FC2ブログ
11 | 2018/12 | 01
-
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

irinosha

Author:irinosha
下北沢にある詩歌・文芸出版社
いりの舎のブログへようこそ。
下北沢駅南口から徒歩3分ぐらいの場所にあります。
電話:03-6413-8426
FAX:03-6413-8526
ホームページ:http://irinosha.com/
E-mail:chumon☆irinosha.com
にて注文を受け付けております。
実際にメールを送る際には、☆を@に変更してお送りください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

渡邊季・第1歌集『疏水径(そすいみち)』が出来上がりました!

2014.06.26 16:19|刊行情報
あっという間に6月も過ぎていきますが、いかがお過ごしでしょうか。
このたび、渡邊季さんの第一歌集『疏水径』が出来上がりました!
美しい表紙の絵も渡邊季さんがお描きになったものです。

疏水径 渡邊季 (437x640)

平成7年に「好日」入社以来、あせらずたゆまず研鑽を重ね、
米寿を迎えた著者の第一歌集

好日叢書第272篇

渡邊さんは情愛のこまやかな方である。今生で長くも短くも関ったさまざまな人間、植物や小動物――それらは作者自身と同じように有限の命をもつもの――への情が篤いのが本歌集の一貫した大きな特徴である。
益永典子(「跋」より)


●歌集より5首
・建てこみて環境(めぐり)住み難くなりたれどこの家(や)に住まばや父建てくれき
・夢さめて一瞬わかたず母在りやなきやと 逝きて久しきものを
・季おくれ有楽椿(ゆうらくつばき)は咲き満ちて弱れるわれの肩に触れくる
・若葉うつす疏水の流れゆたけくてほとり歩めば湖(うみ)の香りす
・何ゆえに猫に生(あ)れしや人ならぬ猫の小さき足指かぞう

序歌・中野照子
跋・益永典子
表紙絵・渡邊 季
四六判上製カバー装・248ページ
定価:2500円+税
送料:164円

コメント:

非公開コメント