FC2ブログ
01 | 2019/02 | 03
-
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
プロフィール

irinosha

Author:irinosha
下北沢にある詩歌・文芸出版社
いりの舎のブログへようこそ。
下北沢駅南口から徒歩3分ぐらいの場所にあります。
電話:03-6413-8426
FAX:03-6413-8526
ホームページ:http://irinosha.com/
E-mail:chumon☆irinosha.com
にて注文を受け付けております。
実際にメールを送る際には、☆を@に変更してお送りください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

中村とき第3歌集『大震災・前後』が出来上がりました!

2019.02.21 18:33|刊行情報
本日二冊目の新刊のご案内です。
東日本大震災後、数年に及ぶ仮設住宅の生活に耐え、
本年2月に99歳を迎えた中村ときさんの第三歌集『大震災・前後』

が出来上がりました! 
中村とき歌集『大震災・前後』

歩道叢書
生涯に三度の巨大津波を経験している著者は、家屋等一切を津波にのまれながらも、九十一歳の叡智によって命をまもり、六年余仮設住宅の不自由にも耐え、元気に新居に落ちつき、九十八歳の日々を迎えている。その間の、そのすべてを失った悲哀、苦渋、姉妹甥との別れ、涙、周囲へのいたわり、肉親の絆、支援への感謝等々、短歌に詠い、エッセイに残した貴重な記録。よくも詠い、書き残してくれたという感謝と同門の誇るべき九十八歳の快挙として世に送り、清鑑を希う次第である。
―――秋葉四郎「帯」より


●歌集より5首
巨大津波火事と津波に怯えつつ寒き一夜の明くるをただ待つ
わが思考持たざるままに導かれヘリに乗らんと運ばれてゆく
ことごとく瓦礫となりしわが浜に雪降りしきる視界のなきまで
窓破れ屋上に物の上るたるわが家の無惨こゑあげて泣く
根をさらし津波に耐えし椨(たぶ)の木の下にて君といのちを語る

四六判上製カバー装・284頁
帯文:秋葉四郎
装幀:南 一夫
定価:2,500円+税
送料:サービス

中村ときさんの歌集『大震災・前後』は、いりの舎へ直接注文以外に、
Amazonでもお買い求めいただけます。

村松とし子第1歌集『奥明日香』が出来上がりました!

2019.02.21 18:24|刊行情報
みなさん、こんばんは。
今日は新刊のご案内です。

「歩道」に所属し、三重県歌人クラブ作品賞、三重県文化新人賞を受賞した
村松とし子さんの第一歌集『奥明日香』 
が出来上がりました!

村松とし子歌集『奥明日香』

歩道叢書
作者は歴史・文化・伝承に深い関心を抱き、自身の住む郷土はもちろんのこと、
全国のさまざまな古跡をつぶさに訪ね、その詠嘆が皆みずみずしい。
作者の造詣・叡智が作者の影としてどの作品にもつよく響いているからである。(秋葉四郎「帯」より)


●歌集より5首
子に送る草餅をつく寒の日に春の香りのわが家に充つ
奥明日香に入りゆく谷を渡らせる太き男綱の四手風に揺る
手ふるれば崩れさうなる岩の壁この道なりて千余年過ぐ
参道に玉石のおと響かせて神馬御前に姿よく立つ
わが摘みて手揉みをしたる新茶にて厨に充つる香りの深し

四六判上製カバー装・200頁
帯文:秋葉四郎
装幀:南 一夫
カバー写真:村松幹久
定価:2,500円+税
送料:164円

小島美智子・第1歌集『湖畔抄』が出来上がりました!

2019.01.28 17:20|刊行情報
1月も最終週になりました。いかがお過ごしでしょうか。
今日は新刊のお知らせです。

歌誌「潮音」「潮」に所属する小島美智子さんの
平成元年からの作品をまとめた第一歌集『湖畔抄』 

が出来上がりました!

小島美智子歌集『湖畔抄』


鷺草に女三の宮や浮舟を思う著者は、かつての<文学少女>。そして鶺鴒の尾をタクトと見、冬の星座にピチカートを連想する音楽好きの詩人である。
愛してやまない函館・大沼特定公園の湖畔、森、そこに憩う鳥など、自然を優しく包んで詠む。一方では電話を忘れてプールの水をけり上げるという「文学少女」らしからぬ意表をつく歌もあり、爽やかで味わい深い歌集である。(平山公一「帯」より)


●歌集より5首
長旅の毛繕ひの白鳥冬の陽に一羽がうたへばまた一羽うたふ
透明なプールの水をけり上げる今朝の電話は忘れてゐます
午後になり会話の戻る野分あと鶺鴒の尾がタクト振りたり
子が使ひ孫いま使ふ顕微鏡「金魚の鱗」の標本いづこ
水面に姿映して羽ばたける白鳥の羽より金色のひかり

四六判上製カバー装・216頁
序・帯文:平山公一
カバー写真:小島栄樹
定価:2,500円+税
送料:164円

利根川 発・第18歌集『冬の蒼穹』が出来上がりました!

2019.01.22 18:38|刊行情報
みなさん、こんばんは。
大寒に突入しておりますが、いかがお過ごしでしょうか。
今日は新刊のお知らせです。

歌誌「花實」発行人の利根川発さんの
平成26年9月から平成28年12月までの作品485首を収録した
第十八歌集『冬の蒼穹』
が出来上がりました!

花實叢書163篇・花實創刊80周年記念出版2篇

利根川発歌集『冬の蒼穹』

鋸屑(のこくづ)をあびつつ梅の高枝剪り眼(まなこ)あくるに冬の蒼穹

から集名を付けました。少し歯の浮くような集名かもしれませんが、田舎の冬空の深く澄んだ蒼は、特に冬がすばらしい。雲一つない、どこまでも吸い付けられるような蒼穹は私だけのものです。(あとがきより)

●歌集より5首
蔕の刺指にさやりてまた痛し紫紺の茄子を摘む朝の畑
里芋の葉は枯れ初めて水を欲る夕べの風に葉を振りながら
瞳孔を開く薬にぼやけたる視界に書けり歌の数首を
細く長き蠟燭の灯を吹き消せり八十路祝がるる我の生日
ミニトマトの茂りの影に暑を避けて赤きを二つ三つ頬張る

四六判上製カバー装・192頁
装幀:君嶋真理子
定価:2,500円+税
送料:164円

古川よし第一歌集『似顔絵』が出来上がりました!

2019.01.07 17:40|刊行情報
新年あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

2019年最初のお知らせです。

「歩道」に所属する古川よしさんの昭和61年から平成28年までの作品をまとめた
第一歌集『似顔絵』が出来上がりました!

※よし(よしの字は、しめすへん+其)
古川棋歌集『似顔絵』


離れ住む孫の書きたる似顔絵に夫とわれの特徴のあり
福島県船引町に住む著者は、現実に怯むこと無く短歌を友として堂々と生きる姿が本集の抒情を貫いている。(秋葉四郎・帯より)


●歌集より5首
朝早く水見廻りし峡の田に鶯鳴けり水にひびきて
春彼岸詣づる墓地の坂の道逢ふ人のみな親しかりけり
雪積みて凍てし狭庭に黄緑の色やはらかき蕗のたう摘む
母呼べどかすかに口元動くのみひと言にてよし声をききたし
原発より四十五キロのわが家に気持ち安らぐことなく過す

四六判上製カバー装・284頁
帯文:秋葉四郎
装幀:南 一夫
装画:古川 哲
定価:2,500円+税
送料:164円