FC2ブログ
01 | 2019/02 | 03
-
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
プロフィール

irinosha

Author:irinosha
下北沢にある詩歌・文芸出版社
いりの舎のブログへようこそ。
下北沢駅南口から徒歩3分ぐらいの場所にあります。
電話:03-6413-8426
FAX:03-6413-8526
ホームページ:http://irinosha.com/
E-mail:chumon☆irinosha.com
にて注文を受け付けております。
実際にメールを送る際には、☆を@に変更してお送りください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

利根川 発・第18歌集『冬の蒼穹』が出来上がりました!

2019.01.22 18:38|刊行情報
みなさん、こんばんは。
大寒に突入しておりますが、いかがお過ごしでしょうか。
今日は新刊のお知らせです。

歌誌「花實」発行人の利根川発さんの
平成26年9月から平成28年12月までの作品485首を収録した
第十八歌集『冬の蒼穹』
が出来上がりました!

花實叢書163篇・花實創刊80周年記念出版2篇

利根川発歌集『冬の蒼穹』

鋸屑(のこくづ)をあびつつ梅の高枝剪り眼(まなこ)あくるに冬の蒼穹

から集名を付けました。少し歯の浮くような集名かもしれませんが、田舎の冬空の深く澄んだ蒼は、特に冬がすばらしい。雲一つない、どこまでも吸い付けられるような蒼穹は私だけのものです。(あとがきより)

●歌集より5首
蔕の刺指にさやりてまた痛し紫紺の茄子を摘む朝の畑
里芋の葉は枯れ初めて水を欲る夕べの風に葉を振りながら
瞳孔を開く薬にぼやけたる視界に書けり歌の数首を
細く長き蠟燭の灯を吹き消せり八十路祝がるる我の生日
ミニトマトの茂りの影に暑を避けて赤きを二つ三つ頬張る

四六判上製カバー装・192頁
装幀:君嶋真理子
定価:2,500円+税
送料:164円

コメント:

非公開コメント