FC2ブログ
10 | 2019/11 | 12
-
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

irinosha

Author:irinosha
下北沢にある詩歌・文芸出版社
いりの舎のブログへようこそ。
下北沢駅南口から徒歩3分ぐらいの場所にあります。
電話:03-6413-8426
FAX:03-6413-8526
ホームページ:http://irinosha.com/
E-mail:chumon☆irinosha.com
にて注文を受け付けております。
実際にメールを送る際には、☆を@に変更してお送りください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

山口怜子・第一歌集『冬牡丹』が出来上がりました!

2019.10.15 12:16|刊行情報
このたびの台風19号でお亡くなりになられた方々のご冥福をお祈りするとともに、
被害に遭われた皆様に心よりお見舞い申し上げます。

今日は新刊のお知らせです。
山口怜子さんの第一歌集『冬牡丹』が出来上がりました!

山口怜子歌集『冬牡丹』

2004年に花實新人賞を受賞した著者の
平成10年から30年までの作品600首をまとめた第一歌集。

花實叢書第165篇
一冊の集を読んでこれ程まで人物像のはっきり浮かんでくる集に出逢ったことがない。歌は風格と品格を備え、趣深い。折目正しい生活の一端が歌に托されていた。(利根川 発「跋」より)

●歌集より5首
想ひ出を作りやらんと重ねゆく旅の寂しも夫病みしより
健やかに老いし三人(みたり)の姉たちと巡る牡丹苑冬陽あまねし
秋の陽の窓に明るき部屋に聴く茶会の席の松風の音
あららぎの垣に沿ひつつ下りゆく家並みの間(あひ)に湖(うみ)の光れる
かくれん坊に走り廻りし故郷の城の石垣地震(なゐ)に崩さる

四六判上製カバー装・240頁
跋:利根川 発
装幀:君嶋真理子
定価:2,500円+税
送料:200円

コメント:

非公開コメント