん「逝く春」
内田いく子さん「真珠腫」、百瀬享子さん「カリーの店に」
十鳥敏夫さん「つくし菩薩」、藤倉文子さん「さくら」
佐藤成晃さん「ヴ・ナロード」、黒沼春代さん「夜の桜」
橋本 忠さん「野に遊ぶ」、田土才惠さん「ならまち」
佐藤孝子さん「靴」、山本 豊さん「姫神山」
宮武千津子さん「闌」、後藤秀彦さん「青葉また見む」
松本紀子さん「秋海棠」、中村美代子さん「歌につぶやく」
小林信也さん「紙の本」、和嶋勝利さん「春の錯誤」
小田鮎子さん「勢いが欲し」

6面・7面
沖縄本土復帰50周年・<いまの思い>を詠う
屋部公子さん「緋花」、楚南弘子さん「戦の記憶」
平山良明さん「二度三度死ぬ思い」、永吉京子さん「知命の五月」 
謝花秀子さん「いつか標的に」、當間實光さん「『ひめゆり学徒』終焉の地」
玉城洋子さん「抑止はユクシ」、玉城寛子さん「ミサイルの棘立つ島」
伊志嶺節子さん「闇の向こうに……」、湧稲國 操さん「復帰五十年」
仲間節子さん「辺野古に」、比嘉道子さん「戦争難民」
伊波 瞳さん「PFASの泡」、渡名喜勝代さん「基地の偏り」
仲西正子さん「その訓練は」、名嘉真恵美子さん「さわがしい空」
屋良健一郎さん「唐揚げにレモン」

8面
長野 晃歌集『わが道を行け』を読む
田村広志さんによる「『行け』のポリシー」
小西美根子さんによる「力ある時事詠」
著者近詠作品10首 長野 晃さん「ゲルニカ(三月二十三日詠)」

<書評>
玉城洋子歌集『儒艮(ザン)』今井正和さん
松村正直著『踊り場からの眺め』山崎聡子さん
小谷博泰歌集『オルフェの亜空間』横尾湖衣さん
ほか歌集紹介を掲載。

9面
芝本啓子歌集『金木犀』を読む
藪内眞由美さんによる「言葉を超える言葉」
花 美月さんによる「残る、残される」
著者近詠作品10首 芝本啓子さん「祝いの席」

<書評>
時田則雄著『樹のように石のようにⅡ』大金義昭さん
秋元千惠子作品集『生かされて風花』長瀬和美さん
ほか歌集紹介を掲載。

10面
日本歌人クラブ各賞―三枝昻之氏、久保田登氏らに
前川佐美雄賞、ながらみ書房出版賞
現代歌人協会賞
短歌研究新人賞
小野市詩歌文学賞
現代短歌新人賞表彰式―山木礼子氏が受賞
日本歌人クラブ東北ブロック優良歌集
日本歌人クラブ東海ブロック岐阜大会
ほか結社賞、作品募集を掲載。

11面
<うたとの出会い>121 井上登志子さん
連載!原発事故被災地のいま―地元の歴史を遺すという意義 西村慎太郎さん
読者自選一首
新しい本3月~4月

12面
各地リポート
歌壇ニュース
読者の森
編集部より

定期購読は随時受け付けております。
今後ともご愛読のほど、どうぞよろしくお願いいたします。

テーマ:短歌
ジャンル:小説・文学

tag:短歌

月刊「うた新聞」2022年4月号(121号)が出来上がりました!

2022.04.09 14:06|月刊「うた新聞」
みなさん、こんにちは。
月刊「うた新聞」は今月の2022年4月号で10周年を迎えました。
読者の皆様に心より御礼を申し上げます。

月刊「うた新聞」2022年4月号の特集は
特集①春をうたう~3首+ミニエッセイ~
特集②うた新聞10周年を寿ぐ歌とメッセージ
の二本立てです。

1面
巻頭作品は馬場あき子さん「土手を歩く」、伊藤一彦さん「岩笛」
巻頭評論は島田修三さん「ネアンデルタール雑感―現代短歌とメディア」

2面
新担当!内藤 明さんによる<短歌想望>「二〇二二年三月」
大辻隆弘さんによる連載!<≪てにをは≫を読む>第25回憧れの「らむ」
<遠近画法>大場正人さん「漬物の味」
<友の歌>大朝暁子さん

