fc2ブログ
09 | 2023/10 | 11
-
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

irinosha

Author:irinosha
下北沢にある詩歌・文芸出版社
いりの舎のブログへようこそ。
下北沢駅南西口から徒歩3分ぐらいの場所にあります。
電話:03-6413-8426
FAX:03-6413-8526
ホームページ:http://irinosha.com/
E-mail:chumon☆irinosha.com
にて注文を受け付けております。
実際にメールを送る際には、☆を@に変更してお送りください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

池田玲第1歌集『水色の傘は買はない』が出来上がりました!

2022.10.11 16:06|刊行情報
みなさん、こんにちは。
今日は新刊のお知らせです。
随時ご紹介していきますので、よろしくお願いいたします。

「槻の木」解散後、現在「かりん」に所属している
池田玲さんの第一歌集『水色の傘は買はない』

ができあがりました!

池田玲『水色の傘は買はない』

かりん叢書篇396篇

いのちについて、家族について、池田玲さんが困難な現実を抱えて問いつづけてきたことの嵩はどれほどだろう。それでも池田さんは一人の人と出会い、短歌に出会って、愛とユーモアを手放さなかった。その尊さを強さと言ってしまったら少し違うと思いながら、何度も嚙みしめる。(米川千嘉子「帯文」より)

歌集より5首
網棚に忘れられしか手提げかばん九条バッジが光を帯びる
静寂(しじま)なる夜などは無しむささびの爪痕残るぶなの樹を見よ
からからと車道を転がる紙コップかたち残れるもののみの音
街路樹の根元に生(あ)れたる一輪のその名は知らず「はな」とだけ呼ぶ
今われはマナを降らせし神となるクッキーのくづに蟻の群がり

四六判並製カバー装192頁
帯文:米川千嘉子
解説:畑 彩子
写真:赤松 桂
装幀:君嶋真理子
定価:2,200円(本体2,000円+税10%)

テーマ:短歌
ジャンル:小説・文学

tag:短歌歌集

コメント:

非公開コメント