03 | 2017/04 | 05
-
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

irinosha

Author:irinosha
下北沢にある詩歌・文芸出版社
いりの舎のブログへようこそ。
下北沢駅南口から徒歩3分ぐらいの場所にあります。
電話:03-6413-8426
FAX:03-6413-8526
ホームページ:http://irinosha.com/
E-mail:chumon☆irinosha.com
にて注文を受け付けております。
実際にメールを送る際には、☆を@に変更してお送りください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鮫島満・著『ふる里の味噌はよき味噌』が刊行されました!

2012.11.16 20:05|刊行情報
歌誌「月虹の会」代表の鮫島満さんの評論、
『ふる里の味噌はよき味噌―斎藤茂吉の〈食〉の歌』が出来上がりました!
茂吉の短歌をユニークな視点で鑑賞した一冊です。

ふる里の味噌完成版 (449x640)


茂吉短歌の魅力、
生命の輝きの源は<食>にあり!


現代短歌の巨星・斎藤茂吉が詠んだ<食>の歌(約400首)を一冊に収録し、
懇切な鑑賞をほどこした、画期的な茂吉研究書


[目次より]飯の歌/味噌汁と卵の歌/納豆の歌/草木の実の歌/山菜の歌/
ヨーロッパ留学中の歌/海の魚の歌/川の魚の歌/田螺・源五郎虫・蝉・蟹の歌/
鰻の歌/蕎麦の歌/茂吉短歌の「ひもじ」/比喩としての食物/「食す」の表現

四六判・並製カバー装・184ページ
装画・イラスト:シガヒロコ
定価:1,700円(税込)
送料:160円

コメント:

非公開コメント

トラックバック:


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【鮫島満・著『ふる里の】

歌誌「月虹の会」代表の鮫島満さんの評論、『ふる里の味噌はよき味噌―斎藤茂吉の〈食〉の歌』が出来上が
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。