3面
<今月のうたびと>鈴木加成太さん「光を貸せば」
<ライムライト>中井スピカさん「感熱紙だった夏」
<私の暮らすまち>伊勢方信さん「いかろうがい(よいでしょう)―大分県別所市」
<忘れないために>楠田立身さん「絶句……」
新担当!<作品時評>三枝むつみさん「リアルさは感覚を伝える」

4面
野地安伯さんによる連載!<吉井勇―その艶生涯の歌>第13回「固有名詞の魅力(三)」
短歌トラベラー>第13回 長澤ちづさん<ウイーンからプラハへ>
玉城徹の歌・第50回 今井恵子さん「言い分を聴くということ」
ほか結社賞を掲載。

5面
卯月作品集
小林サダ子さん「冬天の青」、島崎榮一さん「猫」
杜澤光一郎さん「五体投地」、狩集日出男さん「わが事なるに」
宮原 勉さん「瀬戸の早春」、河合真佐子さん「ひいばあちゃん」
千々和久幸さん「春日遅々」、山田 訓さん「ペット・ショップ」
渡辺恵子さん「地球はまるい」、梓 志乃さん「あした天気に」
倉沢寿子さん「飛翔」、光本恵子さん「明日はあるか」
大山敏夫さん「金柑」、木村雅子さん「春の夕ぐれ」
阿木津 英さん「春」、伊藤和好さん「言ふべくもなし」
後藤恵市さん「七十路」、中川佐和子さん「人道回廊」
畑谷隆子さん「相棒」

6面
特集①春をうたう~3首+ミニエッセイ~
温井松代さん「季のままに」、利根川 発さん「白梅」
永井正子さん「春雷」、内田 弘さん「歩道の雪山そして氷柱」 
山下真知子さん「春になれば」、山田富士郎さん「キリマンジャロ」
喜多弘樹さん「鬱々として花」、久我田鶴子さん「雲雀」
吉川宏志さん「探春」、本田一弘さん「制服にほふ」

7面
横山岩男歌集『うたの歳月』を読む
大下一真さんによる「至誠の歌」
糸川雅子さんによる「歳月の手応え」
著者近影作品10首 横山岩男さん「作歌七十年」

<書評>
三枝昻之著『跫音を聴く 近代短歌の水脈』香川ヒサさん
花實鳩山支部合同歌集第五集『百舌のこゑ』丹波真人さん
立花 開歌集『ひかりを渡る舟』平岡直子さん
ほか歌集紹介を掲載。

8面
磯田昭代歌集『知足』を読む
稲垣紘一さんによる「茶の心と歌の心と」
髙畠憲子さんによる「慎ましさと慈愛と」
著者近詠作品10首 磯田昭代さん「ふきのとう」

<書評>
日高堯子歌集『水衣集』前田康子さん
坂井修一著『蘇る短歌』藪内亮輔さん
山木礼子歌集『太陽の横』松村由利子さん
ほか歌集紹介を掲載。

9面
<うたとの出会い>120 金子貞雄さん
新連載!原発事故被災地のいま―歴史が失われた景観 西村慎太郎さん
<歌壇ニュース>
齋藤茂吉短歌文学賞
詩歌文学賞
埼玉県歌人会賞・新人賞
作品募集
集会案内
結社賞
新しい本2月~3月

10面・11面
特集②うた新聞10周年を寿ぐ歌とメッセージ
春日真木子さん・綾部光芳さん・實藤恒子さん・青木陽子さん・秋葉四郎さん
久保田 登さん・林田恒浩さん・久々湊盈子さん・阪森郁代さん・下村すみよさん
平山公一さん・本木 巧さん・藤原龍一郎さん・佐田公子さん・小島ゆかりさん
小塩卓哉さん・小黒世茂さん・桜川冴子さん・鈴木英子さん・千葉 聡さん・田村 元さん
読者自洗一首

12面
いりの舎主催『「大字誌浪江町権現堂」のススメ』出版記念シンポジウム
『「大字誌浪江町権現堂」のススメ』刊行記念トークイベント

各地リポート
歌誌特集号
編集部より

定期購読は随時受け付けております。
今後ともご愛読のほど、どうぞよろしくお願いいたします。

テーマ:短歌
ジャンル:小説・文学

tag:短歌

月刊「うた新聞」2022年3月号(120号)が出来上がりました!

