FC2ブログ
10 | 2014/11 | 12
-
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

irinosha

Author:irinosha
下北沢にある詩歌・文芸出版社
いりの舎のブログへようこそ。
下北沢駅南口から徒歩3分ぐらいの場所にあります。
電話:03-6413-8426
FAX:03-6413-8526
ホームページ:http://irinosha.com/
E-mail:chumon☆irinosha.com
にて注文を受け付けております。
実際にメールを送る際には、☆を@に変更してお送りください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

三ツ木稚子第1歌集『風紋』が出来上がりました!

2014.11.12 18:15|刊行情報
新刊歌集紹介、2冊目は、三ツ木稚子さんの歌集『風紋』です。

三ツ木稚子歌集『風紋』 (449x640)

著者が作歌を始めるきっかけとなった故・稲葉峯子氏、
現在所属する「日月」代表の永田典子氏、
親しかった二人の縁の糸にたぐりよせられた第一歌集

日月叢書第50番

梅干しの壺ひつ提げて引き揚げし八歳の夏われの八月
三ツ木さんの第一歌集『風紋』は重い歌集である。敗戦の日より間もなく、京城(ソウル)からの引き揚げ者の中にひとりの少女がいた。ようやく辿りついた日本で少女は見たのだった。あの広島の無惨な姿を。八歳で「ヒロシマ」を見てしまった三ツ木さんの平和への希求は強い
――永田典子


●歌集より5首
・切り口の茎焼きたればいきいきと水吸ひ上ぐるくれなゐの薔薇
・早朝の電車に熟寝する男疲れし日本の象徴として
・忘れ得ぬ敗戦の勅聞きし日の父の沈黙京城(ソウル)の家に
・安保より辺野古へたどる道の辺に樺美智子はとまどひをらむ
・敗戦の京城(ソウル)の家に置き去りの雛人形は春のまぼろし

跋文・永田典子
装幀・髙砂 航
四六判上製カバー装・204ページ
定価:2500円+税
送料:164円

仲原道子第1歌集『追憶』が出来上がりました!

2014.11.12 18:11|刊行情報
みなさん、こんばんは。
今日は新刊歌集2冊のご案内です。

まず1冊目は、仲原道子さんの歌集『追憶』です。

仲原道子歌集『追憶』 (441x640)

「濤声」に所属し、今年米寿を迎えた著者が、これまでの人生を肯定し、
移りゆく風景を残したいと詠み続けてきた作品を収める第一歌集

濤声叢書第22篇

歌集『追憶』には、戦傷帰還した従兄、六十歳で初めて知った実母、五十回忌を迎える養父母への思い等々、鎮魂の心が深い。併せて娘に先立たれる母の例えようのない悲しさは、察するに余りある。人間、生きてゆくのに誰も避けられない悲しみだが、仲原さんはそうした悲しみを歌を詠むことで乗り越えて来られたのではないだろうか。
――温井松代(「序」より)


●歌集より5首
・父ははの墓参の帰途をゆくりなく生母に明かさるわれを産みしを
・学徒兵の集結ありしと霞ヶ浦軍用機見ぬ空晴れわたる
・ひとり子は淋しと母にはらからを欲りし日もはるか五十回忌迎ふ
・わが命を召せと神仏に祈れどもつひに帰らぬ娘(こ)とはなりたり
・長き髪ばつさりと断ち来る年を心新たに迎へむと決む

序文・温井松代
四六判上製カバー装・232ページ
定価:2500円+税
送料:164円