04 | 2018/05 | 06
-
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

irinosha

Author:irinosha
下北沢にある詩歌・文芸出版社
いりの舎のブログへようこそ。
下北沢駅南口から徒歩3分ぐらいの場所にあります。
電話:03-6413-8426
FAX:03-6413-8526
ホームページ:http://irinosha.com/
E-mail:chumon☆irinosha.com
にて注文を受け付けております。
実際にメールを送る際には、☆を@に変更してお送りください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

月刊「うた新聞」2018年5月号が出来上がりました!

2018.05.09 11:08|月刊「うた新聞」
みなさん、こんにちは。
今日の東京はとても寒いです。
みなさん、くれぐれもご自愛ください。

月刊「うた新聞」5月号が出来上がりました!
5月号の特集は
おさらい・近現代歌人の歌論と実作④
です。

巻頭作品
伊勢方信さん「散るを好まず」、佐波洋子さん「動く星」
巻頭評論は三浦 武さん「改訂版『松村英一全歌集』刊行に当って」

2面
一ノ関忠人さんによる連載!<短歌想望>生きた第二芸術論
藤島秀憲さんによる連載!<物語るうた>26「守るべきものがある」
<遠近画法>虫谷昭則さん「ふるさとを守る石見神楽(いわみかぐら)」
<友の歌>は小松久美江さん

3面
<今月のうたびと>竹内 亮さん「アンティークレース」
<ライムライト>大平千賀さん「橋」
<私の暮らすまち>城 俊行さん「いっぺんよってだぁこ」
<忘れないために>小俣はる江さん「「いじめ」の限界」
<作品時評>斉藤 梢さん「存在を詠む」

4面
大井 学さんによる連載!<さかなうたい>2「いまだ醬にならず?」
<玉城徹の歌>第5回 永田典子さん「復習『玉城徹全歌集』」
島田幸典さんによる連載!
<文語定型―むかし・いま>最終回「時間を摑む」

5面
皐月作品集
久泉迪雄さん「情景」、仲本将成さん「つれづれに詠む」
田中 妙さん「花の行方」、福岡 薫さん「蓮の花托」
水本 光さん「夢の歩幅」、結城 文さん「くろがねの花」
高貝次郎さん「十三回忌」、松田基宏さん「春を恋う」
監物昌美さん「新版の辞書」、久保田和子さん「寒夜の満月」
鮫島 満さん「春逝く」、佐藤孝子さん「白い苺」
千田節生さん「ひがんじやらく」、森 藍火さん「いづれの御代へ」
三本松幸紀さん「破れ傘」、難波一義さん「櫻(はな)とたんぽぽ」
魚住めぐむさん「春のただなか」、里見佳保さん「再会」
齋藤芳生さん「ひとひら」

6面・7面
<特集>おさらい・近現代歌人の歌論と実作④
加藤孝男さんによる金子薫園―叙景歌の歌人
恩田英明さんによる會津八一―骨身を削る思ひにて
木村雅子さんによる四賀光子―意志を詠む
佐佐木定綱さんによる木下利玄―その調べ
外塚 喬さんによる吉井 勇―多才を思うがままに
小林邦子さんによる半田良平―時事歌の存在価値を説く
水野昌雄さんによる矢代東村―近代短歌史の輝く星
小塩卓哉さんによる浅野梨郷―歌は呼吸する

8面
<書評>
利根川 発歌集『甃石(しきいし)の道』を読む
小笠原信之さんによる「解りやすい歌」
森 利恵子さんによる「大地に根を張る」
作品10首 利根川 発さん「梅の花の香」

山田富士郎歌集『商品とゆめ』花山多佳子さん
永井正子歌集『風の渚』古谷智子さん
時田則雄歌集『エゾノギシギシ』大辻隆弘さん
中埜由季子歌集『ユリカモメの来る町』藤永洋子さん

9面
<書評>
伊勢方信歌集『ピアフは歌ふ』林田恒浩さん
神谷佳子歌集『窓』間鍋三和子さん
結城 文歌集『富士見』高山邦男さん
千葉 聡著『短歌は最強アイテム』佐藤よしみさん
ほか歌集紹介、集会案内、企画展を掲載。

10面
ニュース欄
・没後十年「歌人・前登志夫の世界」
・第12回与謝野寛・晶子を偲ぶ会
・左岸の会
・「短歌」はどういう「詩」か
・遠藤たか子歌集『水際』を読む会
・板橋歌話会定例会
・日本歌人クラブ各賞
・現代歌人協会賞
・前川佐美雄賞・ながらみ書房出版賞
・小野市詩歌文学賞
ほか作品募集を掲載。

11面
・読者自選一首
・うたとの出会い73 井上槇子さん
・日本歌人クラブ『現代万葉集』×いりの舎コラボ企画 第2回

12面
・各地リポート
・読者の森
・集会案内
・訃報
・編集部より

定期購読は随時受け付けております。
どうぞよろしくお願いいたします。

コメント:

非公開コメント