FC2ブログ
06 | 2020/07 | 08
-
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

irinosha

Author:irinosha
下北沢にある詩歌・文芸出版社
いりの舎のブログへようこそ。
下北沢駅南口から徒歩3分ぐらいの場所にあります。
電話:03-6413-8426
FAX:03-6413-8526
ホームページ:http://irinosha.com/
E-mail:chumon☆irinosha.com
にて注文を受け付けております。
実際にメールを送る際には、☆を@に変更してお送りください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

玉城徹歌集『左岸だより』が出来上がりました!

2020.07.09 20:46|刊行情報
みなさん、こんばんは。
7月13日の玉城徹の命日を前に、
玉城徹歌集『左岸だより』

が出来上がりました!

文庫版歌集『左岸だより』


玉城徹没後10年企画出版。
実践と評論をもって現代短歌の高峰に達した歌人・玉城徹。
その最晩年に到り得た静謐な<うた>の世界。


『玉城徹全歌集』収録の未刊歌集『左岸だより』に、
エッセイ「わたしの短歌―戦後の第一ページ」「『馬の首』時代スケッチ」
「『樛木』の歌その一」「『樛木』の歌その二」の四編を収録。
最晩年の短歌作品と歌人としての出発を一冊におさめる。

文庫版
188ページ
定価:1,000円+税
送料:サービス

こちらのサイトからもお買い求めいただけます。

月刊「うた新聞」2020年7月号(100号)が出来上がりました!

2020.07.07 18:13|月刊「うた新聞」
みなさん、こんばんは。
このたびの大雨で被災されている地域の皆様に心よりお見舞いを申し上げます。

月刊「うた新聞」はおかげさまで100号を迎えることができました。
ご愛読いただき、誠にありがとうございます。
月刊「うた新聞」(100号)の特集は
創刊100号記念特集・ミニ歌壇時評
です。
20名の歌人の皆様にご執筆いただきました。

巻頭作品は
馬場あき子さん「青い短パン」、篠 弘さん「春のかげろふ」
巻頭評論は山田富士郎さん「ポスト・トゥルースの時代に―情報から人間へ」

2面
川本千栄さんによる<短歌想望>近代文語の賞味期限④
大辻隆弘さんによる連載!<≪てにをは≫を読む>第4回いつまでを友だったのか
<遠近画法>流山児 祥さん「半世紀ぶりに親戚に再会した」
<友の歌>岡本瑤子さん

3面
<今月のうたびと>佐佐木頼綱さん「二〇二〇年」
<ライムライト>藪内眞由美さん「夢」
<私の暮らすまち>青木陽子さん「名古屋へいりゃあせ」
<忘れないために>大津留 直さん「意思疎通」
<作品時評>小林さやかさん「意思と宇宙」

4面
秋葉四郎さんによる連載!<渉猟 茂吉の歌>第16回「茂吉肉筆のある歌」
<野ボール応援歌>第4回伊勢方信さん「福岡ソフトバンクホークス」
玉城徹の歌・第29回 恩田英明さん「女童の歌」

5面
文月作品集
永田典子さん「花」、温井松代さん「絵空事」
綾部光芳さん「苦瓜」、實藤恒子さん「貯蔵地」
島崎榮一さん「乱」、利根川 発さん「間欠性跛行」
宮原 勉さん「われの一〇〇にち」、青木瑞枝さん「山帰来」
前川佐重郎さん「風の音」、御供平佶さん「飛翔」
林田恒浩さん「夕陽をともに」、光本恵子さん「黄色の帽子」
大山敏夫さん「夕虹」、五十嵐順子さん「虫」
平山公一さん「自粛が変へる」、前川登代子さん「陽炎」
竹内敬子さん「夏至の日」、大松達知さん「鳴らない方」

6面・7面
<特集>創刊100号記念特集・ミニ歌壇時評
佐野督郎さん「『路上』にて」、伝田幸子さん「批評精神」
玉城洋子さん「詠む・書くを心の寄り処として」、小黒世茂さん「世界をどう変えたか」
今野英山さん「風景が変わる」、春日いづみさん「井戸を掘りつつ」
田宮朋子さん「時代の行方」、今井恵子さん「脱評価読み」
倉益 敬さん「十年先の未来」、桜井京子さん「伴走者とともに」
久我田鶴子さん「女性たちよ!」、小塩卓哉さん「ペーパーレス化の中で」
なみの亜子さん「生彩のゆくえ」、大井 学さん「新しき歌人論に向けて」
服部 崇さん「短歌の翻訳について」、飯島章友さん「歌の発端」
月岡道晴さん「現代を突き刺すプロレタリア短歌」、黒瀬珂瀾さん「エモい、とは」
小田鮎子さん「現象の核心に迫る」、越田勇俊さん「時評を通してみえたこと」

