FC2ブログ
11 | 2018/12 | 01
-
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

irinosha

Author:irinosha
下北沢にある詩歌・文芸出版社
いりの舎のブログへようこそ。
下北沢駅南口から徒歩3分ぐらいの場所にあります。
電話:03-6413-8426
FAX:03-6413-8526
ホームページ:http://irinosha.com/
E-mail:chumon☆irinosha.com
にて注文を受け付けております。
実際にメールを送る際には、☆を@に変更してお送りください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

十谷あとり第2歌集『風禽』が出来上がりました!

2018.07.26 12:32|刊行情報
あっという間に7月下旬になりましたが、いかがお過ごしでしょうか。
今日は新刊の紹介です。
十谷あとりさんの第二歌集『風禽』が出来上がりました!

十谷あとり歌集『風禽』

日月叢書第58番
歌誌「日月」所属で、第一歌集『ありふれた空』から15年の時を経た著者の第二歌集。

ことばの人、というのが、この作者にふさわしい。とはいえ、それは、いかにも軽く、信を置けなくなった、あのことばではない。短歌を書いたとき、そこに場所が生まれ、物が形となってあらわれる。実体としてのことばが、ここにある。(帯より)

●歌集より5首
なにもないところはすべて空である空のそこひを猫が横切る
かるがると押す猫車いづかたに運ばむとする冬のひかりを
黒板に書かれて長き<し>の文字のとりとめもなき伊勢物語
つくづくし春の夕べにおとろへて病みたる母の歩み遅しも
父の妻のふるさとを過ぐ秋雨の飛沫しろじろと散りゐる神戸

四六判並製カバー装・184頁
ことば:永田典子
カバー写真:榎 彰德
定価:2,000円+税
送料:164円

コメント:

非公開コメント