FC2ブログ
07 | 2020/08 | 09
-
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

irinosha

Author:irinosha
下北沢にある詩歌・文芸出版社
いりの舎のブログへようこそ。
下北沢駅南口から徒歩3分ぐらいの場所にあります。
電話:03-6413-8426
FAX:03-6413-8526
ホームページ:http://irinosha.com/
E-mail:chumon☆irinosha.com
にて注文を受け付けております。
実際にメールを送る際には、☆を@に変更してお送りください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

波汐國芳・第十二歌集『姥貝の歌』刊行しました!

2012.09.27 15:06|刊行情報
福島市在住の歌人、波汐國芳さんの第12歌集『姥貝の歌』が出来上がりました!

姥貝の歌 (466x640)


永年、福島で原発をテーマに作歌してきた著者にとって、
大津波と原発事故は詩的現実そのものだった―――。

幼い頃から親しんできた<姥貝>の口を借りて、3.11以後の生をうたい、
古里の海を呼び戻したいと念願する、迫真の第12歌集。

『姥貝の歌』五首
・プルサーマル阻止の集いに遠尾根の溶岩流をみちびきゆくも
・姥貝の口をひらいて海に問え白亜紀ざぶりと戻って来るか
・原発に追われ追われてゆく牛のふと振り向きしその目忘れず
・放射能を好む菜ありてこの村に菜のはなの笑みだけが残った
・原発の廃炉を覆う石棺の闇しんしんと醒めゆくわれか

A5判・上製カバー装・184ページ
定価:2,500円(税込)
送料:160円

コメント:

非公開コメント