8面
安藤春美歌集『浅き春の日』を読む
後藤すみ子さんによる「目を逸らさない」
桑田靖之さんによる「柔らかい諦念」
作品10首 安藤春美さん「新たなる意味」

<書評>
佐佐木幸綱歌集『テオが来た日』岩内敏行さん
髙橋みずほ歌集『ひとふりの尾に立てる』内藤 明さん
横山岩男著『作歌初心』寺島博子さん
ほか歌集紹介を掲載。

9面
舩﨑文子歌集『秋海棠』を読む
新井悦子さんによる「日常の歌」
荻本清子さんによる「歌いつづる日々」
歌集より作品10首

<書評>
島崎榮一歌集『小雅』井辻朱美さん
室井忠雄歌集『起き上がり小法師』長澤ちづさん
小谷博泰歌集『河口域の精霊たち』河田育子さん
小田鮎子歌集『海、または迷路』桜川冴子さん
ほか歌誌特集号を掲載。

10面
<特別エッセイ>
田村 元さん「これからの<歌人の行きつけ>」
藤川弘子さん「目も当てられん―染色について」
<ニュース>
現代歌人協会―新理事長に栗木京子氏
現代歌人協会賞
短歌研究賞―島田修三氏に決定
島木赤彦文学賞

11面
<うたとの出会い>99 永守恭子さん
読者自選一首
新しい本(5~6月)
ほか歌誌特集号を掲載。

12面
各地リポート
作品募集
編集部より

読者の皆様に心より御礼を申し上げます。
これからもご愛読のほど、どうぞよろしくお願いいたします。

月刊「うた新聞」2020年6月号が出来上がりました!

2020.06.11 18:41|月刊「うた新聞」
月刊「うた新聞」2020年6月号(99号)が出来上がりました!

特集は
①水無月にうたう~作品7首+エッセイ~
②私の大好きな一冊

の二本立てです。

巻頭作品は
香川哲三さん「ダブルバインド」、米川千嘉子さん「レモンの木」
巻頭評論は三井 修さん「帰るなき能登―岡部文夫・没後三十年」

2面
川本千栄さんによる<短歌想望>近代文語の賞味期限③
大辻隆弘さんによる連載!<≪てにをは≫を読む>第3回限定と浮遊の「は」
<遠近画法>福間健二さん「大いなる不満」
<友の歌>中山洋子さん

3面
<今月のうたびと>山下 翔さん「うたが巧い」
<ライムライト>鍋島恵子さん「ふたつの歌」
<私の暮らすまち>中野昭子さん「なんで」
<忘れないために>玉城寛子さん「石ころや土塊にも」
<作品時評>小林さやかさん「刹那を生きる」

4面
秋葉四郎さんによる連載!<渉猟 茂吉の歌>第15回「茂吉肉筆のある歌」
<野ボール応援歌>第3回桑原正紀さん「広島東洋カープ」
玉城徹の歌・第28回 阿木津 英さん「五月」

5面
水無月作品集
石幡せつ子さん「廃園の薔薇」、古屋 清さん「ぶだう畑の五月」
野村二郎さんさん「モモ配る」、石井照子さん「今日も手をふる」
大橋栄一さん「混濁の目覚め」、大塚洋子さん「雨上がり」
江藤九州男さん「自粛ムード」、今西節子さん「二輪草」
中埜由季子さん「斎王桜」、長谷川 肇さん「手作り雛人形」
本阿弥秀雄さん「はるじをん」、柴田文子さん「樟さやぐ」
横山季由さん「コロナ禍」、丸山三枝子さん「自動販売機」
前川斎子さん「春の食卓」、関谷啓子さん「チャイム」
喜多弘樹さん「三輪清浄」、山田未来穂さん「宇宙船」
吉田隼人さん「勝ち逃げの自殺」

6面
<特集>①水無月にうたう~作品7首+エッセイ~
玉井清弘さん「訶梨勒」、秋山佐和子さん「ディスタンス」
本木 巧さん「人も通らぬ」、西村美佐子さん「八階にて」

