fc2ブログ
05 | 2022/06 | 07
-
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

irinosha

Author:irinosha
下北沢にある詩歌・文芸出版社
いりの舎のブログへようこそ。
下北沢駅南西口から徒歩3分ぐらいの場所にあります。
電話:03-6413-8426
FAX:03-6413-8526
ホームページ:http://irinosha.com/
E-mail:chumon☆irinosha.com
にて注文を受け付けております。
実際にメールを送る際には、☆を@に変更してお送りください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

藤田貴佐代・第5歌集『雪消水』が出来上がりました!

2022.06.23 17:04|刊行情報
みなさん、こんにちは。本日2冊目の新刊紹介です。

新日本歌人常任幹事会・副代表を務め、
同人誌「炎」「丹青」会員の藤田貴佐代さんの第五歌集『雪消水』

が出来上がりました!

藤田貴佐代歌集『雪消水』

新日本歌人叢書第647篇

1965年、23歳で新日本歌人協会に入会し、間もなく常任幹事に就いた著者。
今年、没後50年を迎える渡辺順三の精神を受け継ぎ、反戦と世界平和をめざして短歌を詠み続ける藤田貴佐代の、『花の渇き』以後、7年間の作品を収めた第5歌集。(「帯」より)

 
●歌集より5首
敗戦とともに滅びし「満州」の傀儡国家の悲哀史をゆく
民主主義をつらぬく歌誌の高齢化 担い手不足にコロナ追い打ち
尖閣諸島を飛ぶ中国の無人機も偵察するとグローバルホーク
働き手学ぶ大学この日々のありてこそ喜寿 子らを頼らず
主張とはかくも美し雨の中 気高き色を誇りて薔薇は

四六判上製カバー装192頁
装幀:南 一夫
定価:2,750円(本体2500円+税10%)

テーマ:短歌
ジャンル:小説・文学

tag:短歌

脇 直人歌集『有悠無憂』が出来上がりました!

2022.06.23 16:46|刊行情報
みなさん、こんにちは。今日は沖縄慰霊の日ですね。
日々考え続けようと思います。

脇 直人さんの遺歌集『有悠無憂』ができあがりました!

脇直人歌集『有悠無有』

遺されたノートの数千・万に及ぶ短歌に目を通しているうちに、これらの歌は父の人生そのもの、彼の気持ちそのものなんだと、何となくこのまま捨て置くわけにもいかないなと言う気持ちになりました。(脇 英太郎「編集後記」より)
 
●歌集より5首
ま向かひのビル屋上に少女ゐて海にむきつつ手をふりにけり
丹念に母が賜ひし便りなればよみかへしつつひと日机上に
ひとひとりいまし放ると鐘たたく夏の夜ふけをわれはみたりし
しとしとと雨降るゆゑにけふの日は汝を想はむ兵士なれども
百歳は今し過ぎゆくくる年も行方も知らぬ小舟を漕ぐか

A5判上製カバー装208頁
定価:2,750円(本体2500円+税10%)

テーマ:短歌
ジャンル:小説・文学

tag:短歌