FC2ブログ
07 | 2020/08 | 09
-
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

irinosha

Author:irinosha
下北沢にある詩歌・文芸出版社
いりの舎のブログへようこそ。
下北沢駅南口から徒歩3分ぐらいの場所にあります。
電話:03-6413-8426
FAX:03-6413-8526
ホームページ:http://irinosha.com/
E-mail:chumon☆irinosha.com
にて注文を受け付けております。
実際にメールを送る際には、☆を@に変更してお送りください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

月岡道晴・第1歌集『とりよろへ山河』が出来上がりました!

2015.07.22 16:28|刊行情報
引き続き、新刊情報です。
月岡道晴さんの第一歌集『とりよろへ山河』が出来上がりました!

とりよろへ山河 (434x640)

はじめ岡野弘彦に師事し、平成10年に歌誌「白鳥」に入会、成瀬有に師事。
そして「白鳥」解散後、新たな出発を期する待望の第一歌集。


これほど魂の漲る力強くも優婉なる調べを湛えた、格調高い処女歌集は稀有であろう。現世と常世を引き結ぶ月岡道晴の雄渾な三十一音は、彼方を目指す凛乎たる白鳥のごとく天を翔けて歓喜し、地を響もして慟哭する。――堀本裕樹(俳人)・「帯」より

●歌集より5首
・スカイツリーに挿されひらたく乾きたり東京といふ都市の標本
・この想い伝わりますか そらをゆく燕ふたつの軌跡重なる
・朱鷺のごとくあるいはにほんおほかみのごとくすめろきの血は滅びなむとす
・こころまで冷えて振り来る群しぐれ傘に受ければその粒かたし
・たもつ様たもつ様とぞ司会は呼ぶ有(いう)の役目を終へてしからだを

四六判並製カバー・220頁
帯文:堀本裕樹(俳人)
装幀:片岡忠彦
定価:1,852円+税
送料:164円

コメント:

非公開コメント