03 | 2018/04 | 05
-
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

irinosha

Author:irinosha
下北沢にある詩歌・文芸出版社
いりの舎のブログへようこそ。
下北沢駅南口から徒歩3分ぐらいの場所にあります。
電話:03-6413-8426
FAX:03-6413-8526
ホームページ:http://irinosha.com/
E-mail:chumon☆irinosha.com
にて注文を受け付けております。
実際にメールを送る際には、☆を@に変更してお送りください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

國分道夫第1歌集『武骨なる手』が出来上がりました!

2018.03.16 20:13|刊行情報
みなさん、こんばんは。
桜の開花のニュースもちらほらと聞かれるようになりました。
そんななか、新刊のご案内です。

歌誌「響」の編集委員を務める
國分(くにぶ)道夫さんの第一歌集『武骨なる手』
 

が出来上がりました!

國分道夫歌集『武骨なる手』

響叢書第36篇
この歌集からは、ことの本質を見極めようとする著者の鋭い眼差しを強く感じる。うっかりすると読み飛ばしてしまいそうな著者の作品のなかに、しばしばことの真実が隠されていることに読者は気付くべきであろう。(綾部光芳「跋」より)

●歌集より5首
現金の不突合(ふとつがふ)かと思ひみる銀行内部は夜半に明るき
妻幸子何か言揚げあるらしもわが酔ひをみて言葉をたたむ
マンションの管理に就きて五年過ぐかかる仕事にも秘密の多し
あかぎれの疼けば父を思ふなり農に荒れたる武骨なる手を
いにしへも今も嵩ある人らはもやまぶきいろを好みたるべし

四六判上製カバー装・204頁
跋文:綾部光芳
定価:2,500円+税
送料:164円

宮田和美第2歌集『舞鶴草のはなびら』が出来上がりました!

2018.02.22 11:46|刊行情報
みなさん、こんにちは。
梅の花も咲いて、春の訪れを感じるこの頃です。

そんな中、「日月」所属の
宮田和美さんの第二歌集『舞鶴草のはなびら』
が出来上がりました!

宮田和美歌集『舞鶴草のはなびら』

日月叢書第57番
第一歌集出版から約三年。「日月」に所属する著者の第二歌集。

ロードレース、マラソン、登山等の危険な体験を経てのち、三年前に歌誌「日月」に拠った作者の第二歌集。作者はあとがきにこうしるす。「ほんたうのあゆみはここからではないか」と。然し「短歌という代物」もなかなかに手強い代物であり、納得するまでの作品を手にするまでの杳(はる)かさは言うべくもない。「自然を写すのではなく自然と一体になるべし」と玉城徹の著書『藜の露』は言う。古史、古語に詳しくその方面の著書もある宮田氏への期待は大きい。
(永田典子「帯」より)


●歌集より5首
恐竜の末裔(すゑ)にあらねば岩頭のとかげ一匹雄たけびもなし
合歓(ねぶ)のはな西施がほどははや過ぎぬ水なほきよき谷保(やほ)の古堰
土に伏すつるりんだうの紫の花をあらひて秋の雨ふる
入らむとは思ひよらねど立ち止まる山町筋(やまちやうすぢ)の秤屋のまへ
虫籠は袋戸棚にしまはれてみんみん蟬のなく夏はゆく

四六判上製カバー装・248頁
帯文:永田典子
定価:2,000円+税
送料:164円

山川和子第2歌集『比翼の鳥』が出来上がりました!

2018.01.07 19:59|刊行情報
新年あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。
正月明け三連休の中日ですが、新刊のお知らせです。

山川和子さんの第二歌集『比翼の鳥』が出来上がりました!

歌集『比翼の鳥』


響叢書第35篇
「響」に所属する著者の第二歌集

十七歳で海軍航空隊・特攻隊を志願したご主人は、入隊三年後に終戦を迎える。後に復刻印刷の仕事を立ち上げる一方で、詩吟<棒心流>を立流する。著者は、こうしたご主人の歌を、生前・没後にわたり数多く産み出す一方、「聞き書き戦記」の歌をまとめるなど、しみじみとした情感を湛えた歌を数多く産み出している。(綾部光芳「帯」より)

●歌集より5首
故障なき夫の自慢の印刷機終夜回ししこともありにき
特攻にて果てなむ命ながらえて子を得しひと世満てりと夫言う
立流し詩吟教室ひとすじに三十余年続けたりし夫
夫の胸に手を当ててみれば肺切除されたる左冷えしるきなり
「俺の所為で短歌(うた)やめるな」と言いくるる涙こらえて微笑み返す

四六判上製カバー装・228頁
帯文:綾部光芳
装幀:南 一夫
定価:2,500円+税
送料:164円

山室貴代枝・第1歌集『府中の桜』が出来上がりました!

2017.12.27 19:22|刊行情報
寒さも本格的になってきました。
今年もあと4日となりましたが、新刊のお知らせです。

山室貴代枝さんの第一歌集『府中の桜』 が出来上がりました!
花實叢書第160篇
歌集『府中の桜』

「花實」に所属する著者の作品568首を収録した第一歌集。

人の一生にはいろいろな試練がある。乗り越える手段として短歌がある。一集には正もあり負もあって、バランスのとれた集になり、お互いに響き合ってよりよい歌集となったと思える。(中略)目は絶えず海外に向き、歴史的に裏打ちされた素材であるので、立ち止まり、考えさせられる歌群である。(利根川 発「跋」より)

●歌集より5首
歌にする気持も失せしアウシュヴィッツ然るに見し事残さむと思ふ
石積まるる隙間に願ひ託す紙挟みて祈る「嘆きの壁」に
定家卿住みたる山荘紅葉映ゆ百人一首編まれけむ部屋
目眩して思はずすがる友の腕雪の山寺見上ぐる道に
異状なしと次の検査日告げられて「はい」の返事も軽やかに言ふ

四六判上製カバー装・232頁
跋:利根川 発
定価:2,500円+税
送料:164円

上野房枝第1歌集『日の匂い』が出来上がりました!

2017.12.23 18:44|刊行情報
みなさん、こんばんは。
今日は祝日ですが、新刊のご案内です。

昭和59年より「長風」に所属している
上野房枝さんの第一歌集『日の匂い』 
出来上がりました!

上野房枝歌集『日の匂い』

長風叢書第298篇
「長風」に所属する著者の作品447首を収録した第一歌集。

平凡な人生にもそれなりの紆余曲折・喜び哀しみがあり、その事々は、歌を書くことで、喜びは倍に哀しみは半減されたように思います。五十四歳の時に夫を亡くし、暫くは呆然としておりましたが、短歌の枠の中に思う言葉を閉じ込めようと集中することで、そのおもいは徐々に薄められていきました。(「あとがき」より)

●歌集より5首
つぶやきし一言胸に呼応して波紋のごとく思い広がる
寝ねんとし襖あければ日の匂いふっくら膨らむ布団より立つ
うす甘きコーヒーゼリーすくいつつ娘への苦言するりと出でぬ
家出でし子の部屋すみにころがれる鉛筆一本拾わずにおく
すこし遅れて月命日の墓参りあなたはずっと一人に眠る

四六判並製カバー装・208頁
序:本木 巧
定価:2,000円+税
送料:164円