FC2ブログ
09 | 2019/10 | 11
-
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

irinosha

Author:irinosha
下北沢にある詩歌・文芸出版社
いりの舎のブログへようこそ。
下北沢駅南口から徒歩3分ぐらいの場所にあります。
電話:03-6413-8426
FAX:03-6413-8526
ホームページ:http://irinosha.com/
E-mail:chumon☆irinosha.com
にて注文を受け付けております。
実際にメールを送る際には、☆を@に変更してお送りください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

小林博子・第一歌集『月影揺らす』が出来上がりました!

2019.10.31 15:24|刊行情報
いよいよ10月も最終日となりました。
今日は新刊のお知らせです。

40年間、酪農に携わり、平成3年に花實新人賞を受賞した
小林博子さんの昭和60年から平成30年までの作品654首を厳選した
第一歌集『月影揺らす』が出来上がりました!


小林博子歌集『月影揺らす』

花實叢書第167篇
花實創刊80周年記念出版第6篇


小林短歌は正確に、ありのままを描写し、いい過ぎない。
主観語を加えない。読者の入って行ける余地を残しておく。短歌の本道をつかんだ作者といえよう。(利根川 発「跋」より)


●歌集より5首
朝日差す牛舎に餌車押しゆけば三十頭は一斉に見る
吾が腕に首を委ねて母牛は点滴受くる難産の後(のち)
馬鈴薯を植ゑ終りたり一輪車に残れる灰を春風攫ふ
嫁ぐ日の近き娘と境内に桜ふぶきを見つつ語らふ
トラクターに薊咲く道帰りゆく夫の背中を夕日の照らす

四六判上製カバー装・200頁
跋:利根川 発
装幀:君嶋真理子
定価:2,500円+税
送料:200円

山口怜子・第一歌集『冬牡丹』が出来上がりました!

2019.10.15 12:16|刊行情報
このたびの台風19号でお亡くなりになられた方々のご冥福をお祈りするとともに、
被害に遭われた皆様に心よりお見舞い申し上げます。

今日は新刊のお知らせです。
山口怜子さんの第一歌集『冬牡丹』が出来上がりました!

山口怜子歌集『冬牡丹』

2004年に花實新人賞を受賞した著者の
平成10年から30年までの作品600首をまとめた第一歌集。

花實叢書第165篇
一冊の集を読んでこれ程まで人物像のはっきり浮かんでくる集に出逢ったことがない。歌は風格と品格を備え、趣深い。折目正しい生活の一端が歌に托されていた。(利根川 発「跋」より)

●歌集より5首
想ひ出を作りやらんと重ねゆく旅の寂しも夫病みしより
健やかに老いし三人(みたり)の姉たちと巡る牡丹苑冬陽あまねし
秋の陽の窓に明るき部屋に聴く茶会の席の松風の音
あららぎの垣に沿ひつつ下りゆく家並みの間(あひ)に湖(うみ)の光れる
かくれん坊に走り廻りし故郷の城の石垣地震(なゐ)に崩さる

四六判上製カバー装・240頁
跋:利根川 発
装幀:君嶋真理子
定価:2,500円+税
送料:200円

月刊「うた新聞」2019年10月号が出来上がりました!

2019.10.07 13:53|月刊「うた新聞」
みなさんこんにちは。
あっという間に10月になりましたね。

月刊「うた新聞」10月号が出来上がりました!
特集は<わたしの好きな芸術をうたう>です。
20名の歌人にご執筆いただきました!

