FC2ブログ
07 | 2020/08 | 09
-
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

irinosha

Author:irinosha
下北沢にある詩歌・文芸出版社
いりの舎のブログへようこそ。
下北沢駅南口から徒歩3分ぐらいの場所にあります。
電話:03-6413-8426
FAX:03-6413-8526
ホームページ:http://irinosha.com/
E-mail:chumon☆irinosha.com
にて注文を受け付けております。
実際にメールを送る際には、☆を@に変更してお送りください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

青木嘉子・第二歌集『夢の跡』が出来上がりました!

2013.06.25 19:45|刊行情報
「歩道」所属の歌人、青木嘉子さんの第二歌集『夢の跡』が出来上がりました!

切れぎれに顕ちくる夫との来し方は長く短く夢の如しも

夢の跡 (443x640)


●歌集より3首
・声の限り呼びしわが声届きしか意識うするるいまはの夫に
・眠りゐる如き平和なる終(つひ)の顔あまりに愛(かな)し起き出でたまへ
・未完成のままにて終る一生と思へど残生如何に生くべき

「歌人佐藤佐太郎は、作歌が生きる力になることもあると極めて遠慮がちに言ったが、現実がそうたやすいことではないにしても、短歌が生の支えになっている例は少なくない。この著者の場合がそうで、御主人と二人の長閑な生活は、夫君の闘病、入院、自らも病みつつ、通院看護という状況になって、たちまち崩れる。そうして愛する夫君との永訣を迎えるのだ。本集は、その慟哭と、涙と、鎮魂の歌集である。同時に、そうした厳しい老境を作歌を友とすることによって、ひたすら生き抜いている人の声があふれている。今一人となっても心中の夫君と共に、短歌がこの作者を支えてゆくに違いない。多くの方の一読を希(こいねが)う所以である。」(秋葉四郎・帯文より)

四六判・上製カバー・184ページ
定価:2625円(税込)
送料:160円

コメント:

読んでみたい

読んでみたい歌集です。
私も短歌かじってまして・・。

コメントありがとうございます

コメントありがとうございます。
ぜひお読みいただけると幸いです。
ご注文お待ちしております。
非公開コメント