FC2ブログ
11 | 2018/12 | 01
-
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

irinosha

Author:irinosha
下北沢にある詩歌・文芸出版社
いりの舎のブログへようこそ。
下北沢駅南口から徒歩3分ぐらいの場所にあります。
電話:03-6413-8426
FAX:03-6413-8526
ホームページ:http://irinosha.com/
E-mail:chumon☆irinosha.com
にて注文を受け付けております。
実際にメールを送る際には、☆を@に変更してお送りください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

細貝恵子・第1歌集『虹の環』が出来上がりました!

2014.05.12 19:17|刊行情報
こんばんは。みなさま、いかがお過ごしでしょうか。

「歩道」に所属している、細貝恵子さんの第一歌集『虹の環』が出来上がりました!

虹の環 (439x640)

昭和63年8月に「歩道」入会以来、
平成25年までの作品689首を収載した著者の第一歌集


歌集『虹の環』は若く「歩道」に入会し、作歌25年を迎えている細貝恵子の第一歌集である。
山好き、旅好きの作者が結婚し、家庭に入り、出産、子育てに励み、三人の子らがそれぞれ一人前になった今、ツアーコンダクターとなって、趣味の登山と旅とを境涯の一部に復活させている。そうした半生を点景に謳い上げているのが本集の内容である。
女性として、母としての目が家族はもちろん、社会や自然に鋭く向けられ、感動的でユニークな一巻となった。一読私はきわめて初々しく、素直な気持ちにさせられている。多くの愛読を切に願う次第である。
「歩道」編集人 秋葉四郎(帯文より)


●歌集より5首
・霧移る雁坂峠ブロツケンの虹の環(わ)のなかわが影うごく
・感情の豊かになりくる幼子にときに戸惑ふ母なるわれは
・海に潜くわれにくまのみ近寄りて威嚇をすれど眼おだやか
・何万キロ離れてをれど一瞬にメールの届くうつつに生きる
・フルージルの街空わたりオーロラは緑の帯にて光波打つ

帯文・装幀:秋葉四郎
四六判上製カバー装・280ページ
定価:2500円(税別)
送料:164円

コメント:

出版界に旋風を期待します

いいご本出版してますね。
今後とも書き手の支えになっていただきたいと願ってます・・。v-221色付きの文字v-291v-407

ありがとうございます

コメントありがとうございます。
これからもがんばりますので、よろしくお願いいたします。
非公開コメント