2022.03.18 15:58|月刊「うた新聞」
みなさん、こんにちは。
先日3月16日の地震の被害に遭った皆様に心よりお見舞い申し上げます。
更新が遅くなりまして申し訳ありません。
あっという間に、3月下旬近くになってしまいました。

月刊「うた新聞」2022年3月号の特集は
東日本大震災から11年 いまの思いを詠う
です。

1面
巻頭作品は外塚 喬さん「さがす」、五十嵐順子さん「生まれ月」
巻頭評論は結城千賀子さん「歳月の中で―うたの水脈 ―斎藤茂吉生誕140年」

2面
岩内敏行さんによる<短歌想望>昭和十五年の謎
大辻隆弘さんによる連載!<≪てにをは≫を読む>第24回「き」の完結感
<遠近画法>横浜聡子さん「雪の話」
<友の歌>近藤けい子さん

3面
<今月のうたびと>笹川 諒さん「二月の果て」
<ライムライト>山木礼子さん「飽き性」
<私の暮らすまち>渡辺幸一さん「動物たちを友として―英国ハートレー・ダウン」
<忘れないために>相馬芳子さん「三月の雪」
<作品時評>十谷あとりさん「独自の眼で捉えた歌」

4面
野地安伯さんによる連載!<吉井勇―その艶生涯の歌>第12回「固有名詞の魅力(二)」
短歌トラベラー>第12回 奥村晃作さん<スペイン>
玉城徹の歌・第49回 大崎瀬都さん「生を強むる」
ほか結社賞を掲載。

5面
弥生作品集
曽根篤子さん「あたらしきノート」、江川孝雄さん「冬の海に釣る」
松坂 弘さん「気球」、小林 功さん「その時が来る」
梶田順子さん「寺田寅彦」、小寺三喜子さん「訪ひゆけば」
小川恵子さん「ビュッフェの骨」、柏木節子さん「黙黙」
浜口美知子さん「川場村と江口きち」、田中成彦さん「早春の膳」
森 藍火さん「恋物語」、小松 昶さん「国境なき医師団(MSF)」
中津昌子さん「莟」、山下 泉さん「鯨雲」
風野瑞人さん「いのちの巣の跡」、斉藤 蒔さん「春隣」
井上美津子さん「子犬のワルツ」、中島千加子さん「Meditation」
染野太朗さん「雲は有形」

6面・7面
東日本大震災から11年 いまの思いを詠う
八重嶋 勲さん「『風の電話』は」、熊谷淑子さん『渚の向こう』
熊谷龍子さん「プレートの上で」、斉藤 梢さん「いつまで」
山本秀子さん「友の明るさ」、山口明子さん「震災前・震災後」
大友圓吉さん「蒲生干潟」、佐藤通雅さん「筆先」
伊藤誠二さん「原発事故へ備えよ」、波汐國芳さん「地獄渡し場」
吉田信雄さん「強く生きなむ」、佐藤輝子さん「樹下に」
小林真代さん「考へる時間」、市野ヒロ子さん「列」
片岡 明さん「春が近づく」、藤田美智子さん「白き芽」
伊藤正幸さん「『閖上風土記』」、大谷湖水さん「津波警報」
中根 誠さん「桃太郎の川」、田中拓也さん「静かに星は」

8面
西久保征史歌集『畳屋その後』を読む
三友さよ子さんによる「短歌(うた)が運ぶ幸せ」
小澤 昇さんによる「矜持と畏敬と愛」
著者近影作品10首 西久保征史さん「江戸東京建物園」

<書評>
春日真木子歌集『ようこそ明日』香川ヒサさん
高島 裕歌集『盂蘭盆世界』森本 平さん
吉田惠子歌集『常磐線特急ひたち』小林幸子さん
ほか歌集紹介を掲載。

9面
横山葉子歌集『酒蔵』を読む
城 俊行さんによる「醸し出される命」
小林敦子さんによる「温かな生活感」
歌集より作品10首 横山葉子さん『酒蔵』より

<書評>
恒成美代子歌集『而(しかう)して』平林静代さん
佐藤モニカ歌集『白亜紀の風』春日いづみさん
巻 桔梗歌集『神籬の森』中島行夫さん
ほか歌集紹介を掲載。

10面
<書評>『馬場あき子全歌集』尾崎まゆみさん
歌集紹介

11面
<うたとの出会い>119 松本千恵乃さん
第33回歌壇賞授賞式
朝日賞―俵万智氏が受賞
大岡信賞―小島ゆかり氏に決定
歌誌特集号
新しい本1月~2月

12面
各地リポート
作品募集
集会案内
企画展
編集部より

定期購読は随時受け付けております。
今年もご愛読のほど、どうぞよろしくお願いいたします。
月刊「うた新聞」は来月の2022年4月号で10周年を迎えます。
読者の皆様に心より御礼を申し上げます。
今後ともよろしくお願い申し上げます。

テーマ:短歌
ジャンル:小説・文学

tag:短歌

月刊「うた新聞」2022年2月号(119号)が出来上がりました!

