FC2ブログ
06 | 2020/07 | 08
-
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

irinosha

Author:irinosha
下北沢にある詩歌・文芸出版社
いりの舎のブログへようこそ。
下北沢駅南口から徒歩3分ぐらいの場所にあります。
電話:03-6413-8426
FAX:03-6413-8526
ホームページ:http://irinosha.com/
E-mail:chumon☆irinosha.com
にて注文を受け付けております。
実際にメールを送る際には、☆を@に変更してお送りください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

本多俊子第一歌集『からから揺れき』が出来上がりました!

2020.02.11 20:29|刊行情報
みなさん、こんばんは。
あっという間に2月も中旬ですね。
そんななか、新刊のお知らせです。

2018年に花實新人賞を受賞した本多俊子さんの2009年から10年間に発表した作品より520首を収めた第一歌集『からから揺れき』が出来上がりました!

本多俊子歌集『からから揺れき』

花實叢書第168篇
花實創刊80周年記念出版7篇

決して難解な言葉はない。えらぶった詠み方もしない。表現力が備わっている。読んでいて本多短歌の清澄な世界に引き込まれてしまう。(利根川 発「跋」より)

●歌集より5首
一合の米研ぎてある炊飯器そのままにして母は逝きたり
夫と娘と足伸ばしあひ語りあふ踊り子号のボックス席に
ガイド指す砂漠の彼方の蜃気楼バスの窓辺にひた顔を寄す
教へ子と再会の日を赤丸に大きく印せり壁の暦に
春の庭めぐりて朝の風はつか編笠百合の揺らぎやはらに

四六判上製カバー装・232頁
跋:利根川 発
歌碑に寄せて:齋藤 研
装幀:君嶋真理子
装画:本多文樹
定価:2,500円+税
送料:200円

コメント:

非公開コメント