FC2ブログ
01 | 2020/02 | 03
-
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
プロフィール

irinosha

Author:irinosha
下北沢にある詩歌・文芸出版社
いりの舎のブログへようこそ。
下北沢駅南口から徒歩3分ぐらいの場所にあります。
電話:03-6413-8426
FAX:03-6413-8526
ホームページ:http://irinosha.com/
E-mail:chumon☆irinosha.com
にて注文を受け付けております。
実際にメールを送る際には、☆を@に変更してお送りください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

鈴木得能・第2歌集『直歳(しつさゐ)』が出来上がりました!

2015.08.06 17:20|刊行情報
今日も暑いですね。みなさまいかがお過ごしでしょうか。
いりの舎の新刊のご案内です。

響短歌会副編集長、埼玉県歌人会事務局長を兼任し、
青梅市大泉院の住職を勤める鈴木得能さんの
泰然たる第二歌集『直歳(しつすゐ)』が出来上がりました!


鈴木得能歌集 (444x640)

鈴木さんの作品は暖かい。禅寺の嫡子として厳しく育てられたものの、寺は次男に譲り、教職の道にすすみ、今は小さな山寺の住職を勤めていることもそうした背景にあるのだろう。微笑ましい作品も多いが、見るべきものはきちんと見ており、著者の人柄の滲み出ている一冊である。――綾部光芳・「帯」より

●歌集より5首
・手を繫ぐそんなことなどあつたかな六十過ぎたるわれら二人に
・直歳は伽藍修理や作務などを掌る役にて吾にふさはし
・ご祈禱の御陰で健やかになりたると礼を言はれて心安らぐ
・子の頃に祭り囃子を習ひしも祈禱太鼓は今も叩けず
・連日の介護に出に行く妻の背のいよよ小さくなるを見送る

四六判上製カバー・168頁
帯文:綾部光芳
定価:2,500円+税
送料:164円

コメント:

非公開コメント