FC2ブログ
03 | 2021/04 | 05
-
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

irinosha

Author:irinosha
下北沢にある詩歌・文芸出版社
いりの舎のブログへようこそ。
下北沢駅南西口から徒歩3分ぐらいの場所にあります。
電話:03-6413-8426
FAX:03-6413-8526
ホームページ:http://irinosha.com/
E-mail:chumon☆irinosha.com
にて注文を受け付けております。
実際にメールを送る際には、☆を@に変更してお送りください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

伊藤六花・第一歌集『月を抱く』が出来上がりました!

2021.03.01 15:42|刊行情報
みなさん、こんにちは。
三月朔日。今日は二冊の新刊をお知らせします。
まずは一冊目。

「潮音」に所属し、2011年夏頃から2017年秋頃までの438首を収めた
伊藤六花さんの第一歌集『月を抱く』

が出来上がりました!

伊藤六花歌集『月を抱く』

第一章「ひび割れた壺」では、彼女の内にある葛藤、内省等が知性豊かに詠われている。第二章「おいま」では一転して、子どもを授かった喜び、愛娘の成長の過程と、それを見守る母親の気持ちが克明に描かれている。(秋山扶佐子「解説」より)

●歌集より5首
尾びれなら隠しておくわ いつの日か海へと還るその時までは
あなたから巣立った言葉はふうわりとわたしに降り立ち根付いています
まんまるに膨らむお腹「君は月を抱いているね」と夫が笑う
平面の世界が今日から立体に変わりましたね お座りできたね
「おいまだ」と娘が指した指の先 ほのかに白い半月がいた

四六判上製カバー装・208頁
解説:秋山扶佐子
装幀:南 一夫
定価:2,500円+税
送料:200円

コメント:

非公開コメント