FC2ブログ
02 | 2021/03 | 04
-
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

irinosha

Author:irinosha
下北沢にある詩歌・文芸出版社
いりの舎のブログへようこそ。
下北沢駅南西口から徒歩3分ぐらいの場所にあります。
電話:03-6413-8426
FAX:03-6413-8526
ホームページ:http://irinosha.com/
E-mail:chumon☆irinosha.com
にて注文を受け付けております。
実際にメールを送る際には、☆を@に変更してお送りください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

河合真佐子・第3歌集『光を掬う』が出来上がりました!

2021.01.22 12:16|刊行情報
みなさんこんにちは。
今日は新刊のお知らせです。

「歌と観照」の編集委員と選者を務める
河合真佐子さんの第三歌集『光を掬う』

が出来上がりました!

河合真佐子歌集『光を掬う』

歌と観照叢書第297篇

洞窟のすきまをぬいて降りて来る光のすじを双手に掬う
若くして亡くなった父の回想、愛する母や伴侶との死別など、さまざまな陰翳に満ちた人生の暮れつ方、作者は丹念に「光」を掬おうとする。光の連なりは歌であり、高みを目指す海鳥のような心である。滋味あふれる第三歌集。(松村由利子「帯」より)

●歌集より5首
水平線を目指し疾駆する遊覧船にのりてわたしの心は海鳥
あげひばりホバリングして縄張りを主張しており空の青さに
従軍わずか六か月武勲などはありはせぬと父と思えば心安らぐ
太陽も欠けることある ささやかな昨日のしくじり忘れてしまおう
秩父路はみほとけの路たづ子師と札所たずねて歩みたる路

四六判上製カバー装・200頁
帯文:松村由利子
装幀:南 一夫
定価:2,500円+税
送料:200円

コメント:

非公開コメント