FC2ブログ
09 | 2020/10 | 11
-
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

irinosha

Author:irinosha
下北沢にある詩歌・文芸出版社
いりの舎のブログへようこそ。
下北沢駅南西口から徒歩3分ぐらいの場所にあります。
電話:03-6413-8426
FAX:03-6413-8526
ホームページ:http://irinosha.com/
E-mail:chumon☆irinosha.com
にて注文を受け付けております。
実際にメールを送る際には、☆を@に変更してお送りください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

安池菊夫・第三歌集『ツバメ―実りの使い』が出来上がりました!

2020.10.06 17:47|刊行情報
みなさん、こんばんは。すっかり秋になりましたね。
今日は新刊のお知らせです。

「ぷりずむ」に所属する安池菊夫さんの
平成22年から令和2年までの作品をまとめた第三歌集『ツバメ―実りの使い』

が出来上がりました!

安池菊夫歌集『ツバメ』

ぷりずむ叢書17
著者は古希を迎えようとする今も少年の魂を失っていない人だ。音楽や登山を愛し、かつてはトライアスロンに挑むようなスポーツマンでもあった。ツバメは遠くまで飛ぶことのみに進化した鳥で、闘う鳥ではない。平和の象徴の鳥とも言える。「ツバメ」には著者の次世代への願いが込められている。(長澤ちづ「帯文」より)

●歌集より5首
工場のプールも器大揺れにゆれて溢れし水の流るる
明けきらぬ朝より午後まで羽化を見るこんな一日あってもいいさ
π(パイ)の字に似たるツバメよ無限なる円周率と二年の命と
幾度も止まりて息を整える力というを思うこのごろ
あさつゆに喉(のみど)うるおし鳴くひばり神があたえしコロラトゥーラよ

四六判上製カバー装・196頁
帯文:長澤ちづ
装幀:南 一夫
定価:2,500円+税
送料:200円