巻頭作品
下村すみよさん「白さるすべり」、遠山景一さん「子規の蠅」
巻頭評論は雲嶋 聆さん「凜冽の詩情―春日井建の歌」

2面
佐藤通雅さんによる<短歌想望>①生年について
古谷 円さんによる連載!<時代を映すうた>第7回戻ってきてはいけない
<遠近画法>藤澤つむぎさん「三日月檸檬」
<友の歌>は廣庭由利子さん

3面
<今月のうたびと>松尾祥子さん「還暦テニス合宿」
<ライムライト>𠮷田竜宇さん「俳句と短歌の兄弟」
<私の暮らすまち>野村喜義さん「焼き芋だっぺぇよ」
<忘れないために>寺尾登志子さん「おたかさん」
<作品時評>山中律雄さん「それぞれの時間」

4面
秋葉四郎さんによる連載!<渉猟 茂吉の歌>第7回「茂吉家の人々」
春日いづみさんによる連載!<食卓のある風景>第7回「支店長会議」
<玉城徹の歌>第22回 磯田ひさ子さん「ゆりの木・蘇鉄」

5面
神無月作品集
岡部由紀子さん「兄(あん)ちやん」、藤田和平さん「限りなきもの」
結城 文さん「コルシカ島」、大平修身さん「介護の日々」
影山美智子さん「胡桃樹」、前田えみ子さん「かずさまっくら」
入江晴栄さん「もうすぐ九月」、冨尾捷二さん「難民」
田土才惠さん「風雪に」、福留フク子さん「百匁柿」
池本一郎さん「魚(うお)ん棚」、長田邦雄さん「私語」
森 藍火さん「花に告げゆく」、永島民男さん「真砂土」
武富純一さん「ハーフ&ハーフ」、中島千加子さん「ふるふるふるる」
藤森あゆみさん「寸足らず」、棚木恒寿さん「うすむらさきのランドセル」
森垣 岳さん「さらば親不知」

6面 7面
<特集>わたしの好きな芸術をうたう
●作品3首+ミニ・エッセイ
駒田善治朗さん「自画像」、青木陽子さん「近代の洋画」
千々和久幸さん「出囃子」、佐野督郎さん「ひとり芝居」
五百川紘子さん「ゴッホに熱い」、小寺三喜子さん「モネの睡蓮」
さいとうなおこさん「子規の色」、沖 ななもさん「利休」
石井松夫さん「秋」、松本達雄さん「薪能」
小黒世茂さん「ゴッホの青」、牛山ゆう子さん「森のこゑ」
栗明純生さん「みんなのミュシャ」、川田 茂さん「槐多断章」
一戸伸衣さん「ピカソ」、服部 崇さん「護符」
松本典子さん「松風」、大松達知さん「サミュエル・メスキータ」
鯨井可菜子さん「グロッケン」、山下 翔さん「函」

8面
丸山洋子歌集『ミシンのある部屋』を読む
渡辺恵子さんによる「糸は永遠に」
江戸 雪さんによる「生の蓄積」
作品10首 丸山洋子さん「夕餉」

<書評>
三枝昻之歌集『遅速あり』恒成美代子さん
温井松代著『大岡博の人と歌』本田一弘さん
川野里子歌集『歓待』さいかち真さん
ほか歌集紹介を掲載。

9面
<書評>
金子貞雄歌集『而今の森』永井正子さん
桜田和子歌集『秋を待つ』小市邦子さん
大口玲子歌集『ザベリオ』吉川宏志さん
松木 秀歌集『色の濃い川』森本 平さん
ほか歌集紹介を掲載。

10面
ニュース欄
・第40回全日本短歌大会
・短歌研究三賞授賞式
・第33回方代忌
・「星雲」15周年記念祝賀会
・日本歌人クラブ北関東ブロック栃木大会
・大阪歌人クラブ秋の大会
ほか、集会案内、企画展、訃報などを掲載。

11面
・多摩歌話会秋季短歌大会
・うたとの出会い90 森 水晶さん
・読者自選一首
・日本歌人クラブ『現代万葉集』×いりの舎コラボ企画 第19回
を掲載。

12面
・各地リポート
・作品募集 
・結社賞
・編集部より

いつもご愛読いただきありがとうございます。
今月もおかげさまで充実した内容となりました。
心より御礼を申し上げます。

今月から消費税が10%に上がりましたが、何とか購読料は据え置きでがんばります。
ぜひこの機会にまだ購読されていない方は、ご購読いただけると幸いです。
どうぞよろしくお願いいたします。