FC2ブログ
03 | 2019/04 | 05
-
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール

irinosha

Author:irinosha
下北沢にある詩歌・文芸出版社
いりの舎のブログへようこそ。
下北沢駅南口から徒歩3分ぐらいの場所にあります。
電話:03-6413-8426
FAX:03-6413-8526
ホームページ:http://irinosha.com/
E-mail:chumon☆irinosha.com
にて注文を受け付けております。
実際にメールを送る際には、☆を@に変更してお送りください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

高橋協子・第9歌集『長屋門』が出来上がりました!

2019.04.15 16:29|刊行情報
みなさんこんにちは。
東京は葉桜になってきました。
今日は新刊のお知らせです。

「作風」で選歌・編集・運営委員を務める高橋協子さんの
第九歌集『長屋門』が出来上がりました!


高橋協子歌集『長屋門』

作風叢書第152篇

生地横浜への小さな旅と、ふるさと加賀金沢を詠った長歌「長屋門」を歌集巻末に収めました。二つのふるさとへの思いがこもごもに鳴り合って、私の身の裡に優しいハーモニーを奏でてくれます。(あとがきより)


●歌集より5首
雪みちの狭きを車に擦れ違ふときに会釈せり助手席同士
今生の花のいのりの重からむ地に擦るまでに枝垂れ緋ざくら
揚げひばりこゑを零してしろがねの空に句点となりて消えたり
千羽の鳥翔びたちたれば止まり木は電線に戻り夜空に紛る
をさな日のわれに会ひたく出で来たる横浜の街に異邦人となる

四六判上製カバー装・232頁
装幀:南 一夫
定価:2,500円+税
送料:164円

田中ミハル第一歌集『真鍮の鍵』が出来上がりました!

2019.04.10 11:32|刊行情報
みなさんこんにちは。
今日の東京は冬のような寒さです。

今日は新刊のお知らせです。
歌誌「塔」に所属する田中ミハルさんの第一歌集
『真鍮の鍵』
が出来上がりました!

田中ミハル歌集『真鍮の鍵』

塔21世紀叢書第329篇

一冊の歌集のなかで、これほど多くの土地が出てくるのはめずらしい。グローバルなのだが、これはみな、やむをえず巻き込まれての移動である。にもかかわらず妙にしっかりと土地や対象をつかんでくる。田中さんは土地、風土を開けていく鍵を持っているかもしれない。(花山多佳子・帯より)

●歌集より5首
送電線父が引きしといふ島よ 船のはるかに青き影あり
砂漠よりふりかへり見るブルジュ・ハリファ小さき鉛筆のごとくたちをり
砂漠よりかへりし幼ら競ひいで傘さし開ける杉の雨だれ
をみな子が怖いといひて投げすてるまつぼつくりは黒き口あく
母われはただ娘(こ)の話をきくために長き時間を機に乗り来たり

四六判上製カバー装・204頁
帯・解説:花山多佳子
装幀:花山周子
定価:2,600円+税
送料:164円

馬場あき子著『与謝野晶子論』が出来上がりました!

2019.03.20 16:40|刊行情報
みなさん、こんにちは。
桜前線とともに馬場あき子さんの『与謝野晶子論』 が出来上がりました!

馬場あき子が「かりん」を創刊後まもなく執筆した『鑑賞与謝野晶子の秀歌』を改訂、新たな年譜を付し、『与謝野晶子論』として待望の復刊!

馬場あき子著『与謝野晶子論』

晶子が一貫して主張したものは、芸術とは何か、という問いに対するきわめて大らかな回答であった。
晶子の作品評価は、近代短歌だけでなく、現代短歌の、そして日本の和歌の伝統が将来に生きてゆくために、より多面的に検討し、理解しなければならない問題を、なお宝庫のように秘めもっている 「あとがき」より

目次より
総合評価のまたれる歌人/『みだれ髪』の世界/『小扇』から『恋衣』への時代/『舞姫』『夢之華』の時代/『常夏』の時代/『佐保姫』の時代/明治末期の晶子の奮闘/巴里帰りの晶子/激動の時代の火の鳥の女/晶子の昭和期


四六判並製カバー装・276頁
装幀:片岡忠彦
定価:1,800円+税
送料:特別サービス

桑島久子・第一歌集『花菖蒲と宮森』が出来上がりました!

2019.03.19 18:02|刊行情報
みなさん、こんばんは。
今日は新刊のお知らせです。

歌誌「歩道」に所属し、平成2年から27年までの作品を収録した
桑島久子さんの第一歌集『花菖蒲と宮森』
が出来上がりました!

桑島久子歌集『花菖蒲と宮森』
歩道叢書

行く末を思へば不安限りなしされど歌にてこころを保つ
静岡から福島の神官のご主人の許に嫁ぎ、作歌を始めた後半生が歌集の主な背景になっている。人の一生にはさまざまな苦難があるのが常で、桑島さんの身辺も決して平坦ではなく、その上に東日本大震災が降りかかり、近くの原発事故、セシウムの線量不安も身近に体験し、切実な日々を過ごした。(秋葉四郎・帯より)

●歌集より5首
菖蒲咲き花々映る田の堀に鎌磨ぐ音の低く伝はる
山畑にブルーベリーを摘み終へて大気を深く吸ひて帰り来
原発の事故にて怖れこの町を離れし人ら声なく戻る
老いたりと自覚なけれど御辞儀するときに体のたびたびゆらぐ
一日に三往復があるのみの過疎の生地に空(から)のバス行く

四六判上製カバー装・304頁
装幀:南 一夫
定価:2,500円+税
送料:特別サービス

市野ヒロ子第2歌集『天気図』が出来上がりました!

2019.03.01 13:03|刊行情報
みなさん、こんにちは。
今日から3月ですね。
まもなく東日本大震災から8年が経とうとしています。

今日は新刊のお知らせです。

「八雁」に所属し、2007年から2018年にかけて約10年間の作品をまとめた
福島県いわき市出身の市野ヒロ子さんの第二歌集『天気図』
が出来上がりました!

市野ヒロ子歌集『天気図』


基幹産業の炭鉱業衰退、閉山相次ぎ、再生をめぐって揺れ動く磐城の町に少女期を過ごした市野ヒロ子にとって、三・一一の大津波と原発事故とは身を抉る苦痛だった。政策のままに翻弄される民びとを悲しみ、草木・小動物をも敏感な感覚をもってとらえ、現実のすがたを彫り上げる。そこには人なつかしいユーモアも一筋流れている。―――阿木津 英「帯」より

●歌集より5首
曳く犬を叱りてフツウニ歩キナサイ 普通の歩き方とはいかに
天道虫つまむ指(および)に伝はり来(く)逃れむとする虫の力は
大地震(なゐ)に果てし骸(むくろ)の捨て置かれ放射線日日ふりそそぎたり
万億の民の嘆きのにじむごと木枯しのそら夕焼けくらし
庭先の鉢にふうせんかづらの実とほき韻(ひび)きをふふむがごとく

四六判上製カバー装・216頁
帯文:阿木津 英
装幀:倉本 修
定価:2,500円+税
送料:164円