FC2ブログ
03 | 2014/04 | 05
-
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
プロフィール

irinosha

Author:irinosha
下北沢にある詩歌・文芸出版社
いりの舎のブログへようこそ。
下北沢駅南口から徒歩3分ぐらいの場所にあります。
電話:03-6413-8426
FAX:03-6413-8526
ホームページ:http://irinosha.com/
E-mail:chumon☆irinosha.com
にて注文を受け付けております。
実際にメールを送る際には、☆を@に変更してお送りください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

柳澤美代子・第2歌集『花の記憶』が出来上がりました!

2014.04.23 12:32|刊行情報
こんにちは。
春爛漫の季節、いかがお過ごしですか。
「潮音」に所属する柳澤美代子さんの、草木や花の記憶や思いを作品に託した第二歌集ができあがりました!
表紙カバーのお写真は柳澤さんのご夫君の撮影によるものです。
ご夫婦でのコラボレーション、素敵ですね。
本の中にも愛らしい植物のイラストが散りばめられています。

歌集花の記憶 (448x640)

「地雷ではなく花をください」
作者は、やさしく咲いた花を見つつ、それを通して社会を見ている。
やさしく咲く花たちや、鳥たちや、人々の魂を探る。
この歌集には、人生の中に花を探しつつ生きる作者の深い思いがこもっている。
作者の見てきた優しい花の記憶、花が見てきた人々のいとなみの記憶がある。
木村雅子(帯文より)


●歌集より5首
・地雷など仕掛けあらねば曼珠沙華たつぷり長く極まりて咲く
・寒に耐へいまだ蕾の海棠に前へ前へと師のお声あり
・ガレキの山に無事と書きたる看板をたてゐる老いに粉雪しきり
・生きゐれば咲かす日もある流木の蕾動きて桜花咲く
・立葵死者に手向けし花なりと阿修羅のごとき今日の夕焼け

帯文:木村雅子
口絵・挿絵:小山淳子
カバー写真:柳澤朋夫
四六判上製カバー・180頁
定価:2500円(税別)
送料:164円