FC2ブログ
10 | 2017/11 | 12
-
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

irinosha

Author:irinosha
下北沢にある詩歌・文芸出版社
いりの舎のブログへようこそ。
下北沢駅南口から徒歩3分ぐらいの場所にあります。
電話:03-6413-8426
FAX:03-6413-8526
ホームページ:http://irinosha.com/
E-mail:chumon☆irinosha.com
にて注文を受け付けております。
実際にメールを送る際には、☆を@に変更してお送りください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

仙田篤子第2歌集『金釦』が出来上がりました!

2017.11.22 19:37|刊行情報
寒い日が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか。
今日は新刊のご案内です。

「塔」に所属する仙田篤子さんの『万の螢火』に続く第二歌集、
『金釦(きんぼたん)』 
が出来上がりました!
塔21世紀叢書第308篇

仙田篤子歌集『金釦』


心を通わす高齢の父、二人の息子さん、その子どもたちとの触れ合い。仙田さんの日々には、つねに記憶の日々が息づく。なにげない記憶、時間のひだがこまやかに畳み込まれて、なつかしく、みずみずしい情感を湛える。駆逐艦「親潮」より帰還した父が百歳を迎えた今年、父の思いとともに送り出す、『万の螢火』に続く第二歌集である。――花山多佳子(「帯」より)

●歌集より5首
長く見ぬと言へば小さき蝸牛(かたつむり)てのひらに乗せ父の戻り来
積乱雲わきてなほ湧け空のみの窓に見飽きし母が見てゐる
去年の夏子らにならひし草笛を吹きながら行く雨後の白神山地(しらかみ)
兵の日を自ら語り始めしは戦後六十年を過ぎし頃より
二人子の学生服の金釦しまへるままに在り場所しれず

四六判上製カバー装・200頁
帯文:花山多佳子
装幀:花山周子
定価:2,500円+税
送料:164円