FC2ブログ
04 | 2020/05 | 06
-
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

irinosha

Author:irinosha
下北沢にある詩歌・文芸出版社
いりの舎のブログへようこそ。
下北沢駅南口から徒歩3分ぐらいの場所にあります。
電話:03-6413-8426
FAX:03-6413-8526
ホームページ:http://irinosha.com/
E-mail:chumon☆irinosha.com
にて注文を受け付けております。
実際にメールを送る際には、☆を@に変更してお送りください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

【重版出来!】佐藤水人里歌文集『凍てつく銀河―拓北農兵隊の子として』の第二刷が出来上がりました!

2020.05.29 14:50|刊行情報
みなさま、いかがお過ごしでしょうか。
緊急事態宣言が解除されましたが、まだまだ気が抜けない日々ですね。
くれぐれもお体を大切にお過ごしください。

そんな中、東京新聞で紹介され、話題になっている
佐藤水人里さんの歌文集『凍てつく銀河―拓北農兵隊の子として』
第二刷が出来上がりました!

佐藤水人里歌文集『凍てつく銀河』

歌文集『凍てつく銀河―拓北農兵隊の子として』 佐藤水人里

戦後七十余年を経て、いまだに鮮明な記憶として立ち上って来る拓北農兵という稀有な体験をまとめた歌文集。

戦争の最末期に「拓北農兵隊」が募集され、戦災で生活を失った人々を帰農させようと、北海道の未開拓地に農兵列車で送り込まれた人々があったことをこの歌集によって知った。当時の記憶を文章まじえて綴ったこの歌集は、七〇余年前に悲惨な運命を歩まされた少女時代の貴重な記憶であり、涙ぐましく優しい抒情の声である。(馬場あき子「帯」より)

●歌集より5首
臨月の母がつぶやく「コンナ センソウ」幼くて知る秘密のことは
火の絶えし部屋はさまざま凍る音醬油の瓶の今割れる音
立ち止まれば我は氷柱になるならんひたすら月下の雪道歩む
晴れた日はユリ根探して雪原を父さまよえりスコップ担ぎ
もう何も食べない母にホッとしぬ時折かくれて烈しく泣きぬ

四六判上製カバー装・136頁
帯:馬場あき子
解説:川野里子
装画:田中薫子
装幀:南 一夫
定価:1,800円+税
送料:送料サービス

ご注文は電話・FAX・メールで承っております。
またクレジットカード払いやコンビニ払いなどをご希望の方は
こちらからお買い求めいただけます。
ぜひこの機会にお読みください。