FC2ブログ
08 | 2020/09 | 10
-
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
プロフィール

irinosha

Author:irinosha
下北沢にある詩歌・文芸出版社
いりの舎のブログへようこそ。
下北沢駅南西口から徒歩3分ぐらいの場所にあります。
電話:03-6413-8426
FAX:03-6413-8526
ホームページ:http://irinosha.com/
E-mail:chumon☆irinosha.com
にて注文を受け付けております。
実際にメールを送る際には、☆を@に変更してお送りください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

大沢絹代・第一句集『多摩湖』が出来上がりました!

2020.09.17 18:02|刊行情報
みなさん、こんばんは。
本日2冊目の句集の紹介です。

現在「香雨」同人の大沢絹代さんの、
「狩」入会の平成16年から終刊の30年までの作品より355句を収めた
第一句集『多摩湖』
が出来上がりました!

大沢絹代句集『多摩湖』

鵙日和乾きて濯ぎものに張り
追羽子や袂の鶴も舞ひあがり
初芝居いろは順なる座席かな

大沢絹代さんの俳句は、どれも確かな観察眼を感じさせる。一句一句に発見があり、読み手を引き込む力をもっているのである。長年の研鑽の成果が一冊となったことをよろこびたい。(鷹羽狩行「帯」より)


●句集より5首(片山由美子選)
啓蟄やいつもの順に家族起き
落ちてより日差しを浴びて椿かな
冴返る使はぬ部屋の壁鏡
着せ替へもせずに雛を納めけり
姫女苑基地はフェンスに囲まれて

四六判上製カバー装・208頁
帯文:鷹羽狩行
序:片山由美子
装幀:南 一夫
定価:2,600円+税
送料:200円

上原和子・第一句集『白鳥湖』が出来上がりました!

2020.09.17 17:57|刊行情報
みなさん、こんばんは。
だいぶ涼しくなってきましたね。
いかがお過ごしでしょうか。
今日は句集2冊のご紹介です。

まず1冊目は
現在「香雨」同人の上原和子さんの、
「狩」入会の平成19年から終刊の30年までの作品より339句を収めた
第一句集『白鳥湖』
が出来上がりました!

上原和子句集『白鳥湖』

夕餉までしばしやすらぐ春炬燵
テーブルに置きたるままの赤い羽根
セーターを被り一日の始まりぬ

上原和子さんの俳句は、季語の豊かさを活かし、人間心理を見事に伝えている。誰にも覚えのあることを素材としており、生活感に裏付けられた説得力がある。(鷹羽狩行「帯」より)

●句集より5首(片山由美子選)
雨音とともに消え去り春愁
白玉や旅に余りし時過ごし
一日で麻服らしくなりにけり
先のことその先のこと夕端居
明け方の夢に風鈴鳴りにけり

四六判上製カバー装・212頁
帯文:鷹羽狩行
序:片山由美子
装幀:南 一夫
定価:2,600円+税
送料:200円