7面
<特集>②私の大好きな一冊
小西久二郎さん、梓 志乃さん、砂田暁子さん、丹波真人さん、間瀬 敬さん
笹谷潤子さん、森本 平さん、齋藤芳生さん、辻井竜一さん、石川美南さん

8面
本多俊子歌集『からから揺れき』を読む
平林静代さんによる「小さな具体を大切に」
本田一弘さんによる「秩父と家族への愛」
作品10首 本多俊子さん「言霊」

<書評>
山村泰彦歌集『三余荘の歌』村岡嘉子さん
藤岡武雄著『近代短歌を探る』沢口芙美さん
雁部貞夫自選歌集『わがヒマラヤ』青戸紫枝さん
ほか歌集紹介を掲載。

9面
<書評>
十鳥敏夫歌集『晨光』中西洋子さん
佐藤千代子歌集『あれから』小黒世茂さん
齋藤芳生歌集『花の渦』富田睦子さん
佐佐木定綱歌集『月を食う』時田則雄さん
ほか歌集紹介を掲載。

10面
<特別エッセイ>
麻生由美さん「小径の記憶」
鮫島 満さん「養狐場のうた」
ほか歌誌特集号を掲載。

11面
―追悼・大塚布見子さん―
「たゆまぬ意志のひと」久々湊盈子さん
<うたとの出会い>98 渋谷みづほさん
・読者自選一首
ほか結社賞を掲載。

12面
<ニュース>日本歌人クラブ新会長に藤原龍一郎氏
・各地リポート
・作品募集
・編集部より

定期購読はこちらからお申込み・お支払いいただけます。
まもなく月刊「うた新聞」は100号を迎えます。
創刊から購読してくださっている皆様に、心より御礼を申し上げます。
まだ購読されていない方はこの機会にぜひ、年間定期購読をよろしくお願いいたします。

中道和子・第一歌集『庭樹樹のこゑ』が出来上がりました!

2020.06.11 17:54|刊行情報
みなさん、こんばんは。
今日から東京は梅雨入りだそうです。

そんな中、今日は新刊のお知らせです。
平成15年に「花實」に入会し、平成31年までの作品591首を収めた
中道和子さんの第一歌集『庭樹樹のこゑ』
が出来上がりました!

中道和子歌集『庭樹樹のこゑ』

花實叢書第172篇
花實創刊80年記念出版11篇


一首一首丁寧に淡々と詠んでいて、なぜか人を引き付けてやまない。大きな盛り上がりやストーリーがある訳ではない。「人生山あり谷あり」という。「谷」の部分はあえて詠まない。「山」の部分を詠んで愚痴を言わないのが特徴で、学ぶべきと思った。長年培われてきた短歌修練の賜物である。(利根川 発「跋」より)

●歌集より5首
池の辺は釣りをする人描(ゑが)く人われも並びて睡蓮を描く
郭公の鳴く度夫はわれを呼ぶ住む環境の倖せ言ひて
「充分に生きたよ」としも言ひ続け父は逝きたり母待つ黄泉へ
両岸を映す水照りの柳川を棹さす小舟に身をまかせゆく
溶岩のあはひ押し分け生ふる草小花咲かせて風に揺れゐる

A5判上製カバー装・240頁
跋:利根川 発
装幀:君嶋真理子
定価:2,500円+税
送料:200円

福田セン・第一歌集『窓辺の席に』が出来上がりました!

2020.06.05 18:55|刊行情報
本日2冊目の新刊の紹介です。

「上福岡短歌会」を経て2002年に「花實」に入会、
2008年に花實新人賞を受賞した
福田センさんの第一歌集『窓辺の席に』
が出来上がりました!

福田セン歌集『窓辺に席に』

花實叢書第170篇
語彙が現代語・古語を含めて実に豊かである。同じ言葉でも雅語をより好まれるようである。短歌表現は言葉の斡旋と思うのだが、福田さん独特の言語感覚を持っていられる。(利根川 発「跋」より)

●歌集より5首
おごそかに咲ける深紅の冬さうび朝の光の冴え冴え及ぶ
呼ぶ夫と見しのち一人幾度も出でては仰ぐしちせきの月
勤めより帰り来たりし子と作る夜のテラスに雪兎など
病む姉に短き手紙書く夕べ窓に虫の音途切れてはまた
鹿(しし)おどしの音澄み通る詩仙堂さざん花白く庭にも咲ける

A5判上製カバー装・240頁
題字:福田亜紀
装幀:君嶋真理子
定価:2,500円+税
送料:200円