11 | 2011/12 | 01
-
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

irinosha

Author:irinosha
下北沢にある詩歌・文芸出版社
いりの舎のブログへようこそ。
下北沢駅南口から徒歩3分ぐらいの場所にあります。
電話:03-6413-8426
FAX:03-6413-8526
ホームページ:http://irinosha.com/
E-mail:chumon☆irinosha.com
にて注文を受け付けております。
実際にメールを送る際には、☆を@に変更してお送りください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

12月27日「高福コラボ」開催☆

2011.12.26 10:58|イベントのお知らせと報告
明日‎12月27日の「いりの舎門出イベント」とともに、
高円寺の北中通り商店街で「高福コラボ」を開催します☆

なみえ焼そば(3食入)や三五八漬けの素、香の蔵をはじめとする
福島の漬け物なども販売します☆
幻になった地酒の利き酒も行います。

また、「知ってる福島弁書いたらいいべした!」コーナーで、福島弁にふれたり、
相馬野馬追2011上映会や写真展も開催☆

10時くらいから15時半まで開催しております。
ぜひお立ち寄りください☆

「青白き光」書店情報その1

2011.12.22 09:45|書店情報
ご好評をいただいております、福島県大熊町で農業を営んでいた、
佐藤祐禎歌集「青白き光」文庫版の書店情報です。

2011年12月21日現在
●福島県いわき市●
鹿島ブックセンター
ヤマ二書房(一部店舗を除く)

にてお買い求めいただけます。

また、左記のメールフォームよりご注文を承っております。

発売したばかりですが、口コミやインターネットでの情報をきっかけに
ご注文をいただいております。ありがとうございます。
少しでも多くの方に読まれることを願っております。

佐藤祐禎歌集「青白き光」文庫版出来上がりました!

2011.12.15 18:54|刊行情報
お待たせいたしました!
佐藤祐禎歌集文庫版「青白き光」が出来上がりました!

「青白き光」完成版web用


ご予約してくださったみなさま、近日中にお手元にお届けします。

ご注文は左記のメールフォームよりお申込みください。


青白き光  佐藤祐禎・著 
文庫判カバー120ページ       
定価700円(本体667円+税) 
※送料2冊までメール便で80円
3冊以上はメール便で160円
7冊以上は送料無料です

いりの舎門出イベントのお知らせ

2011.12.13 13:17|イベントのお知らせと報告
12月27日の14時から、高円寺の古本酒場コクテイルさんで、
いりの舎の門出イベントを開催します☆
ゲストは詩人の桑原滝弥さん、講談師の神田京子さんです☆
20人ちょっとの限定イベントです☆
入場料は1500円です。
いりの舎文庫第一弾、佐藤祐禎歌集『青白き光』(700円)も販売します。
売り上げの一部を南相馬市に送る、食品の放射性物質測定器の購入資金にさせていただきます。

ちなみにその日は朝9時~11時頃まで、コクテイルさんのお隣のおそば屋さんが
餅つき大会を開催します。
また、イベントと並行しつつ、福島の利き酒や三五八漬け、
福島の方言を楽しもうというようなコーナーも企画中です。

限定イベントということもあり、要予約(座席残りわずか)ですので、
お問い合わせ、ご予約は左記のフォームよりご連絡ください。

古本酒場コクテイル地図

http://www2s.biglobe.ne.jp/~wb2/cocktail/contents/tempo.htm

いりの舎文庫第1弾 佐藤祐禎歌集『青白き光』刊行のお知らせ

2011.12.12 18:48|刊行情報
東京電力福島第一原子力発電所が立地する福島県双葉郡大熊町で、
農業に従事しながら“反原発”の短歌を詠みつづけてきた
歌人・佐藤祐禎が平成16年に刊行した幻の第一歌集『青白き光』を
文庫版として再版いたします。

福島第一原発事故から25年以上も前から、原発や放射能の危険性、東電の欺瞞、
原発立地地域住民の苦悩などを短歌で訴えた本書は、
まさに「予言の書」として、今こそ多くの方々に読んでいただきたい歌集です。

●歌集『青白き光』より―
・いつ爆ぜむ青白き光を深く秘め原子炉六基の白亜列なる
・小火災など告げられず原発の事故にも怠惰になりゆく町か
・原発に勤むる一人また逝きぬ病名今度も不明なるまま

※また、本書には原発関連の歌だけでなく、家族や自然を詠んだ秀歌も多く収録しています。
こうした家族との日常や身辺の自然を根こそぎ奪われてしまったことを思うと、
「原発の歌だけは私の心の叫び」(あとがき)という著者の言葉がいっそう痛切に響いてきます。

☆ご注文やお問い合わせは、ブログのメールフォームより受付いたします。
なお2011年12月20日が発行日ですので、20日以降にお届けいたします。

青白き光  佐藤祐禎・著
文庫判カバー120ページ←(訂正しました)       
定価700円(本体667円+税)
※送料2冊までメール便で80円
3冊以上はメール便で160円
7冊以上は送料無料です。
    

はじめまして。いりの舎です。

2011.12.12 18:42|ごあいさつ
いりの舎は詩歌・文芸の出版社です。
代表の玉城入野(たまき・いりの)は、
平成24年3月いっぱいを以て解散する短歌新聞社において、
「短歌新聞」「短歌現代」の編集に携わってまいりました。
今後、良質な歌集などの文芸書を刊行してまいります。
どうぞよろしくお願い申し上げます。

いりの舎代表・玉城入野