FC2ブログ
02 | 2013/03 | 04
-
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

irinosha

Author:irinosha
下北沢にある詩歌・文芸出版社
いりの舎のブログへようこそ。
下北沢駅南口から徒歩3分ぐらいの場所にあります。
電話:03-6413-8426
FAX:03-6413-8526
ホームページ:http://irinosha.com/
E-mail:chumon☆irinosha.com
にて注文を受け付けております。
実際にメールを送る際には、☆を@に変更してお送りください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

秋葉四郎・編「歩道」同人アンソロジー歌集『平成大震災』を刊行しました!

2013.03.05 22:06|刊行情報
東日本大震災より、まもなく2年が経とうとしています。
大地震、大津波、原発事故、放射能拡散――。
この未曾有の事態を、全国の短歌作者はいかに詠ったか。
生々しい体験の声、痛切な詠嘆、そして遠い地から、被災地に思いを寄せる気持。
本歌集は、佐藤佐太郎創刊の伝統的結社「歩道」編集長・秋葉四郎氏(日本歌人クラブ会長)が、
同誌の中より、震災直後の平成23年5月号くらいから約1年の間に発表された全国580名の作品1808首と、
10名の体験記を収録した一大アンソロジー。

平成大震災

本集の特徴は、東北や北関東はもとより、北海道、中部、近畿、中国、四国、九州、
そしてアメリカ在住の歌人の作品をも網羅しており、先の震災を、被災地だけでなく、
広く日本全体が、連帯の思いを強く持ち続けるための記録歌集となっている。

●歌集『平成大震災』より―
・大津波と火事と地震に怯えつつ寒き一夜の明くるをただ待つ(岩手・中村とき)
・数知れぬ骸の顔に化粧するボランティア居り心打たるる(宮城・近藤やよひ)
・放射能の風評被害は若きらの結婚にまで差し障るなり(福島・佐藤文子)

<いりの舎文庫4>
文庫判カバー装・384ページ
定価:1,000円(本体953円+税)
送料:160円

2013年3月11日を前に。

2013.03.05 09:25|ごあいさつ
東日本大震災から2年、を前に思うことです。
でも、1年前とこの思いは変わりません。

いりの舎震災から2年