FC2ブログ
07 | 2020/08 | 09
-
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

irinosha

Author:irinosha
下北沢にある詩歌・文芸出版社
いりの舎のブログへようこそ。
下北沢駅南口から徒歩3分ぐらいの場所にあります。
電話:03-6413-8426
FAX:03-6413-8526
ホームページ:http://irinosha.com/
E-mail:chumon☆irinosha.com
にて注文を受け付けております。
実際にメールを送る際には、☆を@に変更してお送りください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

宮田和美・第1歌集『リュベロンのはなうた』が出来上がりました!

2014.12.23 18:40|刊行情報
みなさん、こんばんは。いかがお過ごしでしょうか。
今日は祝日ですが、新刊のご案内です。

高校教師で歌誌「日月」に所属する宮田和美さんの第一歌集
『リュベロンのはなうた』ができあがりました☆

リュベロンのはなうた (446x640)

高校教諭としての日々を送りつつ、日本のみならず海外の山々に登り、
その途次に一首、一首と歌を詠み続けてきた著者の第一歌集

日月叢書第53番

人の海われてあわだつ向かうから金のピアスの君がかけくる
シャイな山男が奏でる孤愁の旋律と平仮名文体への信頼。リュベロンの朝のカフェオレはあたたかかった。
――永田典子(「帯文」より)


●歌集より5首
・山靴をさげて渓流わたりゆく人里ちかき向かう岸へと
・屋根瓦すべりておつる春の雪に家居ひとつの塵もめざめつ
・焼き色をたしかめてまたうらがへすホットサンドの真昼のにほひ
・降る雪にフードかづけば静けさのふかくなりゆく大雪(だいせつ)の秋
・むなちまで韓国岳(からくにだけ)の雪にうもれ落ちゆく夕陽とどめかねつも

帯文・永田典子
四六判上製カバー・196頁
定価:1800円+税
送料:164円

コメント:

非公開コメント