FC2ブログ
11 | 2018/12 | 01
-
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

irinosha

Author:irinosha
下北沢にある詩歌・文芸出版社
いりの舎のブログへようこそ。
下北沢駅南口から徒歩3分ぐらいの場所にあります。
電話:03-6413-8426
FAX:03-6413-8526
ホームページ:http://irinosha.com/
E-mail:chumon☆irinosha.com
にて注文を受け付けております。
実際にメールを送る際には、☆を@に変更してお送りください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

本田信道・歌ノート『筑紫から』が出来上がりました!

2014.06.11 15:28|刊行情報
梅雨の季節に突入しましたね。みなさま、いかがお過ごしでしょうか。

このたび、本田信道さんの歌ノート『筑紫から』が出来上がりました!

歌ノート 筑紫から (449x640)

歌誌「歌と観照」に所属する著者の、平成23年3月から26年3月までの短歌253首、長歌8首を収めた〈わたしの短歌ノート8〉
歌と観照叢書第280篇

遠く筑紫の地から、地震・津波に襲われた東北、さらに原発事故に苦しむ福島に思いを寄せ続けた三年という歳月を〈うた〉に刻印した叙情詩にして、稀有なる叙事詩!

●歌ノートより5首
・同情も憐憫もなき同心を裡にささげておもふ福島
・大津波 攫はれはてし街の明け人影あれば別きて悲しも
・露ぬるる穂蓼の紅も濃きことも見るさへ辛しみちのく遠し
・分断の看板一枚、被曝禍の「この先帰還困難区域」(富岡街道・浪江町津島)
・願ふがに祈りつつにぞ祈るがに願ひゆくべき 吾は小さく

●長歌
開け放ち あしたのかぜの 清しとて 吸ふことすらも 憚ると 君の祈りふし 歌に読み 見えざる被曝に 歯噛みして 思ひ祈れる この時も なゐの惨禍 手付かずや またもの余震 をののくに 山野の萌えも うつうつと 人智をたのみ 堅忍の 決意をしぼり 詠まずには をれぬ衝動 吐きいだす 無念凝りたる フクシマの歌

A5判並製・40ページ
頒価:500円+税
送料:82円

コメント:

非公開コメント