FC2ブログ
02 | 2020/03 | 04
-
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

irinosha

Author:irinosha
下北沢にある詩歌・文芸出版社
いりの舎のブログへようこそ。
下北沢駅南口から徒歩3分ぐらいの場所にあります。
電話:03-6413-8426
FAX:03-6413-8526
ホームページ:http://irinosha.com/
E-mail:chumon☆irinosha.com
にて注文を受け付けております。
実際にメールを送る際には、☆を@に変更してお送りください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

安藤春美第二歌集『浅き春の日』が出来上がりました!

2020.03.19 17:08|刊行情報
みなさん、こんにちは。
桜の便りもちらほらと聞こえてきますね。
今日は新刊のお知らせです。

平成25年3月から令和元年11月までに発表した作品より329首を収めた
安藤春美さんの第二歌集『浅き春の日』
が出来上がりました!

安藤春美歌集『浅き春の日』

国民文学叢書第587篇

沿線に戦ぐみどりの麦畑濃き穂の色に稔りの近し
著者の住む稲沢は愛知県の北西部にあり、濃尾平野の中央部である。田園風景を車窓に見つつ、名古屋都心の職場に通う日常や、家族らとの交流が新鮮な感覚で作品化されている。今後の発展を心から期待してやまない。(青木陽子「帯」より)


●歌集より5首
蟻の巣のやうな地下街黙々と列なし人ら職場に向かふ
卒業の写真の吾に娘の似たり遠き先など見ざりし眼(まなこ)
紗の幕をおとしたるごと梅雨明けの車窓の景の際やかなりき
凍て空に昼月淡し古里の母息災の時の長かれ
垂れこむる雲より小雪きさらぎの浅き春の日娘の嫁ぎたり

四六判上製カバー装・208頁
帯:青木陽子
装幀:南 一夫
定価:2,500円+税
送料:200円