FC2ブログ
02 | 2020/03 | 04
-
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

irinosha

Author:irinosha
下北沢にある詩歌・文芸出版社
いりの舎のブログへようこそ。
下北沢駅南口から徒歩3分ぐらいの場所にあります。
電話:03-6413-8426
FAX:03-6413-8526
ホームページ:http://irinosha.com/
E-mail:chumon☆irinosha.com
にて注文を受け付けております。
実際にメールを送る際には、☆を@に変更してお送りください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

内田 弘・第5歌集『漂泊の街』が出来上がりました!

2020.03.28 16:32|刊行情報
みなさん、こんにちは。
今日は新刊2冊目の紹介です。

「新アララギ」「トワ・フルール」で活動する内田弘さんの
平成25年以降の6年間の作品より421首を自選した
第5歌集『漂泊の街』

が出来上がりました!

内田弘歌集『漂泊の街』


トワ・フルール叢書4

北の190万都市札幌に住み、季節の巡りに、日々の生活を表現する第5歌集。老いに目を逸らすことなく、日常をつぶさに詠む。また、きなくさくなる現状、原発の放射能にも視点を据えた最新の歌集である。

●歌集より5首
滴りて光を受ける氷柱(ひょうちゅう)が北の庇(ひさし)で今日も太りぬ
人と時間が行きつ戻りつ地下街の吾はいつも漂泊のなか
蛍烏賊(ほたるいか)を食いたる後を巷ゆくネオンの酒場に我らも光れ
人前に晒す社(やしろ)に願い札が七月の風にひらり反転
平成の凧は次第に右傾して共謀罪の罠に嵌(は)まるか

四六判上製カバー装・200頁
装幀:南 一夫
定価:2,500円+税
送料:200円

佐藤水人里・歌文集『凍てつく銀河―拓北農兵隊の子として』が出来上がりました!

2020.03.28 16:23|刊行情報
みなさん、こんにちは。
桜は満開ですが、新型コロナウイルスの影響で自粛の日々ですね。
くれぐれもお大事にお過ごしください。

今日は新刊のお知らせです。
戦後七十余年を経て、いまだに鮮明な記憶として立ち上って来る
拓北農兵という稀有な体験をまとめた
佐藤水人里さんの歌文集『凍てつく銀河―拓北農兵隊の子として』

が出来上がりました!

佐藤水人里歌文集『凍てつく銀河』


戦争の最末期に「拓北農兵隊」が募集され、戦災で生活を失った人々を帰農させようと、北海道の未開拓地に農兵列車で送り込まれた人々があったことをこの歌集によって知った。当時の記憶を文章まじえて綴ったこの歌集は、七〇余年前に悲惨な運命を歩まされた少女時代の貴重な記憶であり、涙ぐましく優しい抒情の声である。(馬場あき子「帯」より)

●歌集より5首
臨月の母がつぶやく「コンナ センソウ」幼くて知る秘密のことは
火の絶えし部屋はさまざま凍る音醬油の瓶の今割れる音
立ち止まれば我は氷柱になるならんひたすら月下の雪道歩む
晴れた日はユリ根探して雪原を父さまよえりスコップ担ぎ
もう何も食べない母にホッとしぬ時折かくれて烈しく泣きぬ

四六判上製カバー装・136頁
帯:馬場あき子
解説:川野里子
装画:田中薫子
装幀:南 一夫
定価:1,800円+税
送料:200円

安藤春美第二歌集『浅き春の日』が出来上がりました!

2020.03.19 17:08|刊行情報
みなさん、こんにちは。
桜の便りもちらほらと聞こえてきますね。
今日は新刊のお知らせです。

平成25年3月から令和元年11月までに発表した作品より329首を収めた
安藤春美さんの第二歌集『浅き春の日』
が出来上がりました!

安藤春美歌集『浅き春の日』

国民文学叢書第587篇

沿線に戦ぐみどりの麦畑濃き穂の色に稔りの近し
著者の住む稲沢は愛知県の北西部にあり、濃尾平野の中央部である。田園風景を車窓に見つつ、名古屋都心の職場に通う日常や、家族らとの交流が新鮮な感覚で作品化されている。今後の発展を心から期待してやまない。(青木陽子「帯」より)


●歌集より5首
蟻の巣のやうな地下街黙々と列なし人ら職場に向かふ
卒業の写真の吾に娘の似たり遠き先など見ざりし眼(まなこ)
紗の幕をおとしたるごと梅雨明けの車窓の景の際やかなりき
凍て空に昼月淡し古里の母息災の時の長かれ
垂れこむる雲より小雪きさらぎの浅き春の日娘の嫁ぎたり

四六判上製カバー装・208頁
帯:青木陽子
装幀:南 一夫
定価:2,500円+税
送料:200円

舩﨑文子・第一歌集『秋海棠』が出来上がりました!

2020.03.10 20:17|刊行情報
みなさん、こんばんは。
きょうは新刊のお知らせです。

2010年に花實功労賞を受賞した舩﨑文子さんの
1979年から2001年に発表した作品より550首を収めた
第一歌集『秋海棠』
が出来上がりました!

舩﨑文子歌集『秋海棠』

花實叢書第171篇
花實創刊80周年記念出版10篇


舩﨑短歌は素直な表現で読者がすらっとその世界に入ってゆける。難解な言葉もない。奇を衒うこともない。対象を真摯に捉え、生きた証を残している。(利根川 発「跋」より)

●歌集より5首
夏休みに来るとふ電話孫子等の箸など揃へ待つ間の長し
一目一目吾が手に成れる茶のセーター終日着をり温きと夫は
朝なさな向かふ武甲嶺いただきに石灰石のあらはなる様
小海線を見たしと思ひつひに来つ秩父事件の終末の地ぞ
緑なす植木のさやぐ庭隅を秋海棠の一叢彩ふ

四六判上製カバー装・232頁
跋:利根川 発
装幀:君嶋真理子
定価:2,500円+税
送料:200円

本多俊子第一歌集『からから揺れき』が出来上がりました!

2020.02.11 20:29|刊行情報
みなさん、こんばんは。
あっという間に2月も中旬ですね。
そんななか、新刊のお知らせです。

2018年に花實新人賞を受賞した本多俊子さんの2009年から10年間に発表した作品より520首を収めた第一歌集『からから揺れき』が出来上がりました!

本多俊子歌集『からから揺れき』

花實叢書第168篇
花實創刊80周年記念出版7篇

決して難解な言葉はない。えらぶった詠み方もしない。表現力が備わっている。読んでいて本多短歌の清澄な世界に引き込まれてしまう。(利根川 発「跋」より)

●歌集より5首
一合の米研ぎてある炊飯器そのままにして母は逝きたり
夫と娘と足伸ばしあひ語りあふ踊り子号のボックス席に
ガイド指す砂漠の彼方の蜃気楼バスの窓辺にひた顔を寄す
教へ子と再会の日を赤丸に大きく印せり壁の暦に
春の庭めぐりて朝の風はつか編笠百合の揺らぎやはらに

四六判上製カバー装・232頁
跋:利根川 発
歌碑に寄せて:齋藤 研
装幀:君嶋真理子
装画:本多文樹
定価:2,500円+税
送料:200円