10 | 2017/11 | 12
-
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

irinosha

Author:irinosha
下北沢にある詩歌・文芸出版社
いりの舎のブログへようこそ。
下北沢駅南口から徒歩3分ぐらいの場所にあります。
電話:03-6413-8426
FAX:03-6413-8526
ホームページ:http://irinosha.com/
E-mail:chumon☆irinosha.com
にて注文を受け付けております。
実際にメールを送る際には、☆を@に変更してお送りください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

稲葉登紀子第3歌集『白木蓮の庭』が出来上がりました!

2017.11.09 15:30|刊行情報
みなさん、こんにちは。今日は新刊のご案内です。

稲葉登紀子さんの第三歌集『白木蓮の庭』が出来上がりました!
「新アララギ」に所属し、平成15年から27年までの歌をまとめた
第三歌集
です。

稲葉登紀子歌集『白木蓮の庭』

著者は茨城県のお生まれで、カバーの絵には、ひたちなか海浜公園のネモフィラの丘が描かれています。

春の日を浴びてかがよふ白木蓮この花共に見る人あれな
有りの儘を計らうことなく、表現するアララギの写実の手法は、確実であり、詩情の豊かさは、読む者を魅了して止まない。――實藤恒子(「帯」より)

●歌集より5首
腰痛をこらへ立ち居する日々にして嘆きし母を今に理解す
画用紙に向へばこころ弾みゆく凡庸なる日々打ち払ふごと
享保よりおはせし祖々のかの仏壇何もかも海に流れ失せぬとは
蘭の本手にし培ひ花咲かせし永久に逢ふなき人よ恋ほしき
ざら紙の冊子ホトトギスに父の句の載りし幾たびか幼き記憶に

四六判上製カバー装・196頁
装画:著者
装幀:南 一夫
定価:2,500円+税
送料:164円

コメント:

非公開コメント