fc2ブログ
06 | 2022/07 | 08
-
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

irinosha

Author:irinosha
下北沢にある詩歌・文芸出版社
いりの舎のブログへようこそ。
下北沢駅南西口から徒歩3分ぐらいの場所にあります。
電話:03-6413-8426
FAX:03-6413-8526
ホームページ:http://irinosha.com/
E-mail:chumon☆irinosha.com
にて注文を受け付けております。
実際にメールを送る際には、☆を@に変更してお送りください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

藤田貴佐代・第5歌集『雪消水』が出来上がりました!

2022.06.23 17:04|刊行情報
みなさん、こんにちは。本日2冊目の新刊紹介です。

新日本歌人常任幹事会・副代表を務め、
同人誌「炎」「丹青」会員の藤田貴佐代さんの第五歌集『雪消水』

が出来上がりました!

藤田貴佐代歌集『雪消水』

新日本歌人叢書第647篇

1965年、23歳で新日本歌人協会に入会し、間もなく常任幹事に就いた著者。
今年、没後50年を迎える渡辺順三の精神を受け継ぎ、反戦と世界平和をめざして短歌を詠み続ける藤田貴佐代の、『花の渇き』以後、7年間の作品を収めた第5歌集。(「帯」より)

 
●歌集より5首
敗戦とともに滅びし「満州」の傀儡国家の悲哀史をゆく
民主主義をつらぬく歌誌の高齢化 担い手不足にコロナ追い打ち
尖閣諸島を飛ぶ中国の無人機も偵察するとグローバルホーク
働き手学ぶ大学この日々のありてこそ喜寿 子らを頼らず
主張とはかくも美し雨の中 気高き色を誇りて薔薇は

四六判上製カバー装192頁
装幀:南 一夫
定価:2,750円(本体2500円+税10%)

テーマ:短歌
ジャンル:小説・文学

tag:短歌

脇 直人歌集『有悠無憂』が出来上がりました!

2022.06.23 16:46|刊行情報
みなさん、こんにちは。今日は沖縄慰霊の日ですね。
日々考え続けようと思います。

脇 直人さんの遺歌集『有悠無憂』ができあがりました!

脇直人歌集『有悠無有』

遺されたノートの数千・万に及ぶ短歌に目を通しているうちに、これらの歌は父の人生そのもの、彼の気持ちそのものなんだと、何となくこのまま捨て置くわけにもいかないなと言う気持ちになりました。(脇 英太郎「編集後記」より)
 
●歌集より5首
ま向かひのビル屋上に少女ゐて海にむきつつ手をふりにけり
丹念に母が賜ひし便りなればよみかへしつつひと日机上に
ひとひとりいまし放ると鐘たたく夏の夜ふけをわれはみたりし
しとしとと雨降るゆゑにけふの日は汝を想はむ兵士なれども
百歳は今し過ぎゆくくる年も行方も知らぬ小舟を漕ぐか

A5判上製カバー装208頁
定価:2,750円(本体2500円+税10%)

テーマ:短歌
ジャンル:小説・文学

tag:短歌

北 博子・第1歌集『川の流れ』が出来上がりました!

2022.04.05 18:37|刊行情報
みなさん、こんにちは。あっという間に4月ですね。
本日2冊目の新刊紹介です。

「国民文学」に所属する北博子さんの第一歌集『川の流れ』
が出来上がりました!

北博子『川の流れ』

国民文学叢書第599篇

作者の歌は、どちらかと言えば即物的で、表面的な甘さはなく、極端に感傷が抑えられている。割り切って、腹をくくって人生を歩んできたという風格が魅力の形で歌の背後に潜むのであろう。
(永井正子「序」より)

 
●歌集より5首
われにいふ言葉の意味はわからねど頷くたびに夫の眼わらふ
雷光の射し入る瞬の庭の枝に小さき蛙のまなこ閉ぢをり
藤の花桐の花へと季(とき)うつり雨降る窓にむらさき滲む
雪しづる音こだまして杉谷にわが運転の視界を塞ぐ
薄ら氷の田に点々と小石めく鴨の幾羽が首埋めて並む

四六判上製カバー装192頁
序:永井正子
装幀:君嶋真理子
定価:2,750円(本体2500円+税10%)

テーマ:短歌
ジャンル:小説・文学

tag:短歌

堅田律子・第1歌集『観音寺』が出来上がりました!

2022.04.05 18:21|刊行情報
みなさん、こんにちは。あっという間に4月ですね。

「朔日」に所属する堅田律子さんの第一歌集『観音寺』
が出来上がりました!

堅田律子『観音寺』

朔日叢書第115篇

故郷は誰にとっても懐かしい。とくに若くして故郷を離れた人ほど、愛着のあるものだ。『観音寺』の著者である堅田律子さんは、香川県観音寺市の隣町の三豊市生れである。すでに上京して半世紀も経っているが、常に心の裡には生まれ故郷の風景を抱いていると言ってもよいだろう。(外塚 喬「序」より)

●歌集より5首
駅の名は観音寺(くわんのんじ)にあらず<くわんおんじ>と放送されて故郷(さと)にちかづく
特急は<潮風(しほかぜ)>なれど潮騒も聞かずに帰る墓参終はれば
曲玉(くせだま)をやんはり逸らす夫ありて保たれてゐるふたりのくらし
元気かとたまにメールのくる息子忘れさうなりおまへのこゑを
しびれある手に書きくるる瀬戸内の潮の香のこるあなたの手紙

四六判上製カバー装204頁
序:外塚 喬
装幀:南 一夫
定価:2,750円(本体2500円+税10%)

テーマ:短歌
ジャンル:小説・文学

tag:短歌

色井靜代・第一歌集『風吹くままに』が出来上がりました!

2022.03.24 20:15|刊行情報
みなさん、こんにちは。あっという間に3月下旬ですね。
そんな中、今日は新刊紹介です。

埼玉県歌人会会員、「地中海」、「百代草短歌会」に所属する
色井靜代さんの第一歌集『風吹くままに』

が出来上がりました!

色井靜代『風吹くままに』
地中海叢書第944篇

色井さんはまだまだ先があるので好きなように歌っていって欲しいと思う。第一歌集迄の期間は長かったが、きっとすぐに次の歌集を出したい気持ちになるのではなかろうか。(関根榮子「跋」より)

●歌集より5首
あしび咲く森を歩めばコトコトと臆病風が吹き抜けてゆく
いくたびも児童の反応めぐらせて明日の授業に心おどらす
始業の日歯ばかり白き児童等の夏の最中にひきもどさるる
風吹かば風吹くままにゆらゆらと過ごすも良しと縄文杉の
水をつけ「魔法の油」とおさげ髪結いくれし母の手なつかしむ

四六判上製カバー装184頁
装幀:南 一夫
非売品

テーマ:短歌
ジャンル:小説・文学

tag:短歌