FC2ブログ
03 | 2021/04 | 05
-
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

irinosha

Author:irinosha
下北沢にある詩歌・文芸出版社
いりの舎のブログへようこそ。
下北沢駅南西口から徒歩3分ぐらいの場所にあります。
電話:03-6413-8426
FAX:03-6413-8526
ホームページ:http://irinosha.com/
E-mail:chumon☆irinosha.com
にて注文を受け付けております。
実際にメールを送る際には、☆を@に変更してお送りください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

本木 巧・第三歌集『夕べの部屋』が出来上がりました!

2020.12.27 16:43|刊行情報
みなさん、こんばんは。
日曜日ではありますが、年末は仕事納めまでノンストップで駆け抜けます。

そんな中、
「長風」選者・編集委員を務める本木巧さんの2008年から2015年までの作品
551首を収載した第三歌集、『夕べの部屋』
が出来上がりました!
長風叢書第302篇

本木巧歌集『夕べの部屋』

五十代半ばから六十で退職してから数年までの作品となる。この間、東日本大震災があり、生まれ故郷の釜石も被災した。その翌年、長年勤務した大学を退職した。それと前後して、高齢の父が倒れ、老人ホームで天寿を全うした時期にもあたる。(「あとがき」より)

●歌集より5首
葉の繁る小暗き道を透りぬけ息をつきたり草はらまばゆき
たっぷりと暮れたる夜をゆるやかに通勤電車のひと乗せてくる
冬の日に空かぎりなく澄み徹り溶け残りたる雪くれあはれ
また来ると告ぐればひとつ頷きてあとは音せぬ夕べの部屋に
残雪の北神山系ちかづきぬ父の葬りに春近き日を

四六判上製カバー装・234頁
定価:2,500円+税
送料:200円

コメント:

非公開コメント