2022.02.20 18:46|月刊「うた新聞」
みなさん、こんばんは。
更新が遅くなりまして申し訳ありません。
あっという間に、2月下旬になってしまいました。

月刊「うた新聞」2022年2月号の特集は
私のまちの冬をうたう~新作7首+エッセイ~
です。

1面
巻頭作品は伝田幸子さん「雪の余情」、佐保田芳訓さん「多摩川残照」
巻頭評論は田宮朋子さん「「多磨」から受け継ぐもの―北原白秋没後八十年」

2面
岩内敏行さんによる<短歌想望>該当作なし
大辻隆弘さんによる連載!<≪てにをは≫を読む>第23回 今を意識させる「き」
<遠近画法>市川恵子さん「想像力の時代」
<友の歌>白井陽子さん

3面
<今月のうたびと>みかみ 凜さん「うみねこ」
<ライムライト>小野田 光さん「原点はブロッコリー」
<私の暮らすまち>大嶽洋子さん「雪のふるまち」
<忘れないために>園田昭夫さん「まずは、隗より」
<作品時評>十谷あとりさん「自分自身のことばで」

4面
野地安伯さんによる連載!<吉井勇―その艶生涯の歌>第11回「固有名詞の魅力」
短歌トラベラー>第11回 沢口芙美さん<ネパール>
玉城徹の歌・第48回 柚木まつ枝さん「多摩高時代の玉城先生」

5面
如月作品集
女屋かづ子さん「淀の水沫」、上総和子さん「ひひらぎ」
中村キネさん「雪の日日」、山野吾郎さん「総の海」
佐藤東子さん「わが衣更着信」、巻 桔梗さん「枝垂れ梅」
山本雪子さん「フラワー」、内藤ます子さん「四日目の月」
横尾邦光さん「師走の満月」、佐藤靖彦さん「葦刈」
大原清明さん「雪の洞爺」、井上槇子さん「山裾の池」
恩田英明さん「Oldies」、黒沢 忍さん「凹み」
安池菊夫さん「鈴川」、山谷英雄さん「くれなゐ」
小見山 泉さん「魂を呼ぶ」、松本典子さん「架空の貨車」
小林幹也さん「ダミアの旧譜」

6面・7面
私のまちの冬をうたう~新作7首+エッセイ~
五百川紘子さん「海峡」、菊池哲也さん「雪とリンゴと大谷翔平」
松村敏子さん「冬の日」、野村喜義さん「冬のわが里」
綾部光芳さん「秩父の冬」、永田 淳さん「洛北岩倉」
高崎淳子さん「ある冬の日」、久保美洋子さん「雪降るは稀」

8面
實藤恒子歌集『氷上の舞』を読む
大熊俊夫さんによる「勁く生き、詠う」
桜井京子さんによる「愚直こそ誉れ」
作品10首 實藤恒子さん「かくも鮮烈」

<書評>
外塚 喬歌集『鳴禽』楠 誓英さん
坂井修一著『森鷗外の百首』山田 航さん
山本和夫著『絹の道』清水亞彦さん
ほか歌集紹介を掲載。

9面
安藤チヨ歌集『遺されて』を読む
井上菅子さんによる「自己観察の歌」
高貝次郎さんによる「心の重さ素直さを編む」
著者近詠 安藤チヨさん『あきらめの音』

<書評>
川野里子歌集『天窓紀行』富田睦子さん
松尾祥子歌集『楕円軌道』鶴田伊津さん
高崎淳子歌集『あらざらむ』杉本信道さん
山崎聡子歌集『青い舌』ユキノ 進さん
ほか歌集紹介を掲載。

10面
<エッセイ>―陶芸の魅力
小山常光さん「創造の醍醐味」
結社賞
読者の森

11面
<うたとの出会い>119 荻本清子さん
追悼・真鍋正男
読者自選一首
歌誌特集号
新しい本12月~1月

12面
各地リポート
集会案内
作品募集
歌誌特集号
訃報
編集部より

定期購読は随時受け付けております。
今年もご愛読のほど、どうぞよろしくお願いいたします。
月刊「うた新聞」は2022年4月号で10周年を迎えます。
読者の皆様に心より御礼を申し上げます。

テーマ:短歌
ジャンル:小説・文学

tag:短歌