FC2ブログ
01 | 2020/02 | 03
-
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
プロフィール

irinosha

Author:irinosha
下北沢にある詩歌・文芸出版社
いりの舎のブログへようこそ。
下北沢駅南口から徒歩3分ぐらいの場所にあります。
電話:03-6413-8426
FAX:03-6413-8526
ホームページ:http://irinosha.com/
E-mail:chumon☆irinosha.com
にて注文を受け付けております。
実際にメールを送る際には、☆を@に変更してお送りください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

月刊「うた新聞」5月号ができました!

2012.05.03 18:23|月刊「うた新聞」
GWまっただ中ですが、いかがお過ごしでしょうか。
月刊「うた新聞」5月号が出来上がりました☆
本日発送をしましたので、到着まで少々お待ちください。

DSC_1662.jpg

今月の巻頭作家作品15首は、草柳繁一さん「老残譜」、雨宮雅子さん「遠景」、
巻頭評論は、秋葉四郎さん「太平洋戦時下の歌-斎藤茂吉生誕130年」です。
今月も1ページ目から読みごたえがあります☆

つづいて、2面は、永井正子さんによる添削授業「焦点を捉え単純化を」、
本田一弘さんによる歌壇時評「蝶と鳥」、
大辻隆弘さんによる連載「続『自生地』を読む2-樋口賢治「暖雪」①」

3面は、<今月のうたびと>梶原さい子さん「一劃」、
<ライムライト>は工藤貴響さん「葛藤とともに」、
水島晴子さんによる作品時評「こころの景色」、
<私の暮らすまち>すずきいさむさん「住みよいじゃんご(田舎)」、
<うたとの出会い>安藤直彦さんです。

4面は、佐藤通雅さんによる連載「オンナの歌・その周辺 ② 3つの難問」、
<在郷歌人の肖像>は伊勢方信さんによる「淺利良道-孤高清適な歌人」、
<忘れないために>は片岡明さんによる「忘れられないJCO事故」

5面の皐月作品集は、
塩井三作さん「北国の春」、久保田フミエさん「春のさへづり」、辻下淑子さん「水を満たして」、
山名康郎さん「アイヌの乱」、中野照子さん「みかえりの桐」、松岡裕子さん「三月の雨」、
遠役らく子さん「祝島」、堀江厚一さん「鳥と人と」、鎌田弘子さん「檜扇と射干(しゃが)」、
筒井早苗さん「憧憬」、金子正男さん「寄居鉢形城址」、綾部光芳さん「花海棠」、
狩集日出男さん「わが残生」、松崎泰樹さん「茂吉の胸像」、外塚喬さん「光はながれ」、
林田恒浩さん「ぐいと呑みこむ」、押切寛子さん「鞍を置く」、長澤ちづさん「達磨の魔除け」、
松本東亜さん「卯月数日」、風早康惠さん「前線」、東直子さん「この春の素性」、
小林幹也さん「節電の冬」、齋藤芳生さん「天人唐草」
の23作品。

6面は書評、松村正直さんによる石田比呂志著『閑人囈悟』、
上田明さんによる吉岡生夫著『ゆたかに生きる 現代語短歌ガイダンス』、
小高賢さんによる小塩卓哉著『名歌のメカニズム』、
嵯峨直樹さんによる吉野裕之歌集『Yの森』、
中川佐和子さんによる寺島博子歌集『王のテラス』、
原田禹雄さんによる『西村美佐子歌集』です。

7面は歌壇のニュース、「震災詠を考える~被災地からの発信」、「平成24年度・修忌」、
「左岸の会 第3回開催」、「今井恵子歌集『やわらかに曇る冬の日』批評会」、
「吾木香忌」、「日豪短歌朗読会」、「『本郷短歌』創刊、
石黒清介氏、中地俊夫氏、染野太朗氏、渡英子氏の日本歌人クラブ各賞、
渡辺松男氏の迢空賞、田中拓也氏の寺山修二短歌賞、梅内美華子氏の葛原妙子賞、
馬場あき子氏の前川佐美雄賞、花山多佳子氏の小野市詩歌文学賞の受賞記事、
集会案内などのほか、いりの舎短歌ワークショップのお知らせを掲載。

8面は、各地リポート、小歌会<青森県黒石市・運河黒石クラブ>、
読者自選一首、編集部からのほか、「うた新聞」読者短歌作品&評論募集のお知らせを掲載しております。

月刊「うた新聞」5月号にご執筆、ご協力くださったみなさま、読者のみなさま、
本当にありがとうございます。
今月も心を込めて新聞を作りました。

今後ともよろしくお願い申し上げます。

いりのくんチューリップ

さて、5月号には何人の「いりのくん」が登場しているでしょうか!?

コメント:

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ありがとうございます。

東川さま。
> いりの舎・玉城入野と申します。
> 「うた新聞」ご購読の件で、お問い合せいただき、
> 誠にありがとうございます。
> 「うた新聞」はどなたでもご購読いただけますので、
> ご住所をお知らせいただければ、振替用紙を同封の上、
> お送りいたします。購読費は到着後に郵便局にてお支払いください。
> なお、現在5月号(第2号)ができあがっておりますので、
> 4月号(創刊号)からか5月号からか、合わせてお知らせください。
> 何卒よろしくお願い申し上げます。
非公開コメント

トラックバック:


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【月刊「うた新聞」5月号ができました!】

GWまっただ中ですが、いかがお過ごしでしょうか。月刊「うた新聞」5月号が出来上がりました☆本日発送をしましたので、到着まで少々お待ちください。今月の巻頭作家作品15